証券アナリストの仕事の年収・やりがい・本音

お金を稼ぐ方法ネット>>所詮この世は金と愛>>証券アナリストの仕事の年収・やりがい・本音

証券アナリストの仕事の年収・やりがい・本音

証券アナリスト 仕事の年収・月収

証券アナリストの収入は他の職業に比べ、やや高い傾向があります。平均は年収では600~700万円、月収では56万円というデータがあります。
年齢を重ねるほど有利な仕事と言われ、700万円前後でスタートした年収が50代後半の段階で1300万円以上の収入を得る場合もあります。外資系企業に勤めている証券アナリストの場合はさらに高い収入を得る場合もあります。
ただし、年齢的な意味での限界が早い職業でもあり、その分の収入を先取りしているという見方も出来ます。一般的な大卒の生涯賃金が2億5000万で、証券アナリストの生涯賃金が2億6000万というデータからも、それがわかると思います。

スポンサードリンク

証券アナリストの仕事は、消える職業?消えない職業?

現在は非常に収入の良いイメージの強い証券アナリストですが、将来はやや悲観的な見方がなされています。経済、産業の専門家によるアンケートによると、証券アナリストという仕事は将来、『生き残るには顧客との信頼』、『現在よりもより深い分析』が必要になり、しかも給与水準が低下して人材確保が難しくなると予想されています。
現在の状況ではなかなか考えづらい部分ではありますが、将来この予想通りになったとすれば、供給が追いつかなくなり、消える職業となってしまうことも充分考えられます。絶対に消えない職業とは言い切れないでしょう。

証券アナリスト 仕事の将来性・安定性

安定性に関しては文句のつけようがありません。高い収入を得ることが出来る職業ですので、誠実に仕事をこなしていれば、お金に困るということはないと思います。
問題は将来性に関してです。確かに収入は良いのですが、証券アナリストは年齢的限界が早いと言われています。情報分析には対応は出来ますが、どうしても年齢とともに判断力が低下するためです。そのため、証券アナリストの人たちのリタイアは他の職業に比べ早いと言われています。
さらなる年収アップを目指して職場を変える人も多く、若干早いリタイアをどう受け止めるかによって、将来性は変化してくるといえます。

証券アナリスト 仕事のやりがい・本音

証券アナリストという仕事は非常にハイレベルな情報分析、高いレベルの語学力、複雑で高度な特殊技能が必要と言われています。そのため、仕事そのものが非常にハイレベルで難易度が高く、そのような証券アナリストの仕事をこなすこと自体がとてもやりがいがあると答える人が多いようです。
また、この仕事は成功すれば高額な収入になりますが、失敗すれば大きな損失が発生してしまうケースが非常に多く、プレッシャーが大きい仕事です。ですがその分、成功したときの喜びは何物にも代え難い……という本音を持つ人も多いようです。

証券アナリスト 仕事の良い点

多くの人が、『仕事内容に刺激がある』という点を良い点として挙げます。証券アナリストの仕事は、時に巨額のお金を運用することもあります。国内外で起こっていることを冷静に分析し、方向性を予想していくこの仕事は、他の仕事ではなかなか味わえない緊張感があります。また、たくさんのプロフェッショナルと意見を戦わせる機会も多く、刺激を受ける場面が多いとのことです。
また、頑張ればその分収入アップに繋がるという点も魅力的です。特に野心を持つ若い人にとっては、頑張ればその分が収入アップに繋がるというのは、良い点といえます。

証券アナリスト 仕事の悪い点

証券アナリストの仕事にストレスはつきものです。時に巨額の損失が発生してしまうこともあり、そのストレスは想像を絶するものです。その点は悪い点といえるでしょう。
また、自分の力ではどうすることも出来ない社会情勢の煽りを受けてしまい、大きな損失を被るケースもあります。そうならないためにも深い分析が必要になるのですが、それだけではどうにもならない場合も多々有ります。自分がコントロール出来ない要因のある仕事が苦手な人にとっては、悪い点といえるでしょう。

スポンサードリンク

証券アナリスト 仕事の内容

金融市場の専門家として、株式や債券、商品取引などの各市場など経済動向を俯瞰して分析するのが、証券アナリストの仕事内容です。
信託銀行などに勤め、企業の財務状況の分析、市場の分析などを行い、中期的、長期的な視点で見通しを立て、投資の判断材料とします。
大半の人が銀行や外資わ勤めていますが、フリーで働く証券アナリストの人も中にはいます。そういう人の場合、収入は会社勤めの人に比べてやや少ないようです。
また、会社勤めでも雇用保障というものがなく、実績が出せなければ即首を切られるということも決して少なくないようです。

証券アナリスト 仕事に必要な資格

証券アナリストになるのに必要な資格は特にありませんが、民間団体が主催する『証券アナリスト』という資格試験があります。試験は1次と2次があり、合格率は約50%というところから、やや難しい資格の部類に入ります。
なり方ですが、大学を卒業した後、証券会社や信託銀行、生命保険会社などに入社するのが一番の近道のようです。証券アナリストの資格もそれらの企業に勤める人が取得しているのが一般的で、さらに現場では資格よりも実績が重視される傾向があるようです。

証券アナリスト 仕事に必要なスキル

証券アナリストの仕事に一番必要なのは対人関係のスキルです。
人とコミュニケーションを取り、自分の意見を持ち発言する事が求められます。
また、専門的な見方も必要となります。
特に普段の様子と違う事を早期に気付く事が出来れば、病気を未然に防ぐ事が出来ます。
更に、自分の体を守る為に、正しい介護技術を身に付ける事も必要です。

証券アナリストの仕事のまとめ

金融業界の花形的職業が証券アナリストです。水準の高い収入や、専門性の高い難しい仕事など、まさに経済の中心で働く職業といっても過言ではありません。
その分、プレッシャーも重い職業です。たったひとつのミスや、自分ではどうにもならない社会情勢で巨額の損失を出す可能性もあったりと、簡単に出来る仕事ではありません。
資格の取得も難しく、誰でも出来る、誰にでもおすすめできる仕事ではないというのが難しいところです。リタイアする時期が他の職業よりも早いという点が、それを物語っています。
将来の見通しも中々明るいとはいえない部分はありますが、それでも現在は花形といえます。やはり現在の花形職業というのが、この仕事のまとめといえるでしょう。

スポンサードリンク

証券アナリストの仕事の年収・やりがい・本音に関連する記事

人気記事ランキング