手話通訳士の仕事の年収・やりがい・本音

お金を稼ぐ方法ネット>>お金の悲喜>>手話通訳士の仕事の年収・やりがい・本音

手話通訳士の仕事の年収・やりがい・本音

sign

手話通訳士 仕事の年収・月収

現在、手話通訳士の仕事で生計を立ててている人は、日本では数十人程度と言われています。手話通訳の仕事そのものはあるのですが、スクール等で手話の技術を身につけた人が、ボランティアや『手話通訳の出来る人』としてその仕事を請け負うケースが多いためです。
実際に手話通訳士として働いた場合は、非常勤の場合は時給1000~1500円程度が相場と言われています。契約社員として雇用された場合は、月給15~18万円程度と言われ、そこから年収を換算すると約230万円となります。

手話通訳士の仕事は、消える職業?消えない職業?

近年では障害者の社会進出が進んでおり、必然的に耳の不自由や障害者と健常者の間に立って通訳を勤める手話通訳士のニーズは確実に増えています。
特に最近ではバリアフリーが叫ばれている現状があります。これからも手話通訳士のニーズは増えることはあっても減ることはないでしょう。そういったことから考えると、手話通訳士が消える職業となることはありません。
ただし現状では、その仕事の多くをボランティアの人に頼っている場面が多々あります。この状況が続くと、手話通訳士の仕事はボランティアが行う仕事という位置付けとなり、消える職業といえるのかもしれません。

手話通訳士 仕事の将来性・安定性

まず安定性に関しては、その働き方によって左右されます。ただし手話通訳士の仕事を行っているのは現在ボランティアや非正規の人が圧倒的です。手話通訳士の仕事一本で生活出来るほどの収入を得るには、よほどの本人の努力とスキルが必要と言えます。そこから考えると、安定性はないといえるかもしれません。
将来性に関しても同様です。ボランティアや非正規の職員が圧倒的に多い状況や、国や自治体があまり積極的に手話通訳に関する予算を充てていないという現状があるため、どうしても手話通訳士の収入は低くなりがちです。この状況をなんとか打破しなければ、手話通訳士としての将来性は無いといえます。

手話通訳士 仕事のやりがい・本音

手話は言語の一つであり、耳の不自由な人にとっては、唯一自由に扱う事のできる言語です。そのため、手話に寄るコミュニケーションが耳の不自由な人にとってどれだけ大切なものであるかは、想像に難しくありません。
そのため、その手話を扱う手話通訳士は人に感謝される機会が多い職業です。健常者と障害者の間に立ち、両者のコミュニケーションの橋渡しをすることで、双方からの感謝の言葉をいただけることが、何よりも強いやりがいであるといいます。
ですが本音の部分では、やはり手話通訳の仕事だけでは生活することが出来ないという点に不満を抱える手話通訳士の人もいるようです。

手話通訳士 仕事の良い点

やはり耳の不自由な人と健常者の間を通訳を介してとりもつことで、双方から感謝されるという点があります。これは他の言語の通訳の方も同様で、通訳する人独特の良い点であるといえるでしょう。
また、耳の不自由な人にとっては、手話は貴重な言語です。筆談で会話を済ませることも出来ますが、それでは微妙なニュアンスが伝わり辛いといいます。そのような中で耳の不自由な人にとって手話通訳士がどれだけ心強い存在であるか、想像に難しくありません。人にとってのそのような存在になれる職業は、そう多くはありません。これもまた、手話通訳士の良い点であるといえるでしょう。

手話通訳士 仕事の悪い点

まずなによりも、それだけでは生活が出来ないほどの低い収入が挙げられます。そのため、現在の手話通訳士の方々は、『手話も出来る社員・職員』として生活しているか、もしくはボランティアと完全に割りきって仕事をしているケースがほとんどです。これは、手話通訳士になりたい人にとっては悪い点といえます。
また、手話通訳士はそのイメージとは裏腹に、かなりの重労働であると言われています。理由は会話中に絶えず動かし続ける腕にあります。会話に手を使うため、終始動かし続けなければなりません。肩こりや頸肩腕障害といった職業病に悩まされる手話通訳士の人も多くいらっしゃいます。体力のない人にとっては、これもまた悪い点といえます。

手話通訳士 仕事の内容

基本的には、耳の不自由な人と健常者の間の会話を、手話を使った通訳で通訳するのが手話通訳士の仕事です。健常者が話す日本語を手話に通訳したり、その逆に障害者の人の手話を日本語に通訳したりします。
感情やニュアンス等も相手に伝える必要があるため、手話通訳には高度な知識と技術が要求されますが、現在では障害者施設や福祉施設などで非正規として働いている場合がほとんどです。ボランティアと割りきって手話通訳士の仕事を行っている人もおり、純粋に手話通訳士の仕事だけで生計を立てている人は全国でもほんの一握りしかいません。

手話通訳士 仕事に必要な資格

本来、手話通訳士と名乗るには、「手話通訳技能認定試験(手話通訳士試験)」に合格をしなければなりません。これは合格率20%前後の非情に難易度の高い資格試験で、学校やスクール等で充分な勉強をしなければ、合格は難しいと言われています。
しかしながら、この「手話通訳士試験」に合格しなくても手話通訳士の仕事を行うことは出来ます。手話のスキルさえしっかりと身に付ければ、ボランティアやアルバイト、また就職した企業の業務の一環として、手話通訳を行う事は可能です。

手話通訳士 仕事に必要なスキル

まずは、絶対的に必要なのが手話のスキルです。特に通訳の場合は話す人の感情や細かいニュアンスをも通訳する必要があり、単に『手話が出来る』という程度のスキルでは足りないといいます。卓越した手話のスキルは、何よりも必要なスキルといえます。
また、相手の言葉を通訳するためには、相手が考えている事、思っていることを的確に知る必要があります。そのため、相手の気持ちを考えて行動出来る沿素養も必要といえるでしょう。
併せて、福祉の仕事の一つでもある手話通訳士ですから、福祉の仕事に興味があるとなお良いといえます。

手話通訳士の仕事のまとめ

近年、会話中の言葉をテキストに起こす技術が開発されました。今後は耳の不自由な人とのコミュニケーションでの活躍が期待されています。それはいわゆる『筆談』にあたるものですが、それでは相手の感情や気持ちが分りづらいというデメリットがあり、その技術のせいで手話通訳士という仕事がなくなるかというと、そうでもないようです。これからも、手話通訳士という仕事の存在は重要度を増していくと予想されています。
その反面、生活出来ないほど低い水準の収入が問題になっています。高度な技術やスキルを求められる手話通訳士ですが、その割に収入水準が低く、ボランティアや非正規に頼っているのが実情です。
現在は手話も言語として認められており、同時に手話通訳士の社会的地位が向上しつつありますが、それでも依然として苦しい立場であることに変わりはありません。
必要な職業であり、素晴らしい職業ではあるのですが、このままでは決して魅力的な職業とまとめることは出来ないのが手話通訳士の悲しいところです。今後の改善が待たれます。

スポンサードリンク

手話通訳士の仕事の年収・やりがい・本音に関連する記事

人気記事ランキング