歯科技工士の仕事の年収・やりがい・本音

お金を稼ぐ方法ネット>>仕事・資格の年収>>歯科技工士の仕事の年収・やりがい・本音

歯科技工士の仕事の年収・やりがい・本音

sikagikousi

歯科技工士 仕事の年収・月収

歯科技工士は医療職の為、収入の水準は高いと思われがちですが、同じ医療職である医師や看護師に比べると、決して高い水準とはいえません。あくまで全国平均に近い水準となっています。具体的なデータを見ると、平均年収は約430万円、月収では31万円となっています。
ただし、歯科技工士の収入のデータは、統計をとった年度や職場の規模などによって大きく変動する特徴があります、あくまで目安と捉えておいた方がいいといえます。

スポンサードリンク

歯科技工士の仕事は、消える職業?消えない職業?

とある雑誌が組んだ特集『10年後に消える職業』という記事の中で、歯科技工士が名を連ねています。その理由ですが、現在3Dプリンターというものが台頭してきており、歯科技工士の仕事がその3Dプリンターで代用が効くからだと言われています。
現在ではどうしても調整が必要ですが、実際に3Dプリンターで作成した義歯などを商品として販売しているところもあります。すぐに消える職業となることはないでしょうが、近い将来、消えてしまうかもしれません。消えない職業と言い切ることは出来ないでしょう。

歯科技工士 仕事の将来性・安定性

安定性に関しては、働き方にも寄るでしょう。正規雇用されていれば安定した収入を得ることも出来ますし、そうでなければ中々安定した生活は難しいといえます。
将来性に関しては、現在は歯科技工士にとって厳しい状況が続いています。3Dプリンターの発展や人件費と材料費の安い海外製の台頭など、枚挙に暇がありません。
ただし、高い技術を持つ日本の歯科技工士は、海外で評価される傾向がつづいているとのことです。高い技術を身につけ、海外に拠点を移すということも、考えたほうが良いかもしれません。

歯科技工士 仕事のやりがい・本音

歯科技工士の仕事は、ある種職人的な部分があります。入れ歯や差し歯といった義歯、歯の詰め物や被せ物などを作ることが主な仕事となるのですが……形状は患者さん一人一人によって異なる上、大きさが小さいものなので、それを製作する作業はかなり大変です。
ですが、そういった中で自身のスキルを高めていき、妥協せずに一つの義歯を仕上げ、患者さんに満足していただいた時、歯科技工士は強いやりがいを感じるとといます。その高い技術は患者さんを助けるために磨かれているのです。

歯科技工士 仕事の良い点

歯科技工士の仕事は、ある種の職人気質な部分があります。そのため、黙々と仕事に没頭することが出来る人に向いており、一つの義歯を集中して最セクすることが可能です。これは、自身の仕事に集中したい人や、仕事中は余計なおしゃべりなどをしたくない人にとっては良い点といえます。
また、歯科技工士が加入出来る『歯科技工士国民年金基金』というものがあります。要は事業主等が国民年金とは別に加入する国民年金基金みたいなものなのですが、こういった制度が整っているのも歯科技工士の良い点といえます。

スポンサードリンク

歯科技工士 仕事の悪い点

収入が低いという点を、悪い点として挙げる方は大変多いようです。拘束時間も長く、自身の技術と勤務時間に釣り合った収入を貰えてないという不満を抱える歯科技工士の方はとても多く、その点は歯科技工士という仕事の悪い点といえます。
また、仕事には長時間の集中が必要不可欠です。そのため、職場の人間関係に気を使わなくていいというメリットもありますが、人とのコミュニケーションが好きだという人にとっては悪い点といえるでしょう。

歯科技工士 仕事の内容

歯に関する様々な人工物を、歯科医師の指示に従って製作することが、歯科技工士の仕事内容になります。
作成するものは多岐に渡っており、虫歯治療のあとの詰め物、入れ歯や差し歯、歯の矯正装置、マウスピースなどが該当します。
人間の口の中はとても敏感で、そんな環境で使われるものを製作するわけですから、歯科技工士には技術と集中力が求められます。少しの加工のち外で患者さんの使い心地が変わってくるため、気を抜くことが出来ないといいます。

歯科技工士 仕事に必要な資格

歯科技工士になるには、国家試験である歯科技工士国家試験に合格する必要があります。この試験には受験資格というものがあり、歯科技工士を養成する大学や短大、専門学校に入学し、勉強を行わなければなりません。
歯科技工士国家試験は、知識を見る学説試験と技術を見る実地試験に分かれています。合格率は95%と言われているので比較的簡単な試験のようですが、それでも油断は禁物です。

歯科技工士 仕事に必要なスキル

仕事に必要な知識、スキルに関しては、養成施設で身に着けるものなので、とりたてて特別に必要なものは無いでしょう。
必要な素養としては手先の器用さが挙げられます。特に彫刻刀を駆使して細かい加工を行うことが仕事になるため、手先の器用さは必要なスキルといえます。
また、細かい作業が長時間続くため、忍耐力も必要といえます。歯科技術は日進月歩で進歩している技術のため、それを貪欲に吸収したいという好奇心もまた、必要な素養といえます。

歯科技工士の仕事のまとめ

現在は、本当に苦しい状況を強いられている職業といえます。スキルに見合わない収入で、長時間働き続けることを余儀なくされており、挙句に費用の安い海外や、3Dプリンターの登場により、歯科技工士は窮地に立たされた職業とまとめても過言ではないでしょう。
ですが現在、高い技術力を持った日本の歯科技工士が、海外で重宝されるというケースもあります。決して苦しい状況ではありますが、それでも一縷の望みはあるのです。
近年の待遇の悪さから、後継者不足という新たな問題も噴出しつつある歯科技工士ですが、そんな中でも、確かな技術力を売りに世界に羽ばたいていくような斬新さが、求められていのかもしれません。

スポンサードリンク

歯科技工士の仕事の年収・やりがい・本音に関連する記事

人気記事ランキング