消える職業?消えない職業?詩人の仕事の年収・やりがい・本音

お金を稼ぐ方法ネット>>お金の悲喜>>消える職業?消えない職業?詩人の仕事の年収・やりがい・本音

消える職業?消えない職業?詩人の仕事の年収・やりがい・本音

消える職業?消えない職業?詩人 仕事の年収・月収

詩人は書籍や詩集の印税、詩の朗読会に出演した際の出演料などが主な収入源となります。
ところが職業としての詩人の収入の具体的なデータはひどく少なく、月収、年収共に平均を取る意味があまりありません。それほどまでに、詩人という職業の収入は低く、他の職業と兼業しなければ生活出来ないほどなのです。
現在、詩人として絶大な人気を誇っている相田みつおさんですが、60歳になるまで、詩人として鳴かず飛ばずで、日々の生活にも困るほどの生活を余儀なくされています。それほどまでに詩人という職業の収入は少ないのです。

スポンサードリンク

詩人の仕事は、消える職業?消えない職業?

詩人は小説家や他のクリエイター職と同じく、機械やコンピュータでは代替の効かない職業です。また、詩は人が文化的な生活を営んでいる限り決して無くならないものといえます。そのため、詩人という職業がこの世から無くなることはないと断言出来ます。そういった意味では、消えない職業と言うことが出来るでしょう。もっとも、詩人という職業が生活出来るレベルの収入を得られるかどうかは別問題ですが…

消える職業?消えない職業?詩人 仕事の将来性・安定性

残念ながら、安定性、将来性共に極めて厳しいと言わざるを得ません。
まず安定性に関してですが、基本的に詩集は発行部数が少ないことで知られています。本の印税は売れた冊数に比例するわけなので、詩集がどれだけ売れようとも、詩人に入る印税の額は極めて少なくなります。よほど名が売れない限り、詩の仕事だけで生活していくのは難しいといえます。
同じことが将来性に関してもいえます。高名な詩人ですら詩の仕事だけで生活していくのは難しいわけですから、将来性も厳しいと言わざるを得ません。著名な詩人の方が、絵本や小説の執筆などの仕事も平行して行っているのはそのためです。

消える職業?消えない職業?詩人 仕事のやりがい・本音

詩人は、力を乗せた言葉で人を感動させることが職業です。そのため『励まされた』『元気がもらえた』という読者の言葉が、何よりやりがいに通じるといいます。
また収入は少ないですが、その分、詩を作るのにかける時間が短く、副業として続けることが負担にならないという本音を聞かせてくれる詩人の方もいます。

消える職業?消えない職業?詩人 仕事の良い点

やはり多くの詩人の方が、『詩人として働く時間の短さ』を良い点として挙げています。詩人という仕事は確かに収入は低いのですが、その分詩人として動く時間が非常に短くて済むのが特徴のようです。この仕事で生計を立てるのは困難なようですが、副業として考えた場合は、この点はかなりのメリットになるようです。

消える職業?消えない職業?詩人 仕事の悪い点

端的に『これだけでは生活出来ない』と嘆く方が非常に多いのが特徴です。仮に有名になったとしても、詩人の仕事だけで生活していくことは困難と言われています。それほどまでに詩人という職業は収入が低いのです。その点は悪い点と言わざるを得ません。
有名な詩人として名が挙がる谷川俊太郎さんでさえ、詩だけでなく絵本や小説、歌詞などを手がけています。それほどまでに詩人という職業は収入面で過酷なのです。

スポンサードリンク

消える職業?消えない職業?詩人 仕事の内容

詩人の仕事内容の大半は、詩を生み出すことにあります。季節や時代、感情などを短い言葉で表現し、それを読む人を感動させるような言葉を生み出します。
ただしそれだけでは生活出来ないため、絵本や小説、歌の作詞なども請け負う詩人の方が大半です。
その他には、自身の詩を人々の前で発表する朗読会などを行っている詩人の方もいらっしゃいます。

消える職業?消えない職業?詩人 仕事に必要な資格

詩人になるのに必要な資格というのは特にありません。なり方も千差万別ですが、媒体は何であれ世の中に自作の詩を発表した瞬間から、詩人と名乗ることが出来るといえます。
また、すでに小説家や絵本作家として名が知れ渡っている方が、そのまま詩人としてデビューする場合もあります。
いずれにせよ、自作の詩を発表すれば、詩人といえそうです。

消える職業?消えない職業?詩人 仕事に必要なスキル

まず大前提として、豊かな感性が必要になってきます。他の人なら目にも留めないような、日々の何気ない出来事や自然現象にも目を輝かせ、感動出来るような感受性の高さが何より必要です。
そして、それを短い言葉で端的に表現出来る言語スキルも必要です。この2つの資質が何より必要といえます。
また、相田みつおさんのように詩人で生計を立てようとした場合、自作の詩を売り込む営業力も必要になってきます。実際、相田みつおさんは自作の詩をたくさんの人や企業に売り込み、それで仕事をもらって生活していた時期があります。

消える職業?消えない職業?詩人の仕事のまとめ

『詩人は食えない』とよく言われます。小説家や絵本作家といった他の作家に比べて、詩集そのものがなかなか売れず、収入源の確保が難しいためです。純粋に詩人としての収入だけでは生活出来ず、大半の詩人の方が他の職業と兼任しています。それは、有名な詩人の人でも変わりません。
ですが、人々を感動させ、時に生きる力を与える詩人という職業は今後も無くなることはないでしょう。
現実的な理由として、『副業として負担なく続けることが出来る』というのも魅力的です。本業とは別に副業を持つのは、体力的な負担が非常に大きいことが多いのですが、詩人に関してはそれほど負担が重くないというのが、詩人の方々の本音のようです。
『副業として最適な創作活動』というのが、詩人という仕事のまとめといえるかもしれません。それでも、世の中に受け入れられ詩人としての名が有名になれば、収入の増加も決して見込めないわけではないのです。

スポンサードリンク

消える職業?消えない職業?詩人の仕事の年収・やりがい・本音に関連する記事

人気記事ランキング