消える職業?消えない職業?照明デザイナーの仕事の年収・やりがい・本音

お金を稼ぐ方法ネット>>お金の名言>>消える職業?消えない職業?照明デザイナーの仕事の年収・やりがい・本音

消える職業?消えない職業?照明デザイナーの仕事の年収・やりがい・本音

silyoumei

消える職業?消えない職業?照明デザイナー 仕事の年収・月収

照明デザイナーの収入は勤務先の給与により変動しますが、月収が約17~20万円、年収で約300~700万円と言われています。
しかし、現在ですとインテリアデザイナーや建築家が照明デザイナーを兼任する場合が多く、純粋に照明デザイナーの仕事だけで生活している人は稀だと言われています。建築家やインテリアデザイナーが照明デザイナーの仕事を兼任している場合は、もう少し収入も伸びるようです。

スポンサードリンク

照明デザイナーの仕事は、消える職業?消えない職業?

先ほども申し上げましたが、現在純粋に照明デザイナーの仕事だけで生活している人は稀で、実際には建築家やインテリアデザイナーの方が兼任されている場合がほとんどです。よほど名の通ったデザイナーであれば大丈夫かもしれませんが、現状では、仕事を発注する側も照明デザイナーに単独で仕事を依頼することは少なくなり、必然的に照明デザイナーとしての仕事はへりつつあるのが現状のようです。
そのことから考えると、いずれ照明デザイナーという仕事は建築家やインテリアデザイナーの仕事の範疇の一つとなるかもしれません。実際に自身の仕事がなくなるかもしれないという危機感を抱く人が増えています。
そういう意味では、長い目で見た場合に、照明デザイナーは消える職業なのかもしれません。よほどの実績がない限り、消えない職業と言い切ることは難しくなってきています。

消える職業?消えない職業?照明デザイナー 仕事の将来性・安定性

安定性でいえば、照明デザイナーは会社員の方が多く、その場合は通常の会社員並みの安定性はあるといえます。フリーとなった場合はそれこそ仕事量が収入に直結しますので、中々安定性は厳しいと言わざるを得ません。
将来性に関しては厳しいといえます。昨今では照明デザイナーの仕事を建築家やインテリアデザイナーの人が兼任することが多いため、長い目で見た場合は、現在照明デザイナーの仕事とされているものの大部分が、他の職業の仕事の範疇となってしまう可能性もあります。建築家やインテリアデザイナーとしての側面も持ち合わせていない限り、この先生き残るのは難しいといえます。

消える職業?消えない職業?照明デザイナー 仕事のやりがい・本音

照明デザイナーの仕事は大きく分けて2つあり、ひとつはその名前の通り照明器具をデザインする仕事です。もう一つは、ビルや橋などの建造物をライトアップし、それを美しく演出する仕事です。いずれにしても形に残る仕事となりますので、自身が手がけたものが人々の目に触れた時に、大きなやりがいを感じると答える方が多いようです。
また、照明デザイナーの仕事は光を扱う仕事のため、その仕事には綿密さが要求されます。さらに、どれだけ綿密かつ完璧に計算された状態でも、実際にライトを点灯させてはじめて分かる問題点などもあり、非常に難しい仕事である場合がほとんどです。そこに面白さや難しさといった複雑な心境を抱えるという本音を聞かせてくれる方もいらっしゃいます。

消える職業?消えない職業?照明デザイナー 仕事の良い点

やはり、自身が手がけたものが形に残るという点を良い点として挙げる方が多くいます。特に建造物のライトアップをされる照明デザイナーの方などは、そのライトアップした建造物が時にランドマークのような扱いとなり、名声が世界中をかけめぐることもあります。
また照明器具のデザインを担当する照明デザイナーの方などは、手がけた製品の関係上、室内照明の配置をはじめとする照明プランにも携われるようになってきます。このようにデザインだけで終わらず、さらなるステップアップがし易い点も、照明プランナーの良い点といえるのかもしれません。

消える職業?消えない職業?照明デザイナー 仕事の悪い点

照明そのもののデザインを行う照明デザイナーの場合、デザインするのは『作品』ではなく、あくまで『製品』です。そのため、実際にデザインをする際、美しさやセンスの良さだけでなく、使いやすさやコストも考慮しなければなりません。コストや使いやすさのためにデザインを犠牲にする場面も多く、こだわりのある人にとってはその点は悪い点といえそうです。
また前述した通り、昨今では照明デザイナーとしての仕事そのものが減ってきている点も悪い点といえるでしょう。よほどの実績を積むか、さらなる得意分野に派生していかない限り、照明デザイナーとしてこの先生き残るのは難しいと言えます。

スポンサードリンク

消える職業?消えない職業?照明デザイナー 仕事の内容

照明デザイナーの仕事は、照明に関すること全般になります。商品としての照明器具のデザインから、ビル内の照明配置に関するプランの立案などが挙げられます。規模の大きい物になりますと、ビルなどの巨大建造物や、街の一角のライトアップ演出を手がける場合もあります。
世界的に有名な照明デザイナーの石井幹子さんは、既存照明器具のリニューアルデザインから、大きい物だと東京タワーや明石海峡大橋のライトアップなど、およそ光に関係するあらゆるものを手がけています。

 

消える職業?消えない職業?照明デザイナー 仕事に必要な資格

照明デザイナーになるのに必要な資格は特にありません。
なり方ですが、美術系や技術系、工学系の大学や専門学校に進学した後、照明デザイン事務所やメーカーに就職して経験と実績を積むのが一般的です。
また近年では照明のデザインだけでなく、インテリアデザイナーや、建築士、カラーコーディネーターウィンドウディスプレイデザイナーといった職業とも関わりが深くなっています。そのため、そういった知識を身につけていくと、将来有利になると言われています。

消える職業?消えない職業?照明デザイナー 仕事に必要なスキル

照明デザイナーに最も必要なスキルは、コミュニケーションスキルと言われています。他の職業と異なり、照明デザイナーの仕事は基本的にお客様に対して提案を繰り返す場合がほとんどです。そのため、自身のデザインの良さを過不足なくお客様に伝えることの出来るコミュニケーションスキルが重要になってきます。
また、世の中の流れや新しいデザインを生み出すためにも、常に流行や周囲の情報にアンテナを貼ることが出来る力も必要です。特に建築物の場合、照明によってその見え方も千差万別。非常に勉強になるようです。
もちろん、その時代のニーズに応えたものを作り出せるデザインセンスも必要になってきます。

消える職業?消えない職業?照明デザイナーの仕事のまとめ

現在、照明デザイナーとしての仕事は減り続けています。建築家やインテリアデザイナーがそのまま照明の配置や形のデザインを担当するケースが増え、照明デザイナーの出番が少なくなってきています。
そのため、現在活躍している照明デザイナーは自身の強みを活かす傾向があります。ある人は照明のデザインだけでなく建築物の照明配置プランを担当したり、また別の方は、逆にインテリアデザインなどでも活躍するといった具合に、照明デザイナーの方々は苦境に立たされているからこそ、新たな分野にも果敢に挑戦しています。
『まさに今、進化しつつある職業』というのが、照明デザイナーという仕事のまとめと言えるのかもしれません。今後、非常に幅広い分野で活躍する照明デザイナーの方が生まれることも、充分に考えられます。

スポンサードリンク

消える職業?消えない職業?照明デザイナーの仕事の年収・やりがい・本音に関連する記事

人気記事ランキング