装丁家(ブックデザイナー)仕事の年収・やりがい・本音はコレ

お金を稼ぐ方法ネット>>お金の悲喜>>装丁家(ブックデザイナー)仕事の年収・やりがい・本音はコレ

装丁家(ブックデザイナー)仕事の年収・やりがい・本音はコレ

装丁家の仕事の年収・月収

装丁家の仕事には様々な形態があり、
年収・月収にもそこから大きな違いが生じます。

大手の出版社や印刷会社の正社員なら、年収300万から500万円(月収25万から40万円程度)と見込まれます。
でも中小やアルバイトだと年収200万円前後(月収16万円程度)です。

フリーの装丁家の仕事は出来高による報酬なので、
ゼロから数千万円と更に差が広がります。

スポンサードリンク

装丁家は消える職業?消えない職業?

出版不況と言われますが、本や雑誌というものが近い将来完全に消えるとは考えられず、
従って装丁家も完全には消えない職業であるといえます。

ただしデザイナーやイラストレーターとの兼業が増え、
専業の装丁家という存在が消える可能性はゼロではないでしょう。

消えない職業と前述しましたが、
時代や需要の在り方によって目まぐるしく変化する仕事です。

装丁家の将来性・安定性

装丁家は基本的に自由業、需給バランスによる変動が大きく、
職業全体で比較すると将来性・安定性には欠けます。

もし大手の出版・印刷会社に正規雇用されていれば安定性は得られますが、
労働時間が長く健康や精神面への負担は大きいです。

フリーの装丁家は売れっ子になると仕事の依頼には事欠きませんが、
保障面のことを考えると将来性に不安はあります。

装丁家の仕事のやりがい・本音

「本」が好きで装丁家になる方にとって、本の内容をイメージで表現したり、
自分の表現物が本の一部となることがこの仕事のやりがいです。

また手がけた本の売上が大きく伸びた時にも自分の仕事に非常にやりがいを感じられますが、
一方売上への影響は本音ではプレッシャーでもあります。

また装丁家として成功できるのはごく一部と割り切っているのも本音です。

装丁家の仕事の良い点

装丁家の仕事で良い点は、
本が好きな方がとことん本と関わることができることです。

素晴らしい小説や鋭い批評、
美しい画集をいち早く手にしてその内容から思い浮かぶイメージを表現し、
その作品が本の顔となるのです。

熱心な読者にとってこれ以上ない贅沢でしょう。
また装丁家は仕事の中で憧れの作家さんと関わる機会を持つ可能性があることも良い点です。
[ad#ad-1]

装丁家の仕事の悪い点

フリーや非正規で装丁家をする場合、
まずは仕事として安定や将来性に欠けるところが悪い点です。

そして装丁家は独立するまでにデザイン事務所などに勤めて経験を積むことが多いのですが、
装丁だけではなく他の業務も当然求められます。

装丁の経験を積むために仕事がしたいのに、
他のデザインの仕事に携わる時間の方が多くなることも有り得るのが悪い点です。

装丁家の仕事の内容

装丁家の仕事の内容は、
基本的に本のカバーにあたる部分についてデザインは勿論紙の素材まで指定し制作を担当することです。

時には本文の字体、目次など
通常編集者が担当する部分も含めてトータルで本のデザインを装丁家が管理します。

作家さんや出版社側と打ち合わせを行い、
内容のイメージを守りながら「売れる」表紙を制作する仕事でもあります。

装丁家の仕事に必要な資格

装丁家の仕事の場合は資格よりも実務経験が必要とされることが多いです。

プロの作家、編集者と共に装丁家も本を作る仕事のスペシャリストであることが求められ、
作業のスケジュール感や業界の背景を把握している必要があります。

未経験の場合は資格の取得も良いですが、
まずは装丁を取り扱うデザイン事務所や出版・印刷の会社に入るところからのスタートです。

装丁家の仕事に必要なスキル

装丁家の仕事には編集者と同じくPCでDTPソフトを取り扱うスキルや、
字体、紙の素材、印刷に関する知識も必要です。

また装丁に使用できるようなアートワークに常にアンテナを張っておくべきです。
このような実務スキルに加えて、何より装丁家の仕事はひとつの作家業であり、
独自のセンスが必要であることも忘れてはならないでしょう。

スポンサードリンク

装丁家(ブックデザイナー)仕事の年収・やりがい・本音はコレに関連する記事

おすすめ記事

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。