サッカー監督・コーチの年収や月収は?消えないやりがいのある仕事だが生計を維持するのは難しい

お金を稼ぐ方法ネット>>お金の悲喜>>サッカー監督・コーチの年収や月収は?消えないやりがいのある仕事だが生計を維持するのは難しい

サッカー監督・コーチの年収や月収は?消えないやりがいのある仕事だが生計を維持するのは難しい

サッカー監督・コーチ 年収・月収

一般的なサッカースクールの監督・コーチの場合月収は15〜17万円程度、年収は200〜300万円程度となります。Jリーグの人気クラブチームののコーチでも25歳で月給20万円位です。しかもコーチの仕事を仕事を長く続けても月収はあまり上がりません。これは契約が毎年契約更新する業務委託契約であるためですね。

社会人チームの場合は人によって変わりますが、会社員の場合はおよそ月収20万円前後、年収300万円前後となります。専属契約の場合はスポンサーの有無によっても変わりますが同等となります。
Jリーグプロサッカーの監督になると年俸計算でおよそ平均5000万円になります。しかし一般には小学生や少年団などの監督・コーチとなることが多いため、他の仕事との兼任をしたり、土日などの休日にのみ子供たちへ教える程度にとどまります。

スポンサードリンク

サッカー監督・コーチ 消える職業?消えない職業?

監督・コーチ業はこれからも残っていく消えない職業です。
子供達への指導に需要があり、サッカー教室や少年サッカーチームなど、比較的低年齢層への指導が主になっています。
それ以上のレベルになると「日本サッカー協会公認ライセンス」の取得が必要になります。
また、元プロサッカー選手であったり、学生時代にサッカーをやっていたなどの経験が指導に役立つ職業でもあります。

サッカー監督・コーチ 将来性・安定性

サッカー監督・コーチには指導をするためのライセンスがあります。
将来性や安定性を考えるとライセンス取得が重要となり、ライセンスを持っていない場合は指導できる時間や年齢層に制限があります。
安定した収入を得るためには企業やプロサッカーチームを指導すると良いでしょう。その場合は「A級ライセンス」以上を取得する必要があります。

サッカー監督・コーチ 仕事のやりがい・本音

自身が指導した選手やチームが試合に勝つことがやりがいに繋がります。
指導する内容によって選手が成長し、レベルアップしていく様を目の前で見ることができるのも魅力的です。
その分チーム全体の監督責任者となるため重要なポジションとなり、チームが勝てなかったり成長しない時には解任される可能性もあります。
そういった意味において選手やチームの成長を実感できることがやりがいに繋がります。

サッカー監督・コーチ 仕事の良い点

選手やチームを自分の指導で成長、改善していくことができるのが魅力です。
自分の経験や指導法によって試合に勝つことができれば仕事に対する満足度も良くなるでしょう。
サッカー文化を広めるための活動にもなり、未来のサッカー選手育成にもなるのでマネジメントの面から見てもサッカーに携わることができます。
監督になるためのライセンスを持っていれば、海外でサッカーを指導することもできます。収入は低く不安定ですが、本当に好きなことを仕事にして生きていくことができるのは幸せなことでしょう。

監督・コーチ 仕事の悪い点

悪い点として、一般的な少年サッカーチームや学生への指導者の給与が低く、これだけで生計を維持するのは難しい点です。独身ならギリギリ食べていくことは出来ますが、家族を養うことは厳しい待遇です。
また、指導にはライセンス取得が必要になり指導経験年数も必要となるため、誰でも簡単にできる職業ではありません。
専門的な職業なので誰でもライセンスは取得できますが、技術指導のレベルやサッカー哲学など、常に指導をするための勉強を行う必要があります。

スポンサードリンク

サッカー監督・コーチ 仕事の内容

主にチームの技術指導、戦略、練習メニューを作って練習を行います。場合によっては選手個々のメニューを作成し指導を行います。試合前には選手のコンディションを見ながら試合に勝つための練習メニューを提示します。練習させながら各選手のメンタル面や身体のチェックやフォローを行います。具体的には試合で活躍できなかった選手や、調子を落としている選手、ヤル気を失っている選手に、声掛けをします。相手の性格も考慮しながら、励ましたり、厳しく叱ったり、一番効果的な方法を考え実施します。

試合相手のチームの選手力の分析や試合の戦術を考えることも重要な仕事となります。試合前に、勝つためのシュミレーションを徹底的に行い、試合中は、選手に戦術的な指示を出したり、選手の交代を適宜行います。試合後は、選手に試合のフィードバックを行い、良かった点、悪かった点を指摘し、次の試合で勝つための方策を練ります。チームの顔としてインタビューや取材に答え、チームのファンを増やすのも重要な仕事です。

少年サッカーチームの場合は子供達にサッカーを教えるため、低年齢の子どもだちが理解できる内容を考える必要もあります。
試合当日には会場で実際に試合を作り上げ、選手の交代や戦略を伝えるなどのゲームメイクも重要な仕事の一つです。

サッカー監督・コーチ 仕事に必要な資格

日本サッカー協会公認のライセンスがあり、指導する内容によって細かく分かれています。初心者の指導を対象とするD級ライセンスから順に、C級、B級、A級、そしてJリーグの監督や日本代表の監督ができるS級のライセンスまであります。

大きく分けるとサッカー、フットサルの二つがあり、監督、コーチの二つに分かれます。さらにゴールキーパーコーチ、U−12コーチ、U−15コーチ、A級コーチジェネラル、公認S級コーチ。公認B級フットサルコーチと多岐に渡ります。
指導できる年齢層やジャンルがあるので、すべての指導ができるわけではありません。

日本サッカー協会公式ページ
http://www.jfa.jp/

サッカー監督・コーチ 仕事に必要なスキル

サッカー監督・コーチに必要なスキルは、まずサッカーの技術、専門的なルールや知識です。
選手の個性を見極めて戦略を作り、それを実践できるよう指導する必要があります。実際に自分で動いてお手本を見せることもあります。
また、選手を指導するうえでコミュニケーション能力も重要です。特に少年サッカーチームの指導を行う場合には、子ども達に自分の意思を伝えるためにもコミュニケーション能力が必要なスキルとなります。

サッカー監督・コーチの仕事まとめ

一般的なサッカー監督・コーチの仕事をする場合は、日本サッカー協会のライセンスを取得することが必要となります。
サッカーコーチの需要はあるものの、ライセンスを持っていない場合は指導できる時間と範囲が限定されてしまうのでライセンス取得を目指しましょう。
少年サッカーチームや社会人サッカーチームなど、監督・コーチ業を行う環境は増えてきています。
指導者としての講習を受けたライセンス保持者が求められているので、まずはライセンス取得を目指してみましょう。

スポンサードリンク

サッカー監督・コーチの年収や月収は?消えないやりがいのある仕事だが生計を維持するのは難しいに関連する記事

人気記事ランキング