社会福祉士の年収・やりがい・本音

お金を稼ぐ方法ネット>>仕事・資格の年収>>社会福祉士の年収・やりがい・本音

社会福祉士の年収・やりがい・本音

社会福祉士 仕事の年収・月収

社会福祉士の仕事の月収は、大卒の場合およそ17万円から20万円、年収は250万円から300万円。短大・専門学校卒の場合はおよそ15万円から18万円、年収は180万円から230万円ほどとなります。
社会福祉士は安定した年収を得ることができ、独立して自分の事務所を構えることができればさらに年収を増やすことも可能です。

スポンサードリンク

社会福祉士は、消える職業?消えない職業?

社会福祉士は今後も消えない職業です。社会福祉士は様々な場所で活躍できる仕事で、老人ホームや社会福祉施設、病院などが勤務先になります。さらに、介護の現場でも活躍できるため需要のある職業です。
社会福祉士は地域の社会福祉協議会で相談業務を行い、利用者と長い期間関わる仕事でもあるため、今後も消えない職業となります。

社会福祉士 仕事の将来性・安定性

社会福祉士の仕事の将来性は高く、高齢化社会を迎えている日本では様々な場面で活躍できるため需要があり将来性もあります。
社会福祉士は病院などの医療現場から地域の社会福祉施設まで、幅広い場所で活躍できるため仕事がなくなることはありません。
また、安定性のある収入を得ることも可能で、高齢化社会になるにつれて介護を必要とする施設や老人ホームも増えるため、働く場所も今後増えていきます。

社会福祉士 仕事のやりがい・本音

社会福祉士の仕事のやりがいは、今後日本は高齢化社会になり高齢者がどんどん増えて行く傾向があります。その結果介護を必要とする高齢者や障がい者のケアを行い、生活支援を行う社会福祉士は非常にやりがいがあります。
社会福祉士は利用者との信頼関係を構築して長い期間関わる仕事でもあります。自分の経験が活かせる職業でもありますが、法律の問題や家庭環境など、自分の力では解決できない事もあるのが本音です。

社会福祉士 仕事の良い点

社会福祉士の仕事の良い点は、コミュニケーション能力が身につく点と、利用者へのアドバイスによって生活が良くなっていく事を見守れる点です。
社会福祉士はカウンセリングの知識を持ち、利用者の悩みや問題点を見つけて一緒に解決していく仕事でもあるため、日常生活でも役立つ知識が得られます。
また、土日が休みになる事も多く、公務員であれば完全週休二日制をとっており、待遇が良い点も挙げられます。

社会福祉士 仕事の悪い点

社会福祉士の仕事の悪い点は、利用者との関わりが深くなる職業柄、人間関係のトラブルに巻き込まれやすい点です。
社会福祉士は利用者の問題点と向き合う仕事のため、利用者が感情的になったり、相談内容が一貫せず混乱したり、精神的に参ってしまうこともあります。また、事務的に冷静な対応を行うと意図しない誤解を与えてしまいトラブルの元にもなります。
社会福祉士は利用者との関係性を上手く維持しつつ、冷静な対応を求められるのも仕事の悪い点です。

スポンサードリンク

社会福祉士 仕事の内容

社会福祉士の仕事の内容は、病気などで日常生活が困難になった人に対して、安定した生活が送れるようサポートする仕事です。
社会福祉士は「高齢者介護」「障害者支援」「生活保護」「児童福祉」などの福祉に関するあらゆるものが仕事の対象となります。社会福祉制度に関する深い知識がなければ成り立たず、心理学についても学ばなければなりません。

社会福祉士 仕事に必要な資格

社会福祉士に必要な資格は国家資格である「社会福祉士」です。社会福祉は名称独占資格で、資格を持つ人だけが名乗ることができます。実際の業務は資格がなくても行うことができます。
社会福祉士は働く場所によって呼び名も変わり、病院では「医療ソーシャルワーカー」福祉施設であれば「生活相談員」児童相談所であれば「児童福祉司」という名称になります。実際に働いている人はこれらすべての資格を持っているわけではありません。

社会福祉士 仕事に必要なスキル

社会福祉士の仕事に必要なスキルは、社会福祉に関する豊富な知識とコミュニケーションスキルです。利用者はもちろんのこと、利用者の家族とも話す事が多くなります。
社会福祉士は利用者の生活の仕方や家族との関わり合いを知り、どのようなサービスが必要となるかを判断しなければなりません。
また、行政とのやりとりも必要となるためコミュニケーションスキルが重要となります。

社会福祉士 仕事のまとめ

社会福祉士の仕事は、病気や障害などで日常生活が困難になっている人のサポートを行う仕事です。
国家資格である社会福祉士は、様々な問題をもっている人から話を聞き、その人に適した支援を提案します。また、行政ともコミュニケーションをとって公的支援や地域のサービスを提案していきます。
相談業務は資格をもっていなくても可能ですが、社会福祉士と名乗るためには国家資格を取得する必要があります。全ての人が資格をもっているわけではなく業務は無資格でも可能で、病院や福祉施設、児童相談所など働く場所は様々あります。

スポンサードリンク

社会福祉士の年収・やりがい・本音に関連する記事

人気記事ランキング