政治家秘書の仕事の年収・やりがい・本音

お金を稼ぐ方法ネット>>仕事・資格の年収>>政治家秘書の仕事の年収・やりがい・本音

政治家秘書の仕事の年収・やりがい・本音

seijikahisilyo

政治家秘書 仕事の年収・月収

政治家秘書の収入額は、公設秘書と私設秘書の違いによってかなりの開きがあります。
公設秘書の場合、給与は国から支払われます。公設秘書は3人いて、それぞれ給与に違いがあります。平均すると、月収では40万円前後、年収でも700万円以上はあります。その他にも住居や通勤といった各種手当があり、かなりの高収入が期待出来ます。
一方、私設秘書の場合は各議員の事務所から給与が支払われます。月収では15~25万円程度が最も多いようです。中にはアルバイト程度の収入や、インターン生として給与がないケースもあるようです。

スポンサードリンク

政治家秘書の仕事は、消える職業?消えない職業?

基本的には、日本の政治を司る政治家の秘書という職業のため、日本という国が存在しつづける限りは、その仕事も無くなることはないでしょう。そのため公設秘書、私設秘書に関わらず、政治家秘書という職業は消えない職業ということが出来ます。
個人の安定性という観点ではまた別の話になりますが、職業全体で見た場合は、政治家秘書が消える職業となることはないでしょう。この国が存在し続ける限り、政治家秘書という職業も存在しつづけます。

政治家秘書 仕事の将来性・安定性

安定性に関しては、他の職業に比べて低いと言われています。担当する議員が落選してしまった場合、その秘書は職を失ってしまうためです。また職を失った後も、特殊性の高い仕事の為転職がしにくく、かつ機密を知る業務上、他の議員の秘書となることも難しいという現状があります。国家公務員扱いのため雇用保険もありません。高収入で高待遇な代わりに、このようなデメリットもあります。
将来性に関しては未知数といえます。先程述べたとおり、いくら待遇のよい仕事であっても、常に職を失う危険性と隣合わせであることから、将来性は低いという側面はあります。
しかしながら現在、有能な秘書が安定的な雇用を確保出来るような取り組みが行われ、『政策担当秘書』の試験などが注目を集めています。そのようなことから考えていくと、雇用の不安定さが改善される可能性もあります。その意味では、将来性は高いのかもしれません。

政治家秘書 仕事のやりがい・本音

多くの政治家秘書の人が、間接的とはいえ国を動かす現場に関われることをやりがいとして挙げています。
議員が国の課題について対策案を出す際、秘書が必要書類を集め、議員の考えがまとまるのをサポートし、他の議員や秘書たちと連携して対策案がスムーズに可決されるように努めます。
このようにして自身が関わった対策案が、時に社会を変化させる時もあります。そうやって間接的に国の政治に関われることが政治家秘書のやりがいであり、政治家秘書を続ける理由の本音であると答える人は多いようです。

政治家秘書 仕事の良い点

なんといっても、その高収入が魅力の一つでしょう。公設秘書ともなれば、その収入は他の職業の何倍もの収入を得ることが出来、さらに高待遇です。このような仕事は他に無く、これは政治家秘書の良い点であるといえます。
また、多くの政治家秘書の方が、『情報収集とコミュニケーションスキルが身につく』といいます。政治家秘書は、日常的に議員の支援者や要望を伝えに来る人たちと会います。その繰り返しの中で、たくさんの情報を仕入れ、その人たちの心の動き読み、千差万別の来訪者たちとの接し方が自然と身についてきます。こういった点も、政治家秘書ならではの良い点であるといえるでしょう。

政治家秘書 仕事の悪い点

担当する議員が選挙に落選すると、秘書も職を失う事態になります。議員が落選する理由は様々ですが、中には秘書の努力ではどうにもならないような理由で落選し、失職する場合もあります。そうなると、中々転職がしづらく、他の議員の担当となることも簡単ではありません。そのように、中々安定しないという点は悪い点といえます。
また、長時間労働と休日返上が珍しくないというのも、政治家秘書の悪い点です。政治家秘書の求人票を見ると、『土日出勤、時間外労働有り』の文字は必ず見つけます。それほどまでに残業や休日出勤が珍しくないのです。これもまた、プライベートな時間をしっかりと確保したい人にとっては、悪い点といえるでしょう。

スポンサードリンク

政治家秘書 仕事の内容

基本的には、議員のサポートを行うことが政治家秘書の仕事内容となります。政治活動に関わることから身の回りの雑用まで、政治家秘書が行う事は様々です。選挙の時は選挙応援のために駆けずり回り、ホームページなどの広報活動や車の運転等、非情にバラエティに富んだ仕事内容といえます。
また議員は、『公設第一秘書』『降雪第二秘書』『政策担当秘書』と3人の公設秘書を持つことが出来ます。特に『政策担当秘書』は議員主体の政策立案を目指して近年新しく設けられたもので、製作の調査や研究、委員会質問案の作成といった専門的な仕事を行います。

政治家秘書 仕事に必要な資格

政治家秘書になるのに必要な資格は特にありません。唯一『政策担当秘書』になるには『政策担当秘書資格試験』という難関の国家試験に合格する必要があります。
なり方ですが、これも人によって様々です。一番多いのは縁故による採用で、知り合いに議員を紹介してもらうことで、政治家秘書になるケースがほとんどとのことです。
特にそういうコネクションがない場合は、政治家に自分を売り込むことが大切です。どのようなルートであれ、議員に認められて雇用されれば、それで秘書になれます。

政治家秘書 仕事に必要なスキル

基本的には、議員から厚い信頼をえられるかどうかが重要といえます。そのため政治家秘書には、抜きん出たスキルが求められる傾向があります。
特に必要と言われているのが、真面目さ、礼儀正しさ、臨機応変さ、口の堅さ、記憶力の良さと言われています。
また、政治家秘書は時にブレーン的な役割で立ち回る場合もあります。そのため法や政治について常に勉強を指定なければならず、勉強熱心さも必要なスキルといえます。
このように、政治家秘書として頭角をあらわすためには、かなりたくさんのスキルが必要といえるでしょう。

政治家秘書の仕事のまとめ

公設、私設に関わらず、とてもやりがいのある仕事といえます。政治に携わり、収入も比較的高い……こういった職業は他に類を見ません。
その分、仕事内容は多忙を極める上、安定性の面から考えると安心して働くことの出来ない職業といえますが、それを補って余りある魅力に溢れた仕事です。
政治家秘書になるための道のりは一筋縄ではいかないケースも多いですが、やりがいを求める人であれば、目指してみるのもいいかもしれません。能力の高さと人間性が求められますが、何物にも代えがたいやりがいを手に入れることができるでしょう。
『あらゆる能力が求められる、やりがいある職業』とまとめることが出来るかもしれません。必要なスキル、安定性など、求められるものはとても多いですが、その分はやりがいでカバー出来るといっても過言ではないでしょう。

スポンサードリンク

政治家秘書の仕事の年収・やりがい・本音に関連する記事

人気記事ランキング