消える職業?消えない職業?小説家の仕事の年収・やりがい・本音

お金を稼ぐ方法ネット>>お金の悲喜>>消える職業?消えない職業?小説家の仕事の年収・やりがい・本音

消える職業?消えない職業?小説家の仕事の年収・やりがい・本音

silyousetuka

消える職業?消えない職業?小説家 仕事の年収・月収

小説家の場合、『年収』『月収』という考え方はあまりせず、どちらかというと『原稿料』『印税』というひとくくりで収入を考える傾向があります。
原稿料は月刊誌や新聞での連載や、穴埋め記事を書いた場合に出版社から支払われるお金です。原稿用紙一枚あたりの金額が設定され、書いた枚数に応じて金額が決定します。概ね4000円から30000円程度とのことです。
印税は出版された本が一冊売れる毎に出版社から支払われるお金で、こちらは本の金額の10%程度が相場となっています。
年収で見ると、高収入を得ている小説家は全体の一握りで、大半の小説家は200万円から400万円程度と言われています。

スポンサードリンク

小説家の仕事は、消える職業?消えない職業?

小説家は、人間がなれる最後の職業と言われています。その人のイマジネーションを文章という形で表現するという作業は、機械やパソコンなどでは決して出来ないからです。
そのため、小説家という職業自体は消える職業にはならないと断言出来ます。今後も消えない職業として残り続けることでしょう。

消える職業?消えない職業?小説家 仕事の将来性・安定性

将来性、安定性ともに低いと言わざるをえないのが小説家という職業です。会社員のように毎月決まった収入があるわけではなく、仕事がなければ収入はまったく発生しないためです。実績がなければ、たとえ収入が入っても微々たるものでしょう。
 そのため、安定性や将来性に期待は出来ません。もちろん、実績を多く積み素晴らしい作品を数多く残すことが出来れば高収入と名声を期待できますが、それを手にするのは、ほんの一握りの小説家であるという点は忘れてはいけません。

消える職業?消えない職業?小説家 仕事のやりがい・本音

多くの小説家の人が『自身の作品をたくさんの人に読んでもらえる』という点をやりがいと感じる方が非常に多くいます。自身が書き上げた文章を、多くの方がお金を出して買ってくれ、読んでくれるということに、この上ない喜びを感じるといいます。
また、小説家の故・三島由紀夫さんは手書きで原稿を書いていたそうですが、非常に美しい文字で原稿用紙の枠をはみ出さずに書くことにやりがいを感じていたそうです。このように、その本人にしかわからないやりがいを持つことも、小説家という仕事を続ける上で大切だという本音を教えてくれる小説家の方もいらっしゃいます。

消える職業?消えない職業?小説家 仕事の良い点

非常に面白い作品を執筆し、それが世の中に受け入れられた場合、それは莫大な収入となって自身に跳ね返ってきます。そういったことは会社員や公務員などでは中々体験出来ない、小説家の特権といえます。
また、そうやって一つの作品がヒットするとそれが実績となり、新たな仕事の依頼や、原稿料のアップなどにも繋がります。そういった点は、小説家の良い点といえるでしょう。

消える職業?消えない職業?小説家 仕事の悪い点

作品が売れ、実績を積めば高収入が期待出来ますが、そうなれる小説家はほんの一握りです。多くの小説家は、それだけでは生活できず、何か他の仕事と平行して小説家の仕事をしている場合がほとんどで、非常に不安定な生活を余儀なくされています。小説家は本が売れることがすべてなので、売れなければ全くと言っていいほど収入がありません。それは悪い点と言わざるをえないでしょう。
『永遠の0』の作者としても知られる小説化の百田尚樹さんですが、ツイッター上で『本が1万部売れても、印税は150万前後』という実情を語っています。それほどまでに、小説化という仕事は収入を確保するのが大変なのです。

スポンサードリンク

消える職業?消えない職業?小説家 仕事の内容

小説家の仕事内容は、小説を執筆することに尽きます。小説にも純文学や推理小説、ライトノベル等様々なジャンルの小説があり、ほとんどの小説家はひとつのジャンルしか執筆しないようです。
近年ではインターネットの普及により、web上でも小説を公開することが出来るようになったため、小説家の活躍の場が広がってきています。

消える職業?消えない職業?小説家 仕事に必要な資格

小説家になるために必要な資格は特にありません。誰でもなろうと思えばすぐになれるのが小説家です。
なり方ですが、これも人によって様々です。はじめから小説家を目指し、大学後に卒業してから執筆活動に入ったり、また趣味で執筆を続けそれをweb上で公開していたり……といった具合に千差万別です。
お笑い芸人で無類の読書家として有名だったピースの又吉直樹さんは、その本好きが高じて純文学作家としてデビューし、その後芥川賞を受賞しています。

消える職業?消えない職業?小説家 仕事に必要なスキル

まずは、文章を書くスキル。特に、『表現したいことを表現できる文章力』といえます。自身の想像したものを的確に表現するためには、ボキャブラリーや比喩表現、言い回しなど、ありとあらゆる国語的文章力が必要になってきます。それは小説家として必須といえる力です。
また、読書が好きだということも大切なスキルの一つになります。文章力を磨くためには、同じく本を読むのが一番です。小説だけでなく、童話やポエム、論文などからでも、得るものは大きいでしょう。それらを苦もなく読めるスキルが必要になります。
最後に、『物語をラストまで書き切ること』も重要なスキルです。『生みの苦しみ』という言葉の通り、小説の執筆というのは実に大変な作業です。その大変さを乗り越え、最後まで書き切ることは非常重要なスキルです。

消える職業?消えない職業?小説家の仕事のまとめ

『本が売れなくなった』と言われて久しい昨今ですが、小説家が活躍するフィールドは広がりを見せています。最近ではインターネット上でも作品が公開できるようになり、プロ、アマ問わず、多くの小説家が日々、自身の作品を公開しています。自作の小説を公開すれば、誰でもなれるのが小説家です。
誰でも容易になれるのが小説家という職業である反面、それで生活出来るのはほんの一握りの小説家だけであるというのもまた現実です。実績を積む前に小説家を辞める人も多く、それだけ、小説家として生きていくのは大変な覚悟が必要であるということです。
『なるのは簡単だが、続けることが難しい職業』というのが、小説家という仕事のまとめと言えます。

スポンサードリンク

消える職業?消えない職業?小説家の仕事の年収・やりがい・本音に関連する記事

人気記事ランキング