音響エンジニアの仕事の年収・やりがい・本音

お金を稼ぐ方法ネット>>お金の悲喜>>音響エンジニアの仕事の年収・やりがい・本音

音響エンジニアの仕事の年収・やりがい・本音

音響エンジニア 仕事の年収・月収

所属している会社や仕事内容、本人の実績や能力によってかなりの幅はありますが、平均から考えると収入は低いようです。全体の平均ですと年収240万円から320万円、月収で換算すると20万円前後です。
大手の音響会社に勤めているエンジニアですと400万円から500万円、大手レコード会社に勤めているエンジニアの場合はさらに上…と基本的には勤務している会社によって大きく左右されます。
一流ミュージシャンの音響エンジニアの方ですと、年収数千万円というケースもありますが、基本的には実力主義の世界です。

スポンサードリンク

音響エンジニア 消える職業?消えない職業?

音響エンジニアは、音に関するスペシャリストです。舞台や広場、レコーディングスタジオといった千差万別な現場において、時にアーティストが目指す音質を作り上げ、時に演説者の声を出来るだけクリアな状態でたくさんの人に聞こえるように調整するのが仕事です。これは、今後も機械やコンピューターでは代用出来ない仕事となります。
また、昨今では既存の仕事に加え、建物の防音・遮音設備の調整や防振対策、空調の消音など、音響エンジニアが活躍する場が増えています。
そういった意味でも、今後も音響エンジニアという職業がなくなることはないでしょう。

音響エンジニア 将来性・安定性

勤めている会社や勤務形態によって大きく変わってくるとは思いますが、大手の会社に正社員として雇用されている場合なら、安定はしているといえます。ただし、毎年募集しているわけではなく、狭き門であるといえるようです。
最初は音響会社やレコード会社にアルバイトとして入社し、経験と実績を積むのが基本的なキャリアのスタートの仕方なようですが、最初の頃は収入も低く、安定した仕事であるとはいえないようです。
その代わり、経験と実績を積めば、大手の会社や有名アーティストからスカウトされるようになるというケースもあり、そうなれば収入も安定し、額も飛躍的にアップすることになります。将来性に関しては、本人の頑張り次第というとになります。

音響エンジニア 仕事のやりがい・本音

やはり音楽に関わった仕事が出来ていることにやりがいを感じる人が多いようです。ライブでお客さんが盛り上がっている時や、素晴らしいCD音源を作成出来た時などは、特に強いやりがいを感じると答えるエンジニアの人が非常に多いです。
またイベントメインで活躍しているエンジニアの場合ですと、様々なイベントに企画段階から関われることに楽しさを感じる方も多いようです。

音響エンジニア 仕事の良い点

音楽が好きな人から見れば、直接的に音楽に係る仕事であるという点は外せません。多くの方が、音楽に関わった仕事をしていることにやりがいを感じ、誇りを持って音響エンジニアの仕事に携わっています。
経験と実績を積めば、有名アーティストから専属エンジニアとして指名をされる場合もあります。憧れのアーティストと共に仕事をする可能性がある仕事…それが音響エンジニアのいい点といえます。

音響エンジニア 仕事の悪い点

多くの音響エンジニアの方が、『音楽で生活が出来る』というのをいい点に挙げていますが、同時に『そう思えなくなったら仕事としては本当にキツい』と言っています。
それほどまでに非常に過酷な仕事なようです。拘束時間が長く、何日も徹夜をしなければならない場合があることもザラにあり、土日や祝日に仕事が入ることも多く、多くの方がその過酷な勤務形態と、割にあわない収入に不満を抱いているようです。
また、新人時代は『怒られるのが仕事』と言われている程によく叱責を受けることを指摘する音響エンジニアが多いのも、この仕事の特徴です。
思い機材を持ち運ぶ機会が多いということもあり、本当に音楽が好き、この仕事が好きだという強い気持ちがなければ、職業としてはかなりキツい仕事であることは確かなようです。

スポンサードリンク

音響エンジニア 仕事の内容

活躍する場はライブハウスやスタジオ等様々ですが、基本的には『音』に関する調整を行うのが音響エンジニアの仕事です。
様々な音をミックスし、各音のボリュームを調整してアーティストが求める音のテイストに近づけていき、最終的にアーティストの作品を仕上げます。
イベント会場や講演会、街頭演説などで、いかにクリアで聞きやすい音を調整して作り上げるか…といった仕事も音響エンジニアの仕事になります。
また昨今では建物の防音・遮音設備の調整や防振対策等の分野にも進出しており、音響エンジニアが携わる仕事は広がりを見せています。

音響エンジニア 仕事に必要な資格

音響エンジニアになるのに特別な資格は特に必要ありません。技術的な職業になるので、大学や専門学校で音響に関する知識を習得した後、音響会社やレコード会社に就職するのが一般的なようです。
また、特に音楽関係の場合ですが、知り合いの音響エンジニアからの紹介という形で音響会社に入社するケースも非常に多く、その場合はライブハウスやイベントに足繁く通い、実際にエンジニアの方と知り合いになることが非常に重要になってきます。

音響エンジニア 仕事に必要なスキル

まず何よりも、『音に関する敏感な感性』が重要であるといえます。微妙な音の違いを聞き分けられることは何より大切です。そして、自然と集中力も必要になってきます。
また、音響エンジニアは生活が不規則になりやすい傾向があるため、体力も必要になってきます。
イベントメインで活躍したい場合は、突発的なトラブルに適切に対処できる臨機応変な対応力なども必要になるでしょう。

音響エンジニアの仕事のまとめ

音楽好きな方であれば、音楽に携わる仕事で生活が出来るということは、なにより得難いやりがいであることも確かです。実績を積めば憧れのアーティストと共に仕事が出来るチャンスがあることも、この仕事の大きなメリットの一つであるといえます。
過酷な職業であることは確かです。不規則な生活、安定しているとはいえない収入など、決して楽に出来る職業ではないでしょう。
しかし、『音楽で生活出来る』というやりがいに魅せられ、音響エンジニアの仕事を続けている人が多いのも事実です。それだけの強烈なやりがいを与えてくれるのが、音響エンジニアの仕事であるといえるのではないでしょうか。

スポンサードリンク

音響エンジニアの仕事の年収・やりがい・本音に関連する記事

人気記事ランキング