生活保護の金額は母子家庭でどのくらい?

お金を稼ぐ方法ネット>>お金の悲喜>>生活保護の金額は母子家庭でどのくらい?

生活保護の金額は母子家庭でどのくらい?

生活保護費の母子加算は段階的に廃止の方向

生活保護というのは、地方自治体によって支給される金額が異なってきます。

母子家庭は通常よりも手当が厚いことから、
相対的に高額の費用が支払われているようでもあるのです。

ただ、政府の方針もあり、
今後は母子加算が段階的に廃止されることがすでに決まっています。

そのため、現在よりも支給される額は、
段階的にではあるものの減額されていくこととなるようです。

スポンサードリンク

子供が二人いるご家庭では、地方都市と首都圏では数万円の開きがあります。
支給額は12万円から17万円の当たりが平均となっているようです。

生活保護というのは、
近年受給者の増加にともなってその見直しが政府や地方自治体で行われています。

外国人に対する保護費の支給は違法

先月ですが、最高裁判所にて外国人に対する保護費の支給は違法であるとの判決が出たところです。
中国人や韓国人、北朝鮮人への生活保護費の支給がダントツで多く、
母子家庭の数も圧倒的多数です。

現在では、地方自治体の裁量によって生活保護費が支給されていますが、
この最高裁の違憲判決が今後影響をおよぼすことは必死です。

政府が保護費の支給金額を見直すことを宣言し、
すでに見直しが始まっています。

地方自治体によっては支出の大半を保護費に費やしているところも出ているほどで、
否応なく見直しが必要とされているのも事実であります。

財政支出における保護費が占める割合も年々高まっており、
アベノミクスがそれほどうまく言っていないのかという声も出始めています。

さらに、政府はすでに人材不足を補うために外国人労働者の受け入れを決めており、
順次受け入れが始まっています。

労働力としての外国人労働者の受け入れが生活保護費用増大化の原因にも!

移民と生活保護の問題は不可分ではなく、
労働力として受け入れた外国人労働者が失業した場合にはどうするかという課題が残されています。

このままの制度で行けば、
外国人労働者が失職した際にはすぐさま保護費が支給されることとなります。

このような状況が続けば、
労働力として受け入れたはずの外国人労働者が、
結果的に財政的な負担となってしまうことは近い将来予想できることなのです。

また、外国人労働者を少子化対策の一環として受け入れようという案が出ていますが、
その労働者世代が高齢者を呼び寄せた場合は一気に日本の高齢化が加速することにもなりかねません。

人口バランスと財政状況を見て現在の保護制度は否応なく見直しがなされる必要があります。
将来的な財政負担を減らす上でも保護費の見直しは、
現段階で行われる必要があるのではないでしょうか。

スポンサードリンク

生活保護の金額は母子家庭でどのくらい?に関連する記事

人気記事ランキング