サーチャーの仕事の年収・やりがい・本音

お金を稼ぐ方法ネット>>お金の悲喜>>サーチャーの仕事の年収・やりがい・本音

サーチャーの仕事の年収・やりがい・本音

サーチャー 仕事の年収・月収

サーチャーの収入は本人の経験や実績、能力によってかなりのバラつきがあると言われています。一応、平均で年収500万円、月収で35万円前後というデータが出ていますが、これはあくまで目安でしかなく、300万円以下の人もいれば800万円以上を稼ぎだすサーチャーもいます。派遣やアルバイトでは、時給1000円~1500円程度が相場と言われています。
資格の取得や成果のアピールなどで年収が上がると言われており、そういったことで収入のアップを目指す方もいらっしゃいます。

スポンサードリンク

サーチャーの仕事は、消える職業?消えない職業?

昨今では、データベースはもちろんのこと、インターネット上にも膨大な情報が溢れかえっています。その膨大な情報の中から必要な情報を選び出すのは非常に高度な知識と技術が要求されます。データベースやネットから必要な情報を抽出して加工し、分かりやすい形にするサーチャーの需要は高まっており、今後も重要な立ち位置となっていくことが予想されます。
そのため、サーチャーは消えない職業ということが出来ます。今後益々活躍の場が増えてくることが予想されることを考えると、消える職業ではないといえます。

サーチャーの仕事の将来性、安定性

将来性でいえば、かなり高い職業であるといえます。近年ではインターネットやデータベースに膨大な情報が溢れかえっており、その情報をうまく活用することが求められています。その中から必要な情報を抽出するためには、技術と経験が求められるためです。今後益々サーチャーの立場は重要なものになっていき、収入も上がっていくことが予想されています。
安定性に関しては、働き方によります。企業に勤める社員として働いている方であれば安定しているでしょうし、非正規で働いている場合は、あまり安定しているとはいえません。

サーチャー 仕事のやりがい・本音

何度も申し上げておりますが、現在は情報が溢れかえっており、ビッグデータともよばれるそれらの中から必要な情報を抽出することは困難を極めます。ですが以前に比べて検索技術やコンピューターの性能も向上しています。情報を抽出するためのツールも充実してきており、以前では信じられないような精度の情報が抽出できるようになってきています。そのことにやりがいを感じ、ワクワクすると答える方が多くいらっしゃいます。
ただし、休日はしっかり取れてもその分勤務の日は夜遅くまでコンピューターと格闘する日が多いようで、その点を不満に感じる……という本音を持っている方もいらっしゃるようです。

スポンサードリンク

サーチャー 仕事の良い点

サーチャーには情報の抽出だけでなく、抽出した情報を元にした分析も求められます。そのため、コンサルティング業務などにも応用の利きやすいスキルを身に着けることができ、その点を良い点と考えている方も多いようです。
また、勤務日は夜遅くまで働く事が多いものの、休日はしっかりと取得出来るケースが多いようで、プライベートの時間をしっかりと持ちたい方などにとっては、その点も良い点といえるでしょう。

サーチャー 仕事の悪い点

基本的にデスクワークなので、運動不足に陥りやすく、体調を崩しやすいという点を悪い点として挙げる方が多いようです。体を動かすのが好きな人にとってはキツいかもしれません。
また、サーチャーの仕事はIT関連の仕事の一つです。ITといえば技術の速度が早く、身につけた技術が陳腐化するのが早い業界でもあり、その進歩に追いつくためには日々勉強をし続けなければなりません。それもまた、悪い点といえます。

サーチャー 仕事の内容

世界中のデータベースにアクセスし、必要な情報を抽出して分かりやすい形に加工し、分析することがサーチャーの仕事です。近年ではインターネットから情報を抽出するケースも増えているようです。
必要に応じて、テキスト処理のためのプログラムを自分で作成したり、日本語処理向けの言語リソースを自分で作り上げる場合もあります。
抽出する情報は多岐にわたります。特許情報や図書館での書籍の情報、科学技術や情報管理等が代表的なものです。海外のデータベースにアクセスする必要があるケースもあります。

サーチャー 仕事に必要な資格

サーチャーになるのに必要な資格は特にありませんが、サーチャーの検定試験として『検索技術者検定』というものがあります。これを取得していれば、技術の証明になります。
なり方ですが、基本的には大学や専門学校でデータベースに関する知識を身につけた後、大手企業や検索を専門に扱う会社に就職するのが一般的です。また近年では副業としてサーチャーの仕事を紹介しているケースも多いようです。
実務経験が求められる傾向のある職業ですので、まずは学校を卒業した後、企業の調査部門や特許部門、データベース検索代行業者に就職するのが一番の近道です。

サーチャー 仕事に必要なスキル

まず何よりも、検索スキルが必要になります。検索スキルは何もネットでの検索だけでなく、データベースの扱い方なども範疇になります。使い方だけでなく、必要な情報にたどり着くための検索のコツというのが、特に重要になります。
また、パソコンを多用するので、パソコンスキルも必要になるでしょう。表計算ソフトに代表されるOffice系のソフトに精通しているとよいようです。
場合によってはツールを自作する必要がある場合もあり、その場合はプログラミングのスキルを持っていると有利なようです。
また、必要な資質として『探究心』と『根気強さ』を挙げる方が多くいらっしゃいます。必要な情報にたどり着くのは容易ではなく、あくまでそれを追求していく探究心と根気強さは必要な資質のようです。

サーチャーの仕事のまとめ

現在では特に重要な職業となりつつある仕事の一つといえます。近年では情報の蓄積と、それの活用が非常に重要視されており、その分野で活躍するサーチャーという職業に注目が集まっています。
確かに膨大な情報から目当ての情報を探り当てることは容易ではありません。たとえ高いスキルを持っていたとしても、根気が必要になってきます。
そんな中で、有用な情報を的確にハイスピードで探り出す事ができれば、そのサーチャーは貴重な存在として重宝され、収入のアップも期待できます。
まさに情報に溢れた現代を象徴するかのような職業です。『現代の象徴』という言葉が、サーチャーという仕事のまとめにふさわしい言葉なのかも知れません。

スポンサードリンク

サーチャーの仕事の年収・やりがい・本音に関連する記事

人気記事ランキング