スキージャンプの選手の仕事の年収・やりがい・本音

お金を稼ぐ方法ネット>>お金の悲喜>>スキージャンプの選手の仕事の年収・やりがい・本音

スキージャンプの選手の仕事の年収・やりがい・本音

skijump

スキージャンプの選手の仕事の年収・月収

スキージャンプの選手は、大会に出場したりしたときの賞金などが主に収入になりますが、結果がでなければもちろん収入はありません。なので、アルバイトをしながらしている選手がほとんどです。もしくはスポンサーとなる会社が契約できれば、会社員をしながらスキージャンプの選手として生活しているひともいます。有名なスキージャンプの選手の年収で1000万を超えることも。しかしそれは、オリンピックで結果を出せた場合です。しかし他の大会で結果を残せば10代でも600万以上を稼ぐこともできます。

スポンサードリンク

スキージャンプの選手消える職業?消えない職業?

スキージャンプの選手が競技会に出場するためには国際スキー連盟に登録しなければいけません。しかし、このスキージャンプの選手の登録人数が、全世界で254人というとても競技人口が少ないです。日本人で登録されているのもたった24人。人気の低迷が課題となっています。

スキージャンプの選手 将来性・安定性

スキージャンプの選手の将来性はなかなか難しく、厳しいです。安定した収入を得るところまで行く人はオリンピックで活躍した人でなければいけないですし、引退後は、普通の会社員になるひとがほとんどです。競技人口も少ない分活躍も他の国からしたら難しいのが現状です。しかし、引退年齢が遅いのも確かです。スポーツ選手人生を長く続けられる競技でもあります。

スキージャンプの選手 仕事のやりがい・本音

スキージャンプの選手のやりがいは、やはり大会で優勝したり、新記録が打ち出せた時でしょう。しかし、記録を作るためには大会に出続けなければいけません。レジェンドと呼ばれる葛西選手でさえ所属のスキー部がなくなったりしてしまったりいつどうなるかわからないのが本音でしょう。

スキージャンプの選手 仕事の良い点

スキージャンプ選手の良い点は、やはり好きなスポーツを選手として記録を残こしていくということでしょう。いい結果が出せれば、全国から祝福され今までの努力が報われるのです。好きなことを仕事にできるのは、誰しもが憧れることですよね。

スキージャンプの選手 仕事の悪い点

スキージャンプ選手の悪い点は、スポーツ選手は体が資本です。それに結果を残せなければ引退しなければいけません。さまざまなプレッシャーと戦いながら競技大会などに臨まなければいけません。
それと、スキージャンプの練習にかかる費用も掛かります。年間ウエア・遠征費などで500万はかかるそうです。

スポンサードリンク

スキージャンプの選手 仕事の内容

スキージャンプの競技は年間通して行われ、冬は雪面で滑り、夏は摩擦係数を抑えた専用の滑走路で滑ります。国際スキー連盟主催のノルディックスキー世界選手権が2年に一度あり、その他毎年世界各国でスキージャンプ・ワールドカップが行われています。

スキージャンプの選手 仕事に必要な資格

スキージャンプ選手には資格はありません。スポーツなので運動神経と才能があればなれるでしょう。しかしなかなか身近なスポーツではないので、始まるきっかけが必要ですね。

スキージャンプの選手 仕事に必要なスキル

スキージャンプ選手に必要なスキルは、体力でしょう。それと競技人口が少なかったり、スポンサーが少ないことによるプレッシャーなどに打ち勝つ精神力や、海外遠征のための語学力も必要とされます。

スキージャンプの選手 仕事のまとめ

スキージャンプ選手は過酷なことがわかりました。
なかなか身近なスポーツではないので少ないスポーツ選手なのです。もともとスキーが好きで、そこからスキージャンプへ移行する人が多いですね。しかし世界からレジェンドと評される人も日本にはでてきているので、努力は必ず報われるスポーツだと思います。

スポンサードリンク

スキージャンプの選手の仕事の年収・やりがい・本音に関連する記事

人気記事ランキング