ソムリエの仕事の年収・やりがい・本音

お金を稼ぐ方法ネット>>所詮この世は金と愛>>ソムリエの仕事の年収・やりがい・本音

ソムリエの仕事の年収・やりがい・本音

sommelier

ソムリエ 仕事の年収・月収

ソムリエの収入額は比較的平均的な水準で有ることが多く、年収では300~600万円、月収では約21~42万円というデータが出ています。
これは、ソムリエが働く場所が比較的大きな店舗や大手のホテルなど、規模の大きいところであるケースが多いためだと言われています。
そういった大きな店舗ではソムリエが多数在籍しており、階級分けがされている場合がほとんどです。ソムリエを統括するチーフソムリエの立場に上り詰めれば、それなりの収入が約束されます。

スポンサードリンク

ソムリエの仕事は、消える職業?消えない職業?

ソムリエはワインの専門家で、レストランなどで料理に合ったワインを選定し、お客様に提供するのが仕事です。ワインやグルメ文化としての料理が今後なくなってしまうことは考えにくいため、必然的にソムリエという職業が無くなることは考えにくく、消えない職業ということが出来ます。
特に昨今では田崎真也さんのように多方面で活躍するワインソムリエの方も多く、ソムリエという職業は日本社会に定着した職業といえます。そのため、消える職業となることはないでしょう。

ソムリエ 仕事の将来性・安定性

安定性に関しては高いといえます。多くのソムリエが勤務する場所は大手の高級料理店や高級ホテルなどの大手のため、ソムリエになって働くことができれば、ある程度の水準の収入が期待でき、かつ常に一定の需要があるためです。そのため、仮に職を失うようなことになっても次の勤務先を見つけることはそう難しくはないでしょう。
将来性に関しても同様に、近年では存在価値が高まっているようです。またメディアに顔を出したりネット上で有名になるなどして名前が知られれば、それを皮切りにいろいろな仕事を任されるケースもあり、ソムリエという職業の知名度も相まって、将来性は高いといえそうです。

ソムリエ 仕事のやりがい・本音

ソムリエの大切の仕事の中に、ワインを使ってお客様をもてなすというものがあります。自身が持つワインの知識をフル活用し、お客様に最高の時間を提供するのがソムリエの大切な仕事です。そのため、自身の接客でお客様が笑顔になってくれた時、大きなやりがいを感じることが出来るといいます。
また、ソムリエという職業は非常に知名度が高く、その分ステータスの高い職業です。そのため、自身がソムリエであることが知られると、周囲の人から尊敬の眼差しを向けられる場合が多く、それがとても気分がいい……という本音を持つソムリエの人もいるようです。

ソムリエ 仕事の良い点

多くのソムリエの方が、様々なお客様と接することが出来る点を良い点として挙げています。レストランに来るお客様は様々で、中には普通の生活では中々接する機会のない人もいます。そういった人と接することが出来、場合によっては人間関係を構築出来るという点は、良い点といえます。
また、ソムリエはワインの勉強が欠かせない職業ですが、だからこそ、ワインが好きな人や勉強が好きな人にとっては、常に知識を吸収出来る職業なのでやりがいがあるといえます。これもまた、人によっては良い点といえるでしょう。

ソムリエ 仕事の悪い点

レストランには色々なお客様が来店される分、あまり好ましくないお客様と接する機会もあります。特にソムリエはワインの専門家であり、ワインという飲み物がメジャーである関係上、無駄にソムリエにワインの知識を挑んでくるお客様や、場合によっては絡んでくるお客様もいるようです。接客業ではつきものの問題ですが、これは悪い点といえそうです。
また、一見して華やかな職業に見えるソムリエですが、実は仕事の大半は地味なものです。ワインの在庫や保存の管理、発注、ワインセラーの清掃など、接客以外にも行う仕事が多々有ります。ソムリエの華やかな部分に憧れる人にとっては、これもまた悪い点といえそうです。

スポンサードリンク

ソムリエ 仕事の内容

ソムリエの仕事の内容は、好みや料理との組み合わせを考慮して、お客様に最適なワインを提供することです。お客様の要望を聞き、ワインだけでなく様々な飲み物を提供し、場合によっては料理選択のアドバイスを行う必要があります。そのためにも、専門知識の習得は必須です。
お客様にワインを提供するだけでなく、そのワインの管理もソムリエの仕事です。ワインの入荷や保管、品質の管理、ワイングラスの管理なども、すべてがソムリエの仕事になります。
もちろん、きめ細やかなサービスなどの接客そのものも、大切な仕事です。ソムリエの仕事は、あくまでお客様に最高の時間を提供することなのです。

ソムリエ 仕事に必要な資格

日本では、ソムリエになるために必要な資格は特にありません。ただし、民間団体が主催する『ソムリエ呼称資格認定試験』というものがあります。この試験に合格すると金色のブドウのバッジをもらえます。そのバッジは現在、ソムリエの代名詞とも言われています。
なり方ですが、基本的には学校を卒業後、飲食店に就職して実務経験を積み、その後ソムリエの認定資格を取得してソムリエになるのが一般的です。資格は取得せずともソムリエになること自体は可能ですが、持っておいたほうが、説得力は増すでしょう。

ソムリエ 仕事に必要なスキル

まずなによりも、ワインに関する知識です。ワインは最も歴史の古い酒と言われており、蓄積された知識も膨大です。原料となるブドウの種類や産地、年代、作り手によって千差万別のち外があるのがワインという飲み物で、それらをすべて把握しておかなければなりません。ソムリエにとっては必要なスキルといえます。
料理との組み合わせを考える必要があるため、料理に関してもある程度の知識が必要です。人によっては、ソムリエになる前に調理師としての修行を積む方もいらっしゃいます。田崎真也さんはソムリエとしての修行を始める前に、料理人としての修行を積んでいたことがあります。
また、大切なことはワインを提供することではなく、ワインと料理を使ってお客様をおもてなしすることです。そのため、細やかな心遣いや観察力といった接客スキルも求められます。

ソムリエの仕事のまとめ

非常に華やかなイメージとは異なり、地味な仕事が非常に多く、努力が必要な職業がソムリエです。ワインや料理の知識に精通し、最高の時間を演出してくれるソムリエですが、見えない部分での地味な仕事や努力が大変な職業です。
ソムリエというとワインの専門家というイメージが強いですが、どちらかというと『飲食におけるサービスのプロ』という側面が強い職業です。自身のワインや料理の知識を総動員し、細やかな心遣いでおもてなしする様は、まさに接客のプロです。裏方の地味な作業も含めて、この言葉がソムリエという仕事のまとめといえます。

スポンサードリンク

ソムリエの仕事の年収・やりがい・本音に関連する記事

人気記事ランキング