消える職業なくなる仕事?脚本家の仕事の年収・やりがい・本音

お金を稼ぐ方法ネット>>お金の悲喜>>消える職業なくなる仕事?脚本家の仕事の年収・やりがい・本音

消える職業なくなる仕事?脚本家の仕事の年収・やりがい・本音

sinariowriter

消える職業なくなる仕事?脚本家 仕事の年収・月収

脚本家はフリーランスで活躍している方が大半で、作品一本あたりいくら…という形で収入を得ています。その為、一ヶ月に受け持った作品の本数とその単価がそのまま月収になり、その一年分がそのまま年収となるケースがほとんどです。
基本的な単価の算出方法ですが、『一話あたりいくら』『1つのプロジェクトあたりいくら』『放送時間1分あたりいくら』と様々です。相場に関してはラジオドラマの場合一本約10万円程度、一時間のテレビドラマであれば、一本約60万円から100万円と言われています。
もちろんこの価格はある程度実績を積んだ脚本家の場合です。まだ実績のない駆け出しの脚本家の場合、単価がかなり下がります。中には年収が100万円に満たない脚本家もおり、芽が出ないうちは過酷な労働環境、低い収入を覚悟しなければなりません。

スポンサードリンク

脚本家 消える職業?消えない職業?

映画やテレビ番組、ドラマ、アニメといった創作物が世の中から無くなることは、今後ありません。必ず何かしらの形でこれらは存在しつづけます。そして、脚本家の仕事は、これらエンターテイメントに深く関わる仕事です。そして、機械やコンピューターには決して出来ない仕事でもあります。
特に昨今では、ゲームやアニメの分野において、脚本家の枯渇が続いている状況です。特にゲームの場合では世界観や舞台設定など、脚本家が担当する部分は非常に多く、そういった幅広い仕事が出来る脚本家の需要が高まっています。
そのため、脚本家は消えない職業であると断言出来ます。少なくともこの数十年の間は、消える職業の仲間入りをすることはないと思われます。

消える職業なくなる仕事?脚本家 将来性・安定性

現在、アニメ業界とゲーム業界において脚本家が不足しているというデータがあります。アニメの脚本とゲームの脚本は、共に高いスキルが要求され、その水準を満たす脚本家が常に不足している状況なのです。
また、近年のインターネットの発達により、ネット上で展開されるドラマや番組も増えています。現在、脚本家が活躍出来るフィールドは広がりつつあるのです。
それらを踏まえると、現在の脚本家の将来性は高いといえます。もっとも、それは実績を積んだ場合に限ります。
安定性でいうと、先ほども申し上げたとおり脚本家はフリーランスの方が多く、こなした仕事の数がそのまま収入に直結します。たくさん仕事をすれば収入は増えますし、逆に仕事が出来なければ収入はゼロです。
そのため、安定性という観点からいけば、残念ながら低いと言わざるを得ません。

消える職業なくなる仕事?脚本家 仕事のやりがい・本音

やはり多くの脚本家が、自身が書いた脚本が映像やゲーム等の形として夜に送り出された時に、強いやりがいを感じると答えています。自身が書いたセリフを役者さんが言い、キャラクターが自分の脚本の通りに動く様は、見ていて本当にうれしい瞬間です。
また脚本とは、あくまでも作品の骨組みです。そのため、作品が完成した際、脚本家の予想以上の素晴らしい作品になることもあります。また監督や役者たちが脚本家にアイデアを提案してくることもあります。そうやって皆で作品を作り上げていく楽しさも、大きなやりがいであるといえます。
本音の部分で言うと、生活の時間のすべてが仕事に取られてしまうことを嘆く脚本家の方もいらっしゃいます。脚本家はアイデア勝負の側面もあるので、たとえプライベートの時間であっても脚本のことを考えてしまう…そんな休むことの出来ない境遇を嘆くという本音を覗かせる方もいらっしゃいます。

消える職業なくなる仕事?脚本家 仕事の良い点

自身が脚本を仕上げた作品が世でヒットした場合、それが莫大な収入に繋がります。また、そのヒット作が次の仕事にも繋がり、結果として安定した収入を得ることにも繋がります。ある種有名人のようにメディアに取り上げられ、それがまた新たな仕事のキッカケになるケースも多くあります。
確かに実績がないうちは、単価も安く収入が増えないという悪循環に陥るのが常です。ただし実績を作り、実力が伴っていれば、それは莫大な収入と安定に繋がります。それが脚本家という職業の良い点であるといえます。

消える職業なくなる仕事?脚本家 仕事の悪い点

何度も申し上げていますが、脚本家の世界は実力主義です。脚本家に実績と実力がなければ、収入はいつまでも増えず、仕事の数も少ない…そのため実績が出来ない…という悪循環に陥りがちです。単価も安いので、脚本家の仕事だけでは生きていくことが出来ず、他の職業につきながら、副業として脚本家の仕事を受けている人もいます。この点は悪い点であると言わざるを得ません。
また、脚本の執筆という作業は基本的に一人でコツコツとやる仕事です。そのため、執筆中はどれだけ苦しくても誰も助けてくれません。悩んでいても一人で解決しなければならず、個人作業が苦手な人にとっては、この部分も悪い点であると言えるでしょう。

消える職業なくなる仕事?脚本家 仕事の内容

脚本家の仕事は、物語の骨組みと進行を決め、設計を担当することにあります。基本となるストーリーの展開、物語の舞台、アクション、セリフ、それらすべてを盛り込んだ脚本を執筆するのが脚本家の仕事の内容です。
脚本家の活動の幅は映画やテレビドラマ、舞台やゲーム等、多岐にわたっています。およそ物語が存在するものすべてに脚本が存在するといっても、過言ではありません。
また脚本はあくまで完成品の骨組みであり、決して完成品ではありません。そのため、執筆が終了した時点が仕事は終わりではなく、その後ストーリーの進行や観客の反応を見て、随時書き換えていくこともあります。この辺りが、似た職業にあたる小説家とは異なる部分です。
場合により、複数の脚本家で一本の作品の脚本を執筆する場合もあります。特にTVシリーズ等といったシリーズものに多く取り入れられている手法で、複数の脚本家を起用することで、やむを得ない事情による途中降板に備え、一人で担当した場合に起こりがちなアイデアの枯渇という危険を回避するのが目的です。

消える職業なくなる仕事?脚本家 仕事に必要な資格

脚本家の仕事に必要な資格は特にありません。独学であれ何であれ、実力を持っていれば誰にでもなれるチャンスがあるのが脚本家です。
脚本家になる道は多岐にわたりますが、大きく分けると『シナリオスクールに通う』『シナリオコンテストに応募し、制作者に名前を覚えてもらう』『制作現場の仕事に就き、現場で名前を覚えてもらう』の3つのケースがあるようです。
脚本家の三谷幸喜さんは、劇団で舞台の制作を手がける傍ら放送作家として活躍していた時期があります。その際に国民的人気アニメ『サザエさん』の脚本を手がけ、テレビや映画の脚本家としてのキャリアをスタートさせたエピソードは有名です。

脚本家 仕事に必要なスキル

脚本家に必要なスキルとして、まず何事にも好奇心が持てることが重要です。脚本家は、時に自分がまったく知らない分野のストーリーを考えなければならない場合があります。そういった場合勉強が必要になるのですが、その勉強を苦もなく行える好奇心が必要になってきます。
宮藤官九郎さんは、街中で面白い人を見つけると尾行してしまうクセがあるとのことです。こういった、何事にも面白がって首を突っ込みたくなる好奇心は、脚本家として必要なスキルであるといえます。
また、脚本を執筆するにあたり監督なスタッフたちとの打ち合わせが必ず必要になるためコミュニケーション能力が必要になる場面もあります。フリーランスの立場の人が多いため、自身を売り込む営業能力のスキルも必要になるでしょう。

消える職業なくなる仕事?脚本家の仕事のまとめ

脚本家は物語の骨組みを作るのが仕事です。そのため、今後も需要があり続ける職業といえます。
昨今、全体的に見て脚本家が活躍出来るシーンが増えています。ゲーム業界、アニメ業界では脚本家が不足している状況が続き、常に募集をかけている状況が続いています。映画やテレビドラマだけに限らず、実績さえあればあらゆる媒体で活躍出来るのが、脚本家の強みです。
アニメの脚本家として知られる虚淵玄さんですが、元はゲームの脚本家として名を馳せた方です。彼は後にアニメ作品の脚本でも大成功を収め、近年では実写の仮面ライダーの脚本を担当したことでも話題になっています。
自身が書いたセリフを、有名な役者さんやアニメのキャラクターがしゃべり、自身が書いた通りに役者さんが動き、キャラクターが演じる。これを見た時の達成感は並々ならぬものが有るでしょう。
『媒体を選ばず、あらゆるシーンで自身のスキルが活かせる』それが、脚本家という仕事のまとめといえます。こういった職業は早々ありません。

スポンサードリンク

消える職業なくなる仕事?脚本家の仕事の年収・やりがい・本音に関連する記事

人気記事ランキング