空間デザイナーの仕事の年収や月収は1000万円を超えることも!自分が手掛けたデザインが多くの人に感動を与えた時にやりがいを感じる

お金を稼ぐ方法ネット>>お金の悲喜>>空間デザイナーの仕事の年収や月収は1000万円を超えることも!自分が手掛けたデザインが多くの人に感動を与えた時にやりがいを感じる

空間デザイナーの仕事の年収や月収は1000万円を超えることも!自分が手掛けたデザインが多くの人に感動を与えた時にやりがいを感じる

空間デザイナーの仕事の年収・月収

空間デザイナーの仕事の年収や月収は、所属している事務所の大きさや、独立した場合の売れ具合で違ってきます。一般的な場合で、初任給は月収20万円前後ですが、キャリアを積んで人気が出て来ると年収700万円を超す人も出てきます。また、独立して自分の事務所を構えた場合、まだ知名度が低い場合は月収10数万円ということもありますが、売れ出してくると月収でも1000万円を超えることもあります。

スポンサードリンク

空間デザイナーの仕事は、消える職業?消えない職業?

空間デザイナーの仕事は、社会生活に余裕がある国や地域では、ますます需要が増えてくることでしょう。それは世の中からの要求が、平面上だけの二次元のデザインだけでなく、空間も巻き込んだ三次元のデザインを求めることが増えていくからです。このような点からも、空間デザイナーの仕事はこれからも消えない職業として存在し続けていくことでしょう。

空間デザイナーの仕事の将来性・安定性

空間デザイナーの仕事は、一度完成してしまうとそれで終わりというものでは無く、定期的に作り替えていくものでもあるので、このような点からも、空間デザイナーの仕事の将来性は高いものと言えるでしょう。さらに顧客からの評価があがり、固定客が付いていくことで、空間デザイナーの仕事の安定性も増していくことになります。

空間デザイナーの仕事のやりがい・本音

空間デザイナーの仕事のやりがいは、自分が手掛けたデザインが多くの人に感動を与えた時にいちばん感じることができます。また、デザインを考案するのは自分ですが、それを完成させるには多くのスタッフの協力が不可欠ですので、やり遂げた達成感をみんなで感じられることもやりがいにつながります。ただ、時には会社や上司と、職人さんとの板挟みになることもあり、それがツラいと言う本音も聞かれます。

空間デザイナーの仕事の良い点

空間デザイナーの仕事の良い点は、きちんとした技術力を持っていれば、年齢や学歴にも左右されず、しっかりとした地位を確立できるという点です。また、自分が作ったデザインの評価が高くなると、それを給与やボーナスなどに反映して貰えるという点もあります。さらには、自分のデザインしたものを実際に目に出来るのも、空間デザイナーの仕事の良い点としてあげられます。

空間デザイナーの仕事の悪い点

空間デザイナーの仕事の悪い点は、やはり納期がある仕事なので、納期が迫ってくると家に持ち帰って仕事をしたり、徹夜仕事になることもあるという点です。また、ある程度の地位に到達するまでは、現場での雑用に追われたり、職人さんと上司の間で板挟みになったりすることもあり、そういう点が空間デザイナーの仕事の悪い点としてあげられます。

空間デザイナーの仕事の内容

空間デザイナーの仕事の内容は、室内や室外で、空間を使ってデザインすることです。たとえば、美術館や博物館での展示品の配置の仕方や、デパートなどで行われる催し物の展示方法、さらにはミュージシャンのコンサートや、演劇やミュージカルの舞台発表での演出やレイアウトの仕方など、空間デザイナーが活躍する場面は多岐に渡ります。

スポンサードリンク

空間デザイナーの仕事に必要な資格

空間デザイナーの仕事に必要な公的な資格はありません。ただ、平面上でデザインするのと違って空間デザイナーには、三次元のイメージを想像ずる力が必要ですので、その基礎知識を得るために美術系や建築系などの大学や専門学校で、空間デザインの勉強をしておくと、就職に有利に働きます。また、「日本空間デザイン協会(DSA)」が、講座やセミナーを開いていますので、こういうものに参加することもプラスになります。

空間デザイナーの仕事に必要なスキル

三次元でデザインを考えるにはコンピューターを使って、イメージを形にする必要があります。そのため、空間デザイナーの仕事に必要なスキルは、コンピューターを扱えることでしょう。それも、三次元を表すことのできる専門ソフトを使いこなせるスキルを持っていなければなりません。さらには、職人さんとの共同作業ですので、協調性やコミュニケーション能力のスキルも必要とされます。

空間デザイナーの仕事のまとめ

空間デザイナーの仕事は、さまざまな場面で活用されるので、建築物についての知識が必要であったり、インテリアに関心を持ったり、あらゆる方面の専門知識が求まられますが、逆にこのような知識を持っていると、顧客からの信頼を得ることができ、それが固定客の確保にもつながります。仕事の結果は形として残りますし、自分の努力がそのまま仕事に反映される職業なので、空間デザイナーの仕事は、とてもやりがいのある仕事のひとつと言えるでしょう。

スポンサードリンク

空間デザイナーの仕事の年収や月収は1000万円を超えることも!自分が手掛けたデザインが多くの人に感動を与えた時にやりがいを感じるに関連する記事

人気記事ランキング