サウンドプログラマーの仕事の年収・収入は120万円~600万円。コンピューター上でゲームやマルチメディアのサウンドを作る

お金を稼ぐ方法ネット>>お金の悲喜>>サウンドプログラマーの仕事の年収・収入は120万円~600万円。コンピューター上でゲームやマルチメディアのサウンドを作る

サウンドプログラマーの仕事の年収・収入は120万円~600万円。コンピューター上でゲームやマルチメディアのサウンドを作る

サウンドプログラマーの仕事の年収・月収

サウンドプログラマーとは、コンピューター上で音楽を作り出し打ち込むお仕事です。あまり知られていないのか、サウンドディレクターや、その他のお仕事もできる職業なので、明確な年収ではありませんが、120万円~600万円くらいです。もちろん、素晴らしい才能を活かすことができれば、それ以上も夢じゃない職業です。給料形態が、出来高もあれば給与制度など様々あります。企業と契約してしまえば安定収入も見込めるでしょう。
中田ヤスタカさんも、楽器もできますが、ほぼコンピューターで音楽を作っています。しかも、サウンドプログラマーとしてだけではなく、さまざまなアーティストのプロデューㇲもしています。しかし、年収は3000万円。きゃりーぱみゅぱみゅは年収3億円。この差は表にでるかでないかの違いで、楽曲だけではこの年収ということですね。CDが売れないというのが、サウンドプログラマーとしてはイタイところなのです。

スポンサードリンク

サウンドプログラマーの消える職業?消えない職業?

サウンドプログラマーはこの現代においては消えない職業でしょう。なぜならば、どんな場面でもコンピューター上で音楽は作り出され、データ化されている現実があるからです。そこには、かならずサウンドプログラマーが必要になっていきます。しかし、サウンドプログラマーとして生き残るのは大変なお仕事です。特に資格もなくなれるので、音楽が好きで、コンピューターが好きな人はできてしまうというどんどん人が増えていく職業だからです。

サウンドプログラマーの将来性・安定性

サウンドプログラマーの将来性は、明るいですね。なくならない仕事ということもそうですが、実績を積めば確実にいろんな場面でおよびがかかるからです。しかし、その実績を積むまで残業を強いられたり納期までに間に合わせるまでに時間がかかってしまったりと、大変な経験をしていかなければいけません。しかし、ゲーム、テレビ、スマホから流れるサウンドはほぼデジタルです。しかし、職場によっては、仕事が減り安定していない会社もあるようです。確かに、ゲーム業界やスマホ業界は移り変わりが激しいので時代の波にのることも大切になっていきます。

サウンドプログラマーの仕事のやりがい・本音

サウンドプログラマーの仕事のやりがいは、身近なところや町中などで自分の作り出したサウンドが流れたときに感じるでしょう。それが、短いものであっても人の印象に残るものを作れたときやりがいを感じます。色々な人にその曲を気に入ってもらえたり、褒めてもらえると、次の曲を作るモチベーションが上がります。

人を動かす能力もあるのが音楽です。感動したり、喜んでもらえたとき最高に自分も喜びを得ることができるのです。本音としては、仕事をとるのが大変なことと、たくさん出てきてしまっている分、安く見積もられたりする場合もあることです。それだけでは食べられない人もいるので、ほかに講師や、バイトなどをしている人もいるようです。

サウンドプログラマーの仕事の良い点

サウンドプログラマーの良い点は、やはり好きな音楽に携われることです。そしてクライアントのイメージしたものに音楽をのせることができるのは、とても素晴らしいことです。その作り出したサウンドが、CMや何かにのり、だれかが口ずさむようになったり購買効果につながったりもするのです。人を動かす力のある音楽に携われるといういい仕事です。

サウンドプログラマーの仕事の悪い点

サウンドプログラマーの悪い点は、安定性がないということでしょう。なかなか仕事もさまざまあるとはいっても、移り変わりが激しくそこについていかなければいけません。しかし、2年後3年後、契約していた会社があるかもわからない現代で、サウンドプログラマーとして生き残る不安はあります。何が流行るかわからないのでいろんなところにアンテナを伸ばしていかないといけないのです。

スポンサードリンク

サウンドプログラマーの仕事の内容

サウンドプログラマーの仕事は、マルチメディアにかかわる様々なデジタルサウンドをつくり、演奏データをコンピューターに打ち込むことです。コンピューター上でサウンドを作るお仕事です。どんな、テレビや、ゲームでもこのサウンドプログラマーが作った楽曲は使っていて、さまざまな場面で使われることが多い職業です。

具体的な仕事内容は、音色の制作(シンセサイザー)、効果音制作、BGM・楽曲制作編集、レコーディング(ディレクションも含む)、ミックス・マスタリング、作詞までやることもある。

サウンドプログラマーの仕事に必要な資格

サウンドプログラマーの仕事で必要な資格はありません。音楽および、コンピューター学科がある大学や、専門学校などを卒業または、音楽や加増・音響工学を学んでいればなれる職業です。コンピューターミュージックの共通ライセンスである「MIDI検定」の資格は取得しておくといいといわれています。

サウンドプログラマーの仕事に必要なスキル

サウンドプログラマーに必要なスキルは、音楽だけではないコンピューターの技術も必要ということです。シンセサイザーや、デジタルサンプラーを使い、パソコン上でサウンドを作り出さなければいけません。バンドマンや、普通の作詞作曲家と違い、さまざまな音の組み合わせも行わなければいけません。ミキサーの役割も果たせないといけないのです。様々な音響機器を用いることによりサウンドプログラマーとして働くことができるのです。

サウンドプログラマーとしての専門的な知識以外に、自分自身のセンスを高め磨くことが必要です。楽曲を創るにはある一定のレベルに達するまでの経験が必要です。その経験の習得まで3年は必要です。

サウンドプログラマーの仕事のまとめ

サウンドプログラマーというお仕事は、コンピューター上で音楽を打ち込むお仕事です。さまざまな楽器の組み合わせや、機材の組み合わせにより新しい音楽を作っていくというとても、クリエイティブなお仕事ですが、現状はCDが売れなかったり、どんどん作らされる消耗品のようになってしまったりと、音楽に対する対応は乱雑になっています。しかし、現代社会において、デジタルサウンドはなくならないものなので、才能を引き出し素敵な音楽を世に残すこともできる職業なのです。

スポンサードリンク

サウンドプログラマーの仕事の年収・収入は120万円~600万円。コンピューター上でゲームやマルチメディアのサウンドを作るに関連する記事

人気記事ランキング