臨床心理士の仕事の年収・やりがい・本音

お金を稼ぐ方法ネット>>お金の悲喜>>臨床心理士の仕事の年収・やりがい・本音

臨床心理士の仕事の年収・やりがい・本音

臨床心理士 仕事の年収・月収

臨床心理士は、仕事の勤務条件によってその年収・月収が大きく変わります。
臨床心理士は、非常勤での雇用が多いため、ボーナス等の特別給与はなく、非常勤の仕事をかけもちして、生活をする臨床心理士が多いです。
その月収は、初任者ではおよそ16〜26万円、年収は200万円未満から400万円と幅があります。経験を重ねた臨床心理士は、著書の出版など、その他の収入も含めて、1000万円以上の収入がある臨床心理士もいます。

スポンサードリンク

臨床心理士 消える職業?消えない職業?

現在、心理士の国家資格化の動きがあり、その名称も「公認心理師(仮)」とされています。臨床心理士が「公認心理師」となるわけではないですが、臨床心理士の所属する多くの団体による動きであるため、臨床心理士の影響力は依然大きいと言えます。そのため、今後、国家資格化がなされれば、心の病も増えている日本ですので、臨床心理士の仕事も認められていくでしょう。つまり、「臨床心理士」という名称は「消える職業」、なのかもしれませんが、心を扱う仕事として、「消えない職業」です。

臨床心理士 将来性・安定性

臨床心理士の仕事の場として、教育、病院、産業、保健分野などがあります。
そして、心の問題は人間関係の問題とも言え、臨床心理士はその人間関係の問題や不具合を調整し、話を聞くことがその仕事であるため、仕事の場は今後も増え続け、将来性のある職業です。
一方で、非常勤での勤務も多く、能力の有無によって勤務の継続ができないこともあるため、安定性がある職業とは言えません。
安定性を求めるのであれば、臨床心理士自身も自己研磨に励む必要があります。

臨床心理士 仕事のやりがい・本音

臨床心理士の仕事の本音として、ネガティブな話を聞くことが多いため、感受性の高い人だと、精神的に辛くなります。
切り替えが上手くできないと、仕事を続けるのが難しいというのも本音です。

しかし臨床心理士の仕事のやりがいは、クライエントの問題の解決にあります。
クライエントが良い方向に変化していくことは、臨床心理士にとって大きな喜びです。
クライエントが自分で考える力を持ち、 巣立って行くことをやりがいとしています。

臨床心理士 仕事の良い点

現実的には、働き方は様々ですが、非常勤として働いても、勤務時間の割に給与が多めである点、時間通りに終わることはなかなかありませんが、比較的 勤務時間も短いことも良い点であると言えます。
特に、女性が子育てをしながら働くにはとても良い職業です。また、人と直接関わっていく仕事のため、やりがいを感じやすいことも良い点です。
日常生活での人間関係においても、その技術やノウハウが生かせることも良い点です。

スポンサードリンク

臨床心理士 仕事の悪い点

臨床心理士は、週に数回といった非常勤としての職業が多いため、経済的に 安定しにくい点、職場の同僚と関係を築きにくい点が悪い点です。
臨床心理士の仕事の安定には 、自身で勉強したり、研修を受けるなどの継続した自己研磨が必要ですが、そのための費用も安くはなく、新人にとっては経済面には厳しいと言えます。
また、カウンセリングでネガティブな話を聞くことが多いため、精神的にネガティブな影響を受けやすいことも悪い点です。

臨床心理士 仕事の内容

臨床心理士は、相談室で個人または集団のカウンセリングをするイメージですが、それだけでなく、教師、医者など他の支援者との関わりが非常に多いです。
臨床心理士は主にクライエントの心理検査を担当し、観察、家族や関係者からの聞き取りなどから、心理的特徴を見極めます。

そして他の支援者に報告しながら、共に方針をまとめて、支援していくことを仕事の内容としています。
日常的な支援者同士の会話から、支援機関内のみの支援会議、外部機関との連携もあります。

臨床心理士 仕事に必要な資格

「臨床心理士」自体が職名ではなく民間資格名です。
「公認心理師」という仮名称で国家資格化の動きがあります。

臨床心理士を支援する団体による動きなので 、臨床心理士が不利にはなりませんが、国家資格化されれば、改めて「公認心理師」資格を取り直す必要があります。
必須ではありませんが、教育分野で は「学校心理士」や「臨床発達心理士」、医療分野では「精神保健福祉士」、児童福祉分野では「社会福祉士」や「保育士」の資格を持っている人もいます。

臨床心理士 仕事に必要なスキル

臨床心理士は、クライエントとの関係を保つだけでなく、支援者同士や家族とクライエントなど、人間関係の調整役を担うことが仕事となるため 、高いコミュニケーション能力が、仕事に必要なスキルです。
特に、傾聴して 理解し、相手に受け入れやすいように伝えるスキルなど、言葉を上手に使えることが臨床心理士の仕事に必要なスキルです。

言葉だけでなく、相手を無条件に受け入れるという態度を非言語でも伝えられるよう訓練し、スキルを身につける必要があります。

臨床心理士の仕事 まとめ

臨床心理士は、勤務形態や経済面で不安定な面もありますが、現在、国家資格化も進められ、教育、保健、医療など様々な分野において将来性のある仕事です。
継続した自己研磨によってスキルを高め、カウンセリングや検査、観察などを通して、クライエントを理解し、他の支援者と協力することで、クライエントのポジティブな変化を促して行くことは臨床心理士の喜びであり大きなやりがいです。

スポンサードリンク

臨床心理士の仕事の年収・やりがい・本音に関連する記事

人気記事ランキング