消える職業なくなる仕事?スポーツカメラマンの仕事の年収・やりがい・本音

お金を稼ぐ方法ネット>>お金の悲喜>>消える職業なくなる仕事?スポーツカメラマンの仕事の年収・やりがい・本音

消える職業なくなる仕事?スポーツカメラマンの仕事の年収・やりがい・本音

sportcameraman

消える職業なくなる仕事?スポーツカメラマン 仕事の年収・月収

スポーツカメラマンの収入は所属している会社や働き方によって大きく変わってきます。会社に所属している場合は、その会社の規定通りの給与が月収として支払われ、福利厚生も安定しています。大きな出版社になれば、その分収入も上がっていくのも同じです。月収だと平均は45万円前後、年収では650万円と言われています。
また多くのスポーツカメラマンが、新人の頃にはアシスタントとして他の実力のあるスポーツカメラマンのアシスタントとして働くことになりますが、その場合の平均的な月収は10万円~15万円と言われています。

スポンサードリンク

スポーツカメラマン 消える職業?消えない職業?

近年、スポーツカメラマンという職の需要が減ってきている傾向があります。スポーツカメラマンはスポーツのシーンを撮影することが専門ですが、主催団体が撮影を制限するようになってきています。理由は、主催団体がオフィシャルカメラマンを準備し、そのオフィシャルカメラマンが撮影したものをマスコミに使わせる…という方向にシフトしているためです。
そのため、現在ではスポーツカメラマンの仕事は一部の業者によって寡占されている状態となっており、マスコミ側も自前でスポーツカメラマンを準備することが少なくなっています。また、売り込もうにも撮影許可が降りず、撮影すらさせてもらえないのが現実のようです。
スポーツイベントが無くなるという事態はそうそうないので、スポーツカメラマンという職業は消えない職業に入るとはいえます。ただし非常に競争率の激しい、厳しい職業になるであろうことは予想できます。今後、フリーランスの立場としてのスポーツカメラマンは、消える職業という部類に入っていくのかもしれません。

消える職業なくなる仕事?スポーツカメラマン 将来性・安定性

『消える職業・消えない職業』でもお伝えしたとおり、現在スポーツカメラマンにとって苦しい状況となっています。そのため、将来性という観点から行くと厳しいといえます。実際に自身の仕事に将来性を感じることが出来ず、スポーツカメラマンから、他の媒体を専門とするカメラマンに転身する方も少なくないとのことです。
安定性でいえば、会社に雇用されているスポーツカメラマンであれば安定しているといえます。なんといっても待遇は他の社員と同じなのですから、会社が倒産しない限りは毎月キチンと給与が支払われ、福利厚生もあります。
フリーで働くスポーツカメラマンの場合は、今後さらに安定性という観点からも難しくなってくるでしょう。フリーのカメラマンにとっては、将来性もあまり感じられず安定性も乏しい、かなり厳しい現状が続くようです

消える職業なくなる仕事?スポーツカメラマン 仕事のやりがい・本音

スポーツカメラマンというのは、スポーツ中の選手や迫力のあるプレイを写真に収めるのが仕事です。スポーツというものは動きの激しいものですので、シャッターチャンスの一瞬を捉え、素晴らしい写真を取るためには大変な技術を要します。そうして撮影した写真がたくさんの人々を感動させ、『素晴らしい』という評価を受けた時、スポーツカメラマンとしての大きなやりがいを感じるでしょう。
また時として、その写真が被写体の選手本人の目に触れ、その選手本人から直接お礼を言われることもあるようです。そんな時は格別のやりがいを感じることが出来るでしょう。
本音の部分では、『労働時間の短さ』に魅力を感じているスポーツカメラマンも多いようです。スポーツカメラマンは移動の機会が非常に多い職業ですから、移動時間中は割と自由が効く…ということがあるのかもしれません。

消える職業なくなる仕事?スポーツカメラマン 仕事の良い点

多くのスポーツカメラマンが『スポーツ史の歴史的な瞬間』に立ち会えることを、メリットとして捉えています。スポーツの世界では、一流選手たちが常に切磋琢磨しており、それは時に歴史的な素晴らしいプレイとなります。その瞬間に立ち会って、歴史的な場面に自分が居合わせたという喜びを味わえる点は、スポーツカメラマンの良い点であるといえます。
そしてその瞬間や空気を、魅力的な写真で世界中に伝えるのがスポーツカメラマンの仕事です。歴史的な瞬間の迫力を見事写真に収めることが出来れば、それはスポーツカメラマンとしての自身の評価に繋がります。それもまた良い点といえるでしょう。

スポンサードリンク

消える職業なくなる仕事?スポーツカメラマン 仕事の悪い点

スポーツ中のシャッターチャンスというのは、いつ訪れるのか分かりません。さらに、そのチャンスは一瞬で過ぎ去り、二度と取り返すことが出来ません。
『やり直しが効かない』という点は、スポーツカメラマン最大のデメリットといえます。『撮り逃したからもう一回』という事ができません。常に一発勝負の世界なのです。『一瞬を取り逃すことが出来ない』というプレッシャーは、スポーツカメラマンをやっていく上で悪い点といえます。
また、必要な機材が高額な点も悪い点であるといえます。あるスポーツカメラマンは『機材にかかる金でベンツが買える』ともいいます。それほどまでに、カメラやレンズなどの仕事に必要な機材は高額です。フリーのスポーツカメラマンを志す人にとって、これもまた大きなデメリットであるといえます。

消える職業なくなる仕事?スポーツカメラマン 仕事の内容

スポーツカメラマンの仕事の内容は、『スポーツの写真を撮影すること』に尽きます。試合やイベントに足を運び、写真が使われる目的に応じた写真を撮影します。構図や光、時にはピントのズレをも利用して、素晴らしいプレーの瞬間の写真を撮ります。
また近年では、取材の企画や撮影テーマの立案まで行い、企画として売り込むフリーランスのスポーツカメラマンも多いと聞きます。その際には、取材を行えるだけの深い知識も必要になります。

消える職業なくなる仕事?スポーツカメラマン 仕事に必要な資格

スポーツカメラマンになるために必要な資格というのは特にありません。
なり方に関してですが、スポーツカメラマンには写真撮影に関する知識と技術が必要不可欠です。そのため、写真を扱う学科のある芸術大学や、写真の専門学校で撮影技術を学んだ後に、カメラマンのアシスタントになるケースが多いようです。

消える職業なくなる仕事?スポーツカメラマン 仕事に必要なスキル

まずは、写真撮影に関するスキルが絶対に必要になります。スポーツカメラマンが撮影する被写体は、高速で動く物が多く、しかもシャッターチャンスは一度きりしかありません。
そのため、その一度きりの一瞬のシャッターチャンスを確実に捉えるための高度な撮影技術が必要なスキルになります。
また、特定のスポーツに特化する場合は、そのスポーツに関する深い知識と愛着も必要なスキルといえます。スポーツの知識があれば、どういった瞬間にシャッターチャンスが来るのか理解出来ますし、愛着があれば、そのスポーツをさらに魅力的に撮影しようという向上心にも繋がります。
スポーツカメラマンの中村康一さんは、現在は浅田真央さんの公式webサイトの写真を手がける程有名なスポーツカメラマンですが、以前は、フィギュアスケートが好きで大会で写真を撮ってはそれを選手に渡している方でした。あの日自身が立ち上げたイリナスルツカヤ選手のファンページが公式の目にとまり、そこからスポーツカメラマンとしての道を歩みだしたと聞きます。フィギュアスケートが好きだという気持ちだけで、中村康一さんはスポーツカメラマンにまで上り詰めました。

消える職業なくなる仕事?スポーツカメラマンの仕事のまとめ

現在、スポーツカメラマンが置かれた現状は非常に厳しいといえます。その現状を鑑み、他のカメラマンへの転身を図るスポーツカメラマンも少なくありません。
そのような厳しい状況ですが、少なくなったとはいえ、確かな技術を持ったスポーツカメラマンの需要は少なくなったとはいえ、今後もあり続けるのは事実です。
わずかなシャッターチャンスを見逃すことなく的確に、魅力的に撮影出来る技術と、なによりそのスポーツに対する愛着があれば、スポーツカメラマンとして成功する可能性は確実にあります。歴史的な瞬間にい合わせ、それをたくさんの人に伝えられる喜びや、選手本人から直接『ありがとう』と感謝されるやりがいは、そんな厳しい状況を生き抜くスポーツカメラマンだからこそ得られる喜びといえるでしょう。
確かな技術とスポーツに対する愛情があれば、大きなリターンが見込める仕事…スポーツカメラマンという仕事をまとめると、そのような言葉になるでしょう。

スポンサードリンク

消える職業なくなる仕事?スポーツカメラマンの仕事の年収・やりがい・本音に関連する記事

人気記事ランキング