商社マンの仕事の年収・やりがい・本音

お金を稼ぐ方法ネット>>所詮この世は金と愛>>商社マンの仕事の年収・やりがい・本音

商社マンの仕事の年収・やりがい・本音

商社マン 仕事の年収・月収

他の業界で働く人に比べ、商社マンの収入は高いといえます。20代でも平均で年収500万~800万円、月収で35~50万円という人もザラです。特に大手で働く商社マンの給与は高い傾向があります。
収入が多い理由の一つで、残業が多い職種である、という点があります。高い年収には残業代が結構な割合で多く含まれるほどに、仕事は多忙を極めます。
また海外赴任も多く、その場合は別途手当がついてさらに基本給が上がることもあります。商社マンは多忙を極める職業ですが、その分高額な収入が期待できる職業です。

スポンサードリンク

商社マンの仕事は、消える職業?消えない職業?

現在、世界中の国と取引が出来る世界において、商社マンの存在は益々光り輝いています。特に総合商社の活躍がめざましく、商品だけにとどまらず資源やエネルギーへの投資も行い、そこから収益をぐんぐんと伸ばしている現状があります。
今後もグローバル化の並が収まるということは考えにくいため、必然的に商社の活躍も留まることはないでしょう。ということは、商社マンが活躍する場は今後もなくなることはありません。
ゆえに、商社マンという職業は消えない職業ということが出来ます。今後も消える職業となることは考えにくく、今後益々活躍の場を広げていくことが予想されています。

商社マン 仕事の将来性・安定性

安定性に関しては、文句のつけようがありません。確かに多忙を極める職業ではありますが、その分高い収入が約束されています。働き続ける限り、お金に困るという自体に陥ることはないでしょう。
将来性に関しても同様に高いといえます。特に昨今ではグローバル化に伴う総合商社の活躍が目立っています。今後も商社マンが活躍する場は広がり続けていき、能力の高い人はその分さらなる高い収入を得ることが出来るでしょう。特に若手が早い段階で活躍する場が多いため、若い人にとっても将来性の高い職業であるといえます。

商社マン 仕事のやりがい・本音

商社マンの仕事の特徴として、大金を動かす仕事であるという点があります。一度に数億、数百億という莫大なお金を動かす仕事は、商社マンでない限りそうそうありません。そのような巨大なお金を動かす仕事に携わることは、緊張感溢れる仕事であるものの、成功すればこの上ないやりがいとなります。この点をやりがいとして挙げる人は非常に多いです。
また、同年代に比べて高い収入を得ることも、この商社マンの特徴です。もちろんその分仕事内容がキツいという側面もあるのですが、高い収入は生活と気持ちに余裕を与えてくれます。その点が魅力的……とストレートな本音を持つ商社マンの人も多いようです。

商社マン 仕事の良い点

多くの人が、『自身の成長が如実に感じられる』といいます。新しいビジネスチャンスに貪欲に食いつき、試行錯誤をするのが商社マンの日常です。そのため、そんな毎日を繰り返すうち、自然と論理的思考や交渉術が身につき、短期間で成長できるためです。この点は非常に良い点であるといえます。
また、若い人が重要な案件に携わるチャンスが多いという点も魅力的です。成果を出せばさらに大きなプロジェクトを若いうちにまかせてもらえることになります。野心を持つ若い人にとっては、それもまた良い点といえます。

商社マン 仕事の悪い点

多くの人が、『競争が激しい』という点を悪い点として挙げます。切磋琢磨といえば聞こえはいいですが、実際には何十人、何百人といるライバルたちに負けないよう、日々がんばって努力をしていかなければなりません。仕事の上でもゆとりを持ちたい人、プレッシャーを受けたくない人にとっては、この点は悪い点といえるでしょう。
また、務める会社にもよりますが、商社マンは転勤が多く、時に海外赴任もあるという点も悪い点といえます。特に海外赴任に関しては、時に治安が悪い国や発展途上な国への赴任を指示されるケースもあり、一概に良い点ばかりではありません。一つの土地で長く勤めたい人、日本で働き続けたい人にとっては、悪い点といえるでしょう。

スポンサードリンク

商社マン 仕事の内容

食料品から通信衛星まて、ありとあらゆるモノを世界中と取引するのが商社で、その商社で総合職として営業などに携わる人のことを『商社マン』と一般に呼びます。
商社マンの仕事内容は、自分が担当する取引の種類に関して情報を仕入れ、相手と交渉し、有利な条件で取引を行うことです。相手は国内外を問わず、動かすお金も数億、数百億と非常に高額です。
昨今では商社が取り扱う品も多岐にわたっており、モノだけでなくIT事業や資源開発などの権益を得るための投資なども行っているところがあります。商社の存在感は、今も輝きを増しています。

商社マン 仕事に必要な資格

商社マンになるのに必要な資格は特にありませんが、大学卒業以上の学歴が求められます。またその際、経営や金融、ビジネスについて阿南でいると、比較的優遇される傾向があるようです。
併せて、海外とやりとりするシーンが多いため、英語力を鍛えておくと良いようです。特にTOEIC800点以上を取得しておくと、商社に勤める上でアピールポイントになるようです。
実際に商社マンの仕事についた後に、様々な資格を取得を取る人も多いようです。なるために必要な資格はありませんが、仕事を行う上であると便利な資格というのはとても多いようです。

商社マン 仕事に必要なスキル

多くの人が、コミュニケーション能力を必要なスキルとして挙げます。多くの人と関わり、交渉で互いの利益をすり合わせながら仕事をこなす場面が多いため、相手の話から要望をキチンと理解し、交渉力に秀でるためにも、コミュニケーション能力は必要なスキルと言えます。
また、商社マンの仕事の一つとして、『新たなビジネスチャンスに挑戦する』というものもあります。そのため、新たなチャンス見つけに行く、旺盛な好奇心も必要なスキルと言われています。
加えて、海外の人と接する機会が多い関係上、語学力に優れていると有利でしょう。最低でも英語のスキルを身につけておくとよいと思われます。

商社マンの仕事のまとめ

現在の日本においては花形の仕事の一つといっても過言ではありません。
莫大なお金を動かし、世界中と取引をして人々の生活に貢献する。このような仕事はちょっと他にはありません。商社に勤める人々のことを『商社マン』と特別な呼び方をしていることからも、そのことがわかります。
その分、仕事内容は多忙を極める大変さです。巨額のお金を動かすプレッシャーにも耐えなければなりません。非常に大変な仕事です。高額な収入に見合う大変さが、商社マンという仕事なのです。
『日本ビジネスの花形』というまとめがこれほど似合う職業はありません。今後日本国内外でさらに輝きを増していく職業というのが、この商社マンという仕事のまとめといえるでしょう。

スポンサードリンク

商社マンの仕事の年収・やりがい・本音に関連する記事

人気記事ランキング