消える職業?消えない職業?書道家の仕事の年収・やりがい・本音

お金を稼ぐ方法ネット>>お金の悲喜>>消える職業?消えない職業?書道家の仕事の年収・やりがい・本音

消える職業?消えない職業?書道家の仕事の年収・やりがい・本音

消える職業?消えない職業?書道家 仕事の年収・月収

書道家の月収は書道教室や作品の売れ行きによって変化します。
書道教室は月謝が5千円ほどが一般的で、50人の生徒がいれば20万円となります。しかし、初めからたくさんの生徒が来るものではないため、有名な書道家や実力を認められた人以外は月収が数万円程度となります。
作品の販売を行う場合、作品の価値は決まっていませんので自由に値段をつける事が可能です。書道家の武田双雲氏
は月収180万円、そのほかに題字の製作や作品の販売も行っているそうです。

スポンサードリンク

書道家、消える職業?消えない職業?

書道家は消えない職業です。しかし、ただ綺麗な字を書くだけの職業ではなく、芸術性を兼ね備えた職業を目指す必要があります。
美しい字を書くものと、芸術作品としての書が求められており、お店の看板や題字を書く仕事もあります。
また、海外の人たちも日本の文化が人気があり、書道もそのうちの一つです。これからも書道の文化はなくなる事はなく、消えない職業です。

消える職業?消えない職業?書道家 仕事の将来性・安定性

書道家の仕事の将来性について、コンピューターの普及により文字を書くことが減り、日本では書道を習う人も減少してきています。
しかし海外ではニーズが増えてきており、芸術としての書道が見直され始めています。現代に合った書道を産み出せれば書道家としての将来性も見込めます。
しかし、一部の有名な書道家以外は職業として続けていくことは難しく、収入にも安定性がないので、続けていくためには難しい仕事です。

消える職業?消えない職業?書道家 仕事のやりがい・本音

書道家の仕事のやりがいは、日本に古くから伝わる文化を継承し、後世に残していけることです。
美しい文字を書くことや、芸術作品としての書道を行って書道教室を開き、生徒に教えていきます。書道には決められた型はなく、生徒の個性を認めて褒め、その人の力を伸ばしていくことも書道家の仕事のやりがいです。
しかし、書道家としての実力がなければ書道教室の生徒も増えないため、収入もほとんど無く、仕事を続けていく事が難しいのが本音です。

消える職業?消えない職業?書道家 仕事の良い点

書道家の仕事の良い点は、勤務時間は比較的短く、1日3時間から5時間程度となります。また、曜日を決めて開いている教室もあり、1ヶ月の労働時間は短い傾向があります。
書道家は自分の作品を作る時間を必要としますが、仕事の時間は短くすむため比較的作品製作のための時間を作りやすい傾向にあります。
また、展覧会や作品展で多くの人と関わることができることも良い点です。

消える職業?消えない職業?書道家 仕事の悪い点

書道家の仕事の悪い点は、仕事として生活できるだけの収入を得ることが難しく、実力を世間に認められて始めて安定した収入を得られることです。
初めのうちは名前を知ってもらう所から始め、徐々に仕事としての書道を認めてもらいます。
書道家は展覧会やコンテストで入賞することでも有名になれますが、全国から集まった書道家と戦えるだけの実力を付けることは難しいです。
そうした有名な書道家と同じように仕事をするためには長い年月が必要になることが悪い点です。

スポンサードリンク

消える職業?消えない職業?書道家 仕事の内容

書道家の仕事の内容は、書道教室を開いて生徒に書を教えたり、作品を販売することです。
また、商業書道家として仕事をする場合、書道の技術を用いて看板の文字を書いたり、メニューを書いたりします。そうした商品を求める企業も多く、インターネットで注文を受ける仕事もあります。書道家の仕事は書を書くスペースがあればどこでも可能です。

消える職業?消えない職業?書道家 仕事に必要な資格

書道家の仕事に必要な資格はありませんが、民間の資格として「師範」があります。これは各流派によって定められており、昇段試験を受けながら一番上の階級になった時に与えられます。師範の資格を持っていれば書道教室を開いた時に生徒を獲得しやすくなります。
書道家が中学校で書道を教える場合には「中学国語」教員免許が必要になります。高校で教える場合には「高校書道」の教員免許が必要です。

消える職業?消えない職業?書道家 仕事に必要なスキル

書道家の仕事に必要なスキルは、作品を作り上げるための集中力と、優れた作品を生み出す実力です。
納得がいくまで作品を作り続ける集中力がなければ、出来上がった作品の良し悪しに大きく影響があります。最高の作品を生み出すためには絶対に途中で諦めない向上心も必要なスキルです。
書道家は時代の流れに即した作品を生み出すスキルも必要で、伝統を残すことも重要ですが、新しい作品を作る柔軟な考え方も必要なスキルになります。

消える職業?消えない職業?書道家 仕事のまとめ

書道家の仕事は、書道教室や学校、芸術家としての作品作りなどがあります。
仕事として書道を行うためには実力と、書道家として世間から認められる必要があります。
書道家になるためには各流派の「師範」の資格を取得しておくと良いでしょう。無名の頃はこの資格が重要な役割を担います。また、学校で書道を教えるためには教員免許が必要となります。
展覧会や作品展に出品し、入賞することで有名になれば、書道家としての仕事も増やすことが可能です

スポンサードリンク

消える職業?消えない職業?書道家の仕事の年収・やりがい・本音に関連する記事

人気記事ランキング