【「ソチ五輪冬季大会」今現在、金メダルに一番近いのは、高梨沙羅選手?】

お金を稼ぐ方法ネット>>所詮この世は金と愛>>【「ソチ五輪冬季大会」今現在、金メダルに一番近いのは、高梨沙羅選手?】

【「ソチ五輪冬季大会」今現在、金メダルに一番近いのは、高梨沙羅選手?】

「ソチ五輪冬季大会」が、いよいよ、2月7日に開幕します。
日のン選手団の中で、今現在、金メダルに一番近いのは、高梨沙羅選手でしょう!

スポンサードリンク

高梨沙羅選手は比較的小柄ですが、見事な大ジャンプを披露してくれてますね~!
【高梨沙羅【Sara Takanahi】 ジャンプ女子W杯17勝!ソチオリンピック・・金メダルに最も近い女子選手☆】の動画はこちら

ソチ五輪冬季大会でも、ぜひ、世界一の安定感、実力を発揮してもらいたい。
ただ、なにが起こるかわからないのも五輪です。

昨季世界ランク41位の地元ロシアのアブダクモア選手や、
昨季世界ランク4位で今期好調ドイツのフォークトなど他にも有力選手がいますからね。

しかも、高梨沙羅選手の最大のライバル米国のサラ・ヘンドリクソン選手が昨年の怪我から復帰してきます。
現在リハビリ中で何とかオリンピックに間に合うかなと言う微妙な状況ですが、あなどれません!

他の金メダル候補は、やはり、フィギュアスケートでしょうか。
男子シングルフィギュアスケートだと羽生結弦選手や高橋大輔選手。

女子フィギュアスケートは浅田真央選手が期待されていますね。

羽生結弦選手は柔軟性が高く、ジャンプもスピンも得意。
しかも、羽生選手は演技の後半部分で得点が1.1倍となる部分に連続ジャンプを取り入れています。

羽生結弦選手のプログラムの出来が世界で最も難しい構成です。
そのプログラムを完璧にこなして、素晴らしいジャンプを成功させれば、十分金メダルは狙えます。

高橋大輔選手は芸術性の高さが魅力です。
今シーズンは怪我等で大会での得点が伸び悩みました。オリンピックでは、是非、大逆転をしてもらいたいものです。

スポンサードリンク

ソチ五輪の大舞台でジャンプを決め、芸術点の最高評価を得れば、金メダルはあり得ます。

浅田真央選手は、ライバルのキム・ヨナの得点を、トリプルアクセルを含むジャンプの出来栄えでしのげるかどうかが金メダルへの道です。

浅田真央選手スケーティング技術は完璧です。
細かなステップやターン、スピードに乗った正確な演技は、抜群です。

他の協議では、スピードスケートの期待が高い。

加藤条治選手や長島圭一郎選手ですね。
この二人はバンクーバーオリンピックでもメダルを獲得しています。

今シーズンも国際大会において実力を発揮され、優勝経験もあります。
ソチ五輪の大舞台でも実力を発揮できれば、金メダル圏内です。

もちろん、選手の皆さんには、全員に金メダルを狙っては欲しいですが、
是非ソチ五輪で、今までの練習の成果を最大限、発揮できることを期待します!!

関連記事

【浅田真央が、オリンピック女子フィギュアスケートで、金メダリストになるための絶対条件はコレ!】】の記事はこちら

【キム・ヨナ、年収14億円!審判買収でソチ五輪金メダル確定!?国際氷上競技連盟会長発言「浅田真央は絶対金メダルを獲れない」の根拠とは?】の記事はこちら

【高橋大輔選手は、フツーの庶民の星!父はとび職、母は理容師&弁当屋、4人兄弟の末っ子、近所の人のカンパで世界の頂点へ!!】の記事はこちら

スポンサードリンク

【「ソチ五輪冬季大会」今現在、金メダルに一番近いのは、高梨沙羅選手?】に関連する記事

人気記事ランキング