司法書士の仕事の年収・やりがい・本音

お金を稼ぐ方法ネット>>仕事・資格の年収>>司法書士の仕事の年収・やりがい・本音

司法書士の仕事の年収・やりがい・本音

sihousilyosi

司法書士 仕事の年収・月収

司法書士の収入は比較的高いと言われています。これは国家資格の中でも比較的難易度の高い試験の合格が必要な上、合格者が出過ぎないように調整されている為、希少性の高い職業となっているためです。
もちろん個人のスキルや経験による差はありますが、月収では平均で約40万円、年収でも630万円程度というデータが出ています。
中には1000万円を超える年収を稼ぐ人もいますが、経験と実績がない場合は、比較的平均的な初任給の場合が多いようです。

スポンサードリンク

司法書士の仕事は、消える職業?消えない職業?

IT化によって、今後消えるかもしれない職業の中に、司法書士が名を連ねています。特に実際に司法書士として働いている方も多くが、『書類を作るだけの司法書士の場合、IT化で仕事が無くなる』と口を揃えていっています。
今の状況ですと、個人のスキルや経験によっても左右される司法書士という職業の将来性ですが、今後もITの進歩がつまらない場合、司法書士は消える職業となってしまうかもしれません。『消えない職業』とは言い切れない危険性が司法書士にはあります。

司法書士 仕事の将来性・安定性

安定性に関しては、その働き方にもよりますが、概ね高いと言われています。特に司法書士の国家試験は合格者の人数が調整され、増えすぎないような配慮がされており、希少性が下がることはありません。その意味では、安定したニーズがあるため、安定性は高いといえます。
将来性に関しても同様に高いといえますが、司法書士は他の職種に比べて独立開業がし辛い職業であると言われています。その意味で、他の独立開業しやすい職業と比べると、低いといえるのかもしれません。

司法書士 仕事のやりがい・本音

司法書士の仕事は、仕事上のことでいろいろな人と触れ合います。中には一つの案件のために同じ依頼主と何度も顔を合わせ、その中で依頼主と仲良くなってしまう場合もあるといいます。そういった時に、自分の仕事に大きなやりがいを感じると答える人は多いようです。
また、司法書士は非常に難易度の高い国家試験を合格しなければ、なることが出来ません。そういった意味で『司法書士』として働いているということは大きな誇りになる……という本音を持っている人もいます。

司法書士 仕事の良い点

他の職業に比べ、国家資格の希少性が高く、ライバルがいないという点を良い点として挙げる人がいます。ライバルがいないということは、必然的に価格競争に巻き込まれるケースが少ないということになります。これは良い点といえるでしょう。
また、『司法書士』というと非常に世間での認知度が高く、職業を話した時の人々の感触もいいといいます。土地によっては司法書士というだけで感謝される場合もあるとのことです。それもまた、司法書士という仕事の良い点といえるでしょう。

司法書士 仕事の悪い点

報酬とバランスの取れない責任の重さを悪い点として挙げる人がいます。その司法書士という仕事は非常に責任の重い職業なのですが、その割に報酬は少ないと言われています。リラックスした環境の中で働きたい人、責任感のある仕事でも報酬をしっかりともらいたい人にとっては悪い点といえるでしょう。
また、以外とたくさんの人達と触れ合うことも、この仕事の特徴です。つまり良くも悪くも、コミュニケーションスキルがモノを言う仕事だといえます。そのため、人と接するのが余り得意ではない人にとっては、これは悪い点といえるでしょう。

司法書士 仕事の内容

個人や企業などの依頼により、法律に関する書類の作成や法律上の手続きを代行することが、司法書士の仕事です。
最も大切な仕事としては登記があります。司法書士の仕事の大半を占め、土地や建物の不動産登記、会社の登記になる法人登記といった種類があります。
また近年では、カバーする業務が拡大している傾向があります。認定司法書士の資格を取得すれば簡易裁判所で弁護士と同等の活動が出来ますし、成年後見制度や遺言書の作成と各種手続きなどに関しては、司法書士の専門分野であるといえます。

司法書士 仕事に必要な資格

司法書士となるには、国家試験である司法書士国家試験に合格しなければなりません。これは受験資格の制限こそないものの、合格率が低い、難易度の高い試験として知られています。
司法書士試験に合格した後は、全国の各司法書士会のいずれかに登録を行う必要があります。登録しながった場合や何らかの理由で除名となってしまった場合、たとえ司法書士国家試験に合格したとしても、司法書士として働きことは出来ません。
また国家試験に合格しなくても、裁判所事務官や検察事務官といった仕事を10年続け、法務大臣から認可を得ることで司法書士となることも出来ます。非常に長い年月を要しますが、確実性は高いため、よく活用されるルートでもあります。

司法書士 仕事に必要なスキル

まず必要なスキルとして、事務処理能力が挙げられます。書類の作成が仕事の中心となるため、事務処理能力は絶対に必要なスキルです。
また、勉強を苦もなく行える性格も必要なスキルといえます。国家試験は難易度の高い試験な上、合格後も度重なる法改正に追いついていくには、勉強熱心さも必要です。
意外なところでは、コミュニケーションスキルも必要なスキルといえます。司法書士はたくさんの人と触れ合う職業です。そうような状況下で依頼主の信頼を勝ち取っていくためには、相手の心をつかむコミュニケーションスキルが何より大切です。

司法書士の仕事のまとめ

非常に難易度が高い分、ステイタスの高い職業といえるのが、司法書士です。
高難易度の試験で合格者も調整されていることから、希少価値とニーズの高さは他の職業とは比較にならないでしょう。そのためライバルもおらず、安定した立場で仕事に臨むことが出来ます。
近い将来はITの台頭により仕事がなくなってくるかもしれませんが、それに呼応するかのように、近年では司法書士が活躍するフィールドも広がりつつ有ります。
『変化している職業』とまとめることが出来るかもしれません。近い将来、司法書士の仕事は今とはまったく違う仕事内容になっているかもしれませんね。

スポンサードリンク

司法書士の仕事の年収・やりがい・本音に関連する記事

人気記事ランキング