動物園の飼育係の年収・やりがい・本音

お金を稼ぐ方法ネット>>お金の悲喜>>動物園の飼育係の年収・やりがい・本音

動物園の飼育係の年収・やりがい・本音

siikukkakari

動物園の飼育係 年収・月収

動物園は大きく分けて公立と民間経営の2種類があります。
給与の相場について、公立(東京都)の場合は月給およそ17万円、民間の場合は月給およそ13万円〜15万円となるようです。
公立の場合は公務員として働くことになり、その地域の公務員月収に準じるため場所によって収入には差があります。
動物による感染症などのリスクや猛獣を扱うことがあるために「特別手当」が支給され支給額が高くなる傾向もあります。
民間の場合はその動物園の「社員」として雇われることになり、月収に関しても動物園を経営している会社の給料となるため、公立動物園の月収とは異なります。

スポンサードリンク

動物園の飼育係 消える職業?消えない職業?

動物園は保護された動物を受け入れたり、種の保存のため動物を繁殖させる仕事も行っています。
希少な動物種を絶滅させないよう繁殖させるため、日本各地の動物園と協力して動物の貸し借りを行っており、協力して活動している職業です。
もちろん観光地としての重要性もあり、地域にとっては重要な収入源とも言えます。
そうした観点から、今後も動物園は必要な職業として残っていく職業です。

動物園の飼育係 将来性・安定性

公立の職員として動物園に配属されている場合、あくまでも公務員であるため安定性がありますが異動や配属替えが考えられます。
しかし、自分の意思で職にとどまることが難しい場合があります。財政面に関しては国の補助もあるため比較的安定性の高い職業といえます。
一方、民間の動物園の場合は社員になるので異動はありませんが、動物園を支える収入源は会社が捻出する必要があるため動物園が廃業する可能性は否定できません。

動物園の飼育係 仕事のやりがい・本音

動物園は観光地としての特性のほか、種の保存を目的としたやりがいのある活動を行っています。
絶滅が心配される希少な動物を保護、繁殖活動を行っており、世界的にも動物園の活動は重要となっています。自分が保護、繁殖活動を行うことで専門的な知識も得ることができるためやりがいがあります。
動物園では動物の体調管理が需要となり、勤務時間は不規則になりがちです。
重労働も多く肉体的にも心体的にもハードな職業というのが本音です。

動物園の飼育係 仕事の良い点

動物が好きな人にとっては毎日触れ合うことができ、動物園でなければ触れることのできない動物もいることが良い点です。
また、直接触れ合うことでしか知ることのできない動物の生態や専門的な知識を仕事を通して得ることができます。
絶滅危惧種の保護活動や希少種の繁殖活動で世界に貢献できることもやりがいに繋がる事も良い点です。

スポンサードリンク

動物園の飼育係 仕事の悪い点

悪い点として、勤務時間が不規則になりやすく、動物が怪我をしたり出産に立ち会う等動物に変化があった場合はずっとそばにいる必要があります。
また、猛獣を扱飼育する際には襲われる危険性もあり、感染症や病気にかかる可能性もあります。
時間に関係なく動けるように準備しておき、体調管理もしっかりとしておくことも必要です。
民間の動物園の場合、給与が多くないため仕事内容に伴った額面なになりにくいのが悪い点です。

動物園の飼育係 仕事の内容

仕事の内容は動物の飼育管理、餌やりや獣舎の掃除があります。動物によって食べる餌が違うので餌作りを毎日行い、動物の体調が悪い場合には薬を飲ませたりします。
体調管理は重要で、掃除の際に動物の糞から体調を調べたり、なにか変化が無いかを確認することもあります。
そのほか園内の補修、修理、看板の設置、イベントの企画など、動物の飼育以外の仕事内容もたくさんあります。

動物園の飼育係 仕事に必要な資格

飼育係になるために必要な資格はありませんが、仕事をする際に持っているべき資格があります。
動物を飼育するための資格なので、仕事を始める際に知識として学んでおくことも必要です。

「愛玩動物飼養管理士」
社団法人日本愛玩動物協会が公認している資格。
動物関係法令や動物愛護運動史、保健衛生、公害問題、動物の疾病予防、管理士の社会活動、各動物の飼養管理、犬猫のしつけ等の知識を体系的に習得・二級する指導として認定。2級、1級がある。

動物園飼育員 仕事に関する資格
「飼育技師資格認定試験」
動物園や水族館などの飼育係の実務能力を試す認定試験。資格は動物飼育技師と水族飼育技師がある。受験資格は、社団法人日本動物園水族館協会に加盟している動物園・水族館で2年以上飼育に従事している人。

社団法人 日本動物園水族館協会
http://www.jazga.or.jp

動物園飼育員 仕事に必要なスキル

動物園の飼育員に必要なスキルは、まず動物が好きなことです。動物園では様々な種類の動物を扱っているので、動物の扱いに関しては仕事に必要なスキルとなります。
また、勤務時間が不規則になりやすいため体力も重要です。
長時間働くことのできる体力と、重たい荷物を持ったり、大きな動物を支える力も必要なスキルとなります。
動物の体調管理を行うため、行動を観察する知識も養っていく必要

スポンサードリンク

動物園の飼育係の年収・やりがい・本音に関連する記事

人気記事ランキング