紡績保全工の仕事の年収・やりがい・本音

お金を稼ぐ方法ネット>>仕事・資格の年収>>紡績保全工の仕事の年収・やりがい・本音

紡績保全工の仕事の年収・やりがい・本音

spinning-maintenance-mechanic

紡績保全工 仕事の年収・月収

紡績保全工の収入は、所属する工場の規模によっても変わってきますが、概ね全体の平均に比べてやや低い傾向があります。具体的には、年収で約430万円、月収で約29万円というデータが出ています。
平均年齢は39歳と平均的ですが、比較的勤続年数が長いケースいようです。そのため平均の収入額が上がっています。
また、似た職業で紡績運転工がありますが、そちらに比べて男性の比率が多いという特徴があります。ですが収入額の平均に差はありません。

スポンサードリンク

紡績保全工の仕事は、消える職業?消えない職業?

人の生活に欠かせない衣食住の衣に関わる仕事なため、紡績保全工の仕事はそう簡単になくなることはないと思われます。消えない職業ということが出来るでしょう。
ただし、現在は人件費の安い海外に生産拠点が移されるケースが非常に増えています。そのため日本国内に限って言えば、今後紡績保全工という職業は消える職業となるかもしれません。日本の技術者が国外の拠点に移籍するということもあるでしょうが、その流れも今後変わってくるケースは十分考えられます。

紡績保全工 仕事の将来性・安定性

安定性に関しては、その働き方によります。正社員として雇用されていれば、それなりに安定した立場でしょうし、パートやアルバイトであれば、安定性はあまり……という感じです。
将来性に関しては、現在は製造業全体が衰退している傾向があります。生産拠点が海外に移され、特に中小企業に関しては苦しい状況にあるといえます。そのため、今後の将来性は会社次第といったところです。自身が所属する会社の経営状況を注意深く見ていく必要があるでしょう。

紡績保全工 仕事のやりがい・本音

紡績保全工の仕事は基本的に紡績に関する機械の保全と、それを扱う紡績運転工の指導、教育がメインです。
そのため、一度トラブルで機械がストップしてしまった際、自身の調整と修理で治った機械がその後トラブルもなく無事稼働したとき、とても大きなやりがいを感じることが出来ると答える方が多くいます。
また、紡績運転工から見ると、紡績保全工は機械トラブルが発生した際に真っ先に頼る対象になります。そのため紡績運転工の人たちから感謝される機会も多く、それがやりがいに繋がる……という本音を持っている人も多くいます。

紡績保全工 仕事の良い点

紡績保全工の大切な仕事の一つに、紡績運転工への機械操作の指導と教育があります。実際に紡績に使う機会の使い方を紡績運転工に教えるのですが、その過程の中で、自然とコミュニケーションスキルと人に物を教えるスキルが磨かれていきます。
『人に物を教えるスキル』というのは、コミュニケーションスキルの中でも特に難易度の高いものです。機械操作は得意だけど、人と話すスキルに自身がない人にとって、がんばっていれば自然とコミュニケーションスキルが磨かれていくという点は、良い点であるといえるでしょう。

紡績保全工 仕事の悪い点

紡績に関する仕事に就いている以上、どうしてもその将来性に目が行きがちです。現在生産拠点が海外に移されるケースが頻発しており、製造業自体が苦境に立たされています。今後国内で生産しつづけることを考えた場合、現在よりも収入が低く抑えられてしまう可能性も十分考えられ、それは紡績保全工にとっては悪い点であるといえます。
ただし紡績保全工の場合は、機械の保全やコミュニケーションスキルなど、他の職業でもつぶしの効くスキルを持つ事が多いため、十分に経験を積んでいれば、あまり心配をする必要はないかもしれません。

スポンサードリンク

紡績保全工 仕事の内容

紡績に関する機械の保全、そして機械の操作方法を紡績運転工に指導するのが、紡績保全工の仕事です。
具体的には、保全の仕事は機械の能力を最大限に引き出すための修理やメンテナンス、調整が主な内容です。工程ごとに紡績保全工が配置されており、工程ごとの定期的保全、受入検査、故障箇所の修復、組み立てから設置、部品や用材の管理を行います。
機械操作の指導は、その機械を実際に扱って生産を行う紡績運転工に対して行われます。

紡績保全工 仕事に必要な資格

紡績保全工になるのに必要な資格は特にありません。高校卒業程度の一般知識を持ち、機械に強い人であれば、就職に若干有利と言われています。
なり方ですが、工業高校の機械科や電気科、職業訓練校などで機械の基礎知識を身につけた後、紡績工場に就職するのが一般的なようです。ただし資格や学歴は特に必要ないため、他の職種から転職してくる人も多いのも特徴です。
いずれにせよ、なりたいと思った時に誰にでもなるチャンスのある職業なのが、紡績保全工という仕事です。

紡績保全工 仕事に必要なスキル

機械の点検、調整、修理を行う仕事なため、機械に関する知識が必要なスキルになります。実際に、機械科で基礎を学んだ人や、他の職業で機械に触れていた人等の場合、優遇される傾向があります。
またその関係上、手先の器用さも必要なスキルと言われています。機械の保全を行う際には、どうしても必要なスキルといえるでしょう。
意外なところではコミュニケーションスキルです。紡績保全工の重要な仕事の一つが、紡績運転工への機械操作の指導です。そのためには、高いコミュニケーションスキルが必須といえます。

紡績保全工の仕事のまとめ

近年では苦しい立場に立たされつつある製造業であり、紡績保全工です。人件費の安い国外に生産拠点が移されて行く流れの中で、大きなターニングポイントに立っているともいえます。
ただし、非常に多種多様なスキルを求められる職業であり、仮に紡績保全工の職を離れたとしても、機械保全の経験やコミュニケーションスキルというものは他の職業でも応用の効くスキルです。そういう意味では、紡績保全工という仕事は潰しの効く職業といえます。
紡績保全工としての将来は決して明るくないかもしれませんが、その人そのものの将来性はそう暗くはないといえます。
『色々なスキルを持つ職業』とまとめると、見通しも明るくなるといえます。

スポンサードリンク

紡績保全工の仕事の年収・やりがい・本音に関連する記事

人気記事ランキング