シューフィッターの仕事の年収・やりがい・本音

お金を稼ぐ方法ネット>>所詮この世は金と愛>>シューフィッターの仕事の年収・やりがい・本音

シューフィッターの仕事の年収・やりがい・本音

シューフィッター 仕事の年収・月収

シューフィッターとしての仕事の年収のデータは現在のところ存在せず、あくまで靴屋さんで働く人のデータとなりますが、平均で年収約350~400万円、月収では約25万円程度と言われています。働く場所は靴専門店や百貨店など様々ですが、特に百貨店で働いている場合ですと、百貨店の給料収入と同レベルとなり、高い水準が期待出来ます。
シューフィッターの資格を取得することで手当がつく場合が多々あるとのことで、靴屋さんで働く店員たちは、シューフィッターの資格を取ることを推奨されています。

スポンサードリンク

シューフィッターの仕事は、消える職業?消えない職業?

現在はあまり知名度は高くありませんが、シューフィッターの仕事は人々の健康と生活に密接に関わる靴に携わる仕事のため、将来性が高いと言われている職業の一つです。実際に将来性が高いかどうかは別にして、お客さんの足のサイズや特徴に合わせた靴をチョイスする手助けがシューフィッターの仕事である関係上、今後もシューフィッターの仕事はなくならないといえます。
そのため、消える職業ではないと言えないでしょう。靴が存在し続ける限り、決して消えない職業と言えます。

シューフィッター 仕事の将来性・安定性

現在、シューフィッターのニーズが高まってきているというデータがあります。靴は人々の健康に直結する装身具なため、一人ひとりに合ったものを選択する必要があるためです。その手助けをするのがシューフィッターであり、健康に対する意識が高まってきている昨今、靴にもその注目が集まっています。
ニーズの面から考えると、シューフィッターの仕事は将来性、安定性ともに高いといえます。ただし給与面から考えると、あまり高い水準とはいえないため、働く会社や資格取得により、給与のアップを自ら計画的に動かなくてはいけないようです。

シューフィッター 仕事のやりがい・本音

靴は、履く人の健康に大きな影響を与える装身具です。足の形はひとりひとり異なり、またその人の全体重が常にかかっているため、その足を保護する靴はトラブルが発生しやすく、一人ひとりにあった靴をチョイスする必要があります。
そのため、お客さんにベストな靴をチョイスすれば、お客さんの信頼を得ることが出来ます。この点を仕事のやりがいとして挙げる方が非常に多い様です。
また、お客さんの信頼を得ることができれば、それが新たなお客さんを呼びこむことにも繋がります。それがうれしいという本音を持っているシューフィッターの方もいるようです。

シューフィッター 仕事の良い点

靴は、履く人の健康に影響を及ぼします。特に全身の骨格に影響を与えやすく、合う靴と合わない靴では、その差は歴然です。ですが現実問題として、中々靴にまで考えが及ばない……という方も多いようです。
シューフィッターとして働く人は、家族や親族の靴を精査することで、健康的な生活を補佐することが出来ます。その点を仕事の良い点として捉えるシューフィッターの方が多いようです。

シューフィッター 仕事の悪い点

やはり人の健康にも重大な影響を及ぼす可能性のある仕事ですから、非常に慎重な判断や作業が求められるケースが多く、その点で苦労しているシューフィッターの方が多いようです。お客さんはシューフィッターのことを信頼して靴のチョイスを任せてくるので、その信頼に応えるためにも、謝った判断は出来ず、誠実な対応が求められます。いい加減に仕事をしていると、お客さんの健康にも悪影響を及ぼしてしまうという点は、シューフィッターの仕事の悪い点といえるかもしれません。

スポンサードリンク

シューフィッター 仕事の内容

シューフィッターの仕事はお客様の靴を選ぶ手助けをすることです。足はひとりひとり形状が異なり、場合によっては全身の健康に影響を及ぼす大切な装身具です。そのため、その人の足の特性に合った靴を選択する必要があるのですが、それは素人にとっては中々難しいことです。
そのためシューフィッターは、その人の足の形、求める靴の種類、歩き方などから、たくさんの靴の中からその人に合った靴をチョイスし、お渡しします。その人にとってぴったりの靴を選ぶことは、その人の健康を守ることにも繋がるのです。

シューフィッター 仕事に必要な資格

シューフィッターになるために必要な資格は特にありませんが、民間資格の『シューフィッター』というものがあります。プライマリー(初級)、バチェラー(上級)の2つのグレードが有り、バチェラーは実務経験がなければ取得出来ません。
なり方ですが、靴屋や靴の小売を行う企業、百貨店などに就職するのが一般的です。その上で、シューフィッターの資格を取得するのが一番の近道といえます。

シューフィッター 仕事に必要なスキル

資格取得の際にも必要になる知識として、医療や健康に関する知識、特に足に関連する知識は必須といえます。シューフィッターの資格取得の際には、足の疾患とその解消に関する知識などが必要になってきます。
また、接客業の一つでもありますので、周囲への気配りや話し好きといった、接客において強みになるスキルを持っていると、仕事に対する非常に強い武器となるでしょう。
別の側面として、色彩感覚やファッションに関する知識を持っていると、装身具として靴を見た場合、大きな強みになるようです。

シューフィッターの仕事のまとめ

現在、シューフィッターの仕事が注目を集めています。人々の健康への意識の高まりと、靴が健康に及ぼす影響が見直され、シューフィッターがそれに携わる仕事のためです。
近年ではシューフィッターが在籍している靴屋は大変な人気を誇っており、今後もこの傾向は続く予想されています。今はまだあまり知名度の高くない仕事ですが、そのうちに人気職業の一つとなるかもしれません。
シューフィッターの仕事は『頭角を表しつつある足のスペシャリスト』とまとめることが出来ます。シューフィッターの仕事は、健康面からもファッション面からも、高い人気を持ちつつあります。

スポンサードリンク

シューフィッターの仕事の年収・やりがい・本音に関連する記事

人気記事ランキング