縫製工の仕事の年収や月収は勤務形態で大きく違う!手先が器用であることが必須

お金を稼ぐ方法ネット>>お金の悲喜>>縫製工の仕事の年収や月収は勤務形態で大きく違う!手先が器用であることが必須

縫製工の仕事の年収や月収は勤務形態で大きく違う!手先が器用であることが必須

縫製工の仕事の年収・月収

縫製工の仕事は縫製工場に勤めて、ミシンなどを扱う仕事なので、どちらかというと女性が多い職場になります。そのため、正社員ばかりでなくパート職員や派遣社員の立場の人も多くなっています。パート職員の場合の月収は、平均で10万円前後で、契約社員だと月収は13万円前後ですが、正社員の場合だと年収が400万円前後になります。

スポンサードリンク

縫製工の仕事は、消える職業?消えない職業?

どんなに機械化が進んでも、縫製のパーツには手作業でないと作ることのできない部分があるため、縫製工の仕事は今後も必要とされ、消えない職業です。また、アジアから輸入されてくる安い値段の衣類に対抗するためにも、丁寧な縫製がされていることを前面に押し出して販売する必要がありますので、技術力の高い縫製工はますます必要となるでしょう。

縫製工の仕事の将来性・安定性

人口減少により、アパレル製品の販売枚数自体は減ってきていますが、これまでの概念を打ち破るような、男女差や年齢差を感じさせないファッションが考案されてきています。そう言う点からも縫製工の仕事の将来性は明るいものと言えるでしょう。また、縫製の高い技術力を獲得することで、その安定性も確固たるものになるに違いありません。

縫製工の仕事のやりがい・本音

縫製工の仕事のやりがいは、「この服の縫製はきちんとしていて着やすいね」などと、顧客から縫製の腕前を褒められた時に感じる事ができるでしょう。まら、その衣類をデザインしたデザイナーからそういうことを言われた時にも、やりがいを感じる事ができるでしょう。ただ、そのような技術を獲得するには長い年月が必要で大変だと言う本音も聞かれます。

縫製工の仕事の良い点

縫製工の仕事の良い点は、自分の好きな「縫製」という仕事で暮らしていけるという点でしょう。自分がその服の製作全般に関わっていなくても、「どんな服が出来上がるんだろう」と考えながら、ミシンなどで縫っていくのは、とても楽しい仕事です。また、多くの仲間とひとつの物を作り上げていく喜びも、この仕事の良い点としてあげられるでしょう。

縫製工の仕事の悪い点

縫製工の仕事の悪い点は、基本的に勤務時間の最初から最後まで、ミシンなど機械に向かって縫製をする仕事なので、肩こりや腰痛、目の疲れなどを感じやすくなるという点です。 また、同じパターンの繰り返しの仕事でもあるので、疲れてくると飽きてくるという点や流れ作業で仕事が進んでいくので、気が抜けないという点も縫製工の仕事の悪い点としてあげられるでしょう。

縫製工の仕事の内容

縫製工の仕事の内容は、基本的にアパレル製品の製造になります。その過程はいくつにも分かれていて、パターンに従って裁断された布地にいろいろなパーツを付けていったり、ボタンやポケットなどの付属物を縫い付けたり、裏地や芯地を付けたりします。ほとんどが工業用ミシンを扱って縫い合わせていくことが、縫製工の仕事です。

スポンサードリンク

縫製工の仕事に必要な資格

縫製工の仕事に必要な公的な資格はありません。手先が器用で、ミシンの扱いが上手であれば、誰でもできる仕事です。就職してから、工場で技術指導をしてくれるところもあります。ただ、「婦人子供服製造(縫製)技能士」など、それぞれの分野での技能試験がありますので、これらを受験して「級」を取得しておくと、就職の際に有利になります。

縫製工の仕事に必要なスキル

縫製工の仕事に必要なスキルは、まずは手先が器用であるという点です。手縫いだけでなく、ミシンも扱いますが、その際にも手先の器用さは要求されます。また、縫製は各パーツを扱う人たちが集まって、チームワークでひとつの製品を作り上げていきますので、同じチームの人たちと仲良く仕事ができる対人関係のスキルも必要になってくるでしょう。

縫製工の仕事のまとめ

店頭でどんなに気に入った服が見つかっても、袖口や裾がほつれていては、その魅力も半減してしまいます。縫製は、きちんとされていることが当たり前ですので、逆に言えば、ちょっとした些細なミスも許されるものではありません。きちんとした技術力で、ちゃんと縫製されている製品を世の中にたくさん送り出すことができる縫製工が、今後も求められていくことでしょう。

スポンサードリンク

縫製工の仕事の年収や月収は勤務形態で大きく違う!手先が器用であることが必須に関連する記事

人気記事ランキング