スポーツトレーナーの仕事の年収・やりがい・本音

お金を稼ぐ方法ネット>>お金の悲喜>>スポーツトレーナーの仕事の年収・やりがい・本音

スポーツトレーナーの仕事の年収・やりがい・本音

スポーツトレーナー 仕事の年収・月収

スポーツトレーナーの収入額は、契約しているチームやスポーツ選手、トレーナー自身の経験によってかなり変わってきます。一般的には、若いトレーナーほど経験が浅いため、収入が低い傾向があります。平均を取ると約650万円、月収では25~27万円前後というデータがありますが、年収でいえば300~1000万円と、かなり開きがあるのが特徴です。
プロスポーツチームや選手との契約によって収入を得ている人の場合、年収が多い傾向がありますが、スポーツジムや整体院に所属し、スポーツチームに派遣されるトレーナーの場合は、年収は低い傾向があります。

スポンサードリンク


スポーツトレーナーの仕事は、消える職業?消えない職業?

近年、人工知能と機械の性能が飛躍的に進歩を遂げたことで、人間の仕事が機械に奪われていく危険性が取り沙汰されています。ですが、スポーツトレーナーという職業は、人工知能や機械が進歩したとしても、決して無くなることのない職業であると言われています。経験や知識からくる臨機応変な対応が求められるためでしょう。
そのような背景があるため、スポーツトレーナーは消えない職業ということができます。スポーツという文化がなくならない限り、スポーツトレーナーも消える職業となることはないでしょう。

スポーツトレーナー 仕事の将来性・安定性

安定性に関して言うと、その働き方にもよります。プロスポーツチームや選手との個別契約で動くフリーのスポーツトレーナーの場合は、キチンとした実績を持っていない限り、不安定なままでしょうし、逆にジムや整体院で働くトレーナーの場合は、安定した収入を得ることが出来るでしょう。
将来性に関しては中々難しい部分があります。現在、スポーツトレーナーを志す人が増加している傾向があるのですが、逆に需要は言うほど増えてない状況が続いています。
ですが東京オリンピックという大きなスポーツイベントが待ち構えており、そこで需要が爆発的に伸びる可能性はありますから、一概に低いとも言えません。

スポーツトレーナー 仕事のやりがい・本音

たとえ個人競技であっても、選手以外に監督やコーチといったチーム単位で試合に望むケースが当たり前になっています。その中に選手のコンディションを整えるスペシャリストとして名を連ね、チーム一丸となって試合に望むことが出来ることは、スポーツトレーナーとして大きなやりがいに繋がるようです。
また、近年では選手のパフォーマンス向上をトレーナーがサポートするケースも増えています。それまでは監督やコーチが、心理的・技術的アドバイスをすめケースが大半でしたが、トレーナーが選手の体の動きを把握し、身体的アプローチから選手のフォローを行うことで、試合結果が劇的に変わるケースもあります。そういった時、やりがいを感じる……という本音もあるようです。

スポーツトレーナー 仕事の良い点

多くの人が、『選手の活躍が自分のことのようにうれしい点』と答えています。自身のトレーニングや施術で選手の体調が改善し、試合で良い結果を残せた場合、それは自分のことのようにうれしいといいます。これは、人の役に立ちたいと考える人にとっては良い点といえます。
特に、一流のトレーナーともなると、有名選手を担当する場合もあります。そういった人たちの役に立てることの出来る喜びは、スポーツトレーナーならではといえるでしょう。

スポンサードリンク

スポーツトレーナー 仕事の悪い点

多くの人が答えているのが、『拘束時間が長く、中々家に帰れない』という点です。
スポーツトレーナーは、チームのスケジュールに合わせて動かなければなりません。そのため、拘束時間が長く、遠征などに出る際には数週間家を空ける事にもなります。そのための犠牲を家族に強いるケースも多く、その点を悪い点と捉える人は多いようです。
それに関連して、スポーツの試合は休日に行われることが多く、トレーナーもそれに追随しなければなりません。そのため、あまりしっかりとプライベートの時間を取ることが出来ないという難点もあります。

スポーツトレーナー 仕事の内容

スポーツ選手が常に最高のコンディションを発揮出来るように、トレーニングやコンディションを管理することが、スポーツトレーナーの仕事です。
主に二種類に分類されます。選手へのテーピングやマッサージ等の治療、リハビリメニューの作成等を司る『アスレティックトレーナー』と、トレーニング方法を提案し、選手の身体能力アップのサポートをする『コンディショニングコーチ』です。
いずれの場合も、基本的には練習、試合、すべてチームの一員として行動する必要がありますが、場合によっては高校や大学、社会人のチームなどに派遣されるケースもあります。

スポーツトレーナー 仕事に必要な資格

スポーツトレーナーになるのに必要な資格は特にありません。ただし、人体の構造や機能、トレーニング理論といった専門知識が不可欠な仕事なので、『アスレティックトレーナー』などの資格を取得している人は多いようです。
また、選手のスポーツ障害に対応するためのテーピングやマッサージを行うには、柔道整復師や鍼灸師、あん摩指圧マッサージ師といった国家資格を取得しておく必要があるため、これらを取得しておくことも大切です。
なり方ですが、スポーツ理論を学べる専門学校や大学の体育系学部を卒業した後、『アスレティックトレーナー』等の資格を取得するケースと、柔道整復師などの資格が取得できる専門学校に通って国家資格を取得するケースの二種類があります。

スポーツトレーナー 仕事に必要なスキル

まず何よりも、スポーツや人体に関する専門知識が必要なスキルといえます。特に選手のコンディション調整に身体能力アップ、怪我の治療などには必要不可欠といえるスキルでしょう。
またコミュニケーションスキルも必要なスキルといえます。特に、選手は怪我の時や調子の悪い時、トレーナーを頼りにするケースがあります。そういった時に適切な言葉を書けることが出来るかどうかは、とても大切です。
素養としては、向上心が挙げられます。トレーニング理論は日々進化しています。そのスピードに追いつき、常に進歩していたいと思っていなければ、トレーナーとしてのキャリアアップは望めないでしょう。

スポーツトレーナーの仕事のまとめ

プロスポーツというとどうしても選手に目が行きがちですが、その選手を縁の下で支えるのがスポーツトレーナーの仕事です。
近年ではトレーナーを志す人が増えているようですが、その反面、需要が伸びていないという現実があり、難しいところです。募集はあまりかかることはなく、ほとんどが口コミや紹介とのことです。
未だ門戸の狭い、厳しい状況のスポーツトレーナーという仕事ですが、東京オリンピック開催の際には、需要が伸びることも期待されています。
スポーツの縁の下の力持ちとまとめることが出来るのが、このスポーツトレーナーです。

スポンサードリンク

スポーツトレーナーの仕事の年収・やりがい・本音に関連する記事

人気記事ランキング