システムエンジニアの仕事の年収・やりがい・本音

お金を稼ぐ方法ネット>>お金の悲喜>>システムエンジニアの仕事の年収・やりがい・本音

システムエンジニアの仕事の年収・やりがい・本音

se

システムエンジニア 仕事の年収・月収

システムエンジニアの給与は専門職にあたるため、平均に比べ給与はやや高い傾向があり、平均で年収約550万円、月収で約40万円となっています。ただし、所属する企業や働き方、個人の経験によってかなりの個人差がある職業でもあります。
システムエンジニアは納期が近くなると残業が増えたり徹夜仕事が増える場合が多く、そのため多くは裁量労働制の年棒制が取られているケースが増えています。その場合は残業代が出ません。そのため給与そのものは高くても、時間給で見た場合は非常に低いケースがあります。

スポンサードリンク

システムエンジニアの仕事は、消える職業?消えない職業?

今日、『システムエンジニアほど定義が曖昧な職業はない』と言われています。そのため、現在ではシステムエンジニアとして一括りにされていた職種を細分化させ、新たな呼称をつけようという動きが活発になっています。
『システムエンジニア』という呼称が海外では別の意味合いで使われている関係もあり、そのうち『システムエンジニア』ではなく、担当する業務に応じた名前で呼ばれることが増えてくる可能性はあります。その意味では、システムエンジニアは消える職業となる可能性があります。
一方で、IT技術者を総括して『システムエンジニア』と呼びつづける可能性もあり、呼び名という意味では消えない職業であるといえるでしょう。

システムエンジニア 仕事の将来性・安定性

将来性、安定性共に高い職業であるといえます。日々の生活にITが身近になった今日ですから、そのソフトウェアの開発と管理に携わるシステムエンジニアの存在感は、今後益々高まってくるでしょう。IT企業だけでなく、他の業種の企業でも、自社内のIT関連を管理させるために、積極的にシステムエンジニアを募集している傾向があり、システムエンジニアにとっては、就職、転職がし易い状況が今後も続くと思われます。
そのことを鑑みた結果、将来性、安定性ともに高い職業といえます。

システムエンジニア 仕事のやりがい・本音

開発に携わるシステムエンジニアの場合、自身の提案やシステム設計が採用された際、非常に大きなやりがいを得られるといいます。また、ソフトウェア開発はものづくりの一貫なので、大規模案件が無事終了したときなどは、何より大きなやりがいを得ることが出来る……と答える方が多くいらっしゃいます。
また、開発会社のシステムエンジニアの場合は非常に過酷な働き方を強いられるケースが多いですが、逆に一般企業に所属するシステムエンジニアの場合は、比較的残業も少なく、体に負担のない働き方が出来ます。そのため、転職して一般企業の社内SEになりたい……という本音をもってらっしゃる開発会社のシステムエンジニアの方もとても多いようです。

システムエンジニア 仕事の良い点

システムエンジニアは、一つの会社に所属した期間の長さよりも業務経験の長さが重視される傾向があるため、しっかりとした技術を持ち経験と実績を積んでいれば、職を失うようなことになっても比較的次の職業につきやすいという点が、良い点であるといえます。
また、IT業界の進歩は日進月歩です。そのため、最新技術を常に学び続けなければいけませんが、逆に言えば、勉強することが好きな人、最新技術に触れたい人にとっては、そこは良い点であるといえます。勉強を行っていれば自身のスキルアップにもつながり、さらなる躍進も期待できるでしょう。

システムエンジニア 仕事の悪い点

所属する企業にもよりますが、大半のシステムエンジニアは、開発時に納期が迫ると残業や休日出勤が当たり前になります。その割には裁量労働制のために給与が伸びず、その点を不満に感じる方が多いようです。その点は悪い点といえます。
また、人間関係で悩むシステムエンジニアの方も多くいるようです。偏屈な仕事仲間や仕事の出来ないプログラマーも多く、人付き合いがあまり得意ではない人にとっては悪い点といえます。
併せて、体調を崩しやすい職業なようです。視力の低下や腰痛、ひどい場合はうつ病の発症も多いようで、社会問題にもなっています。

スポンサードリンク

システムエンジニア 仕事の内容

ソフトウェアの開発から運営、保守など、ITに関する非常に多くの範囲をカバーしているのがシステムエンジニアの特徴です。
よく混同される職業として『プログラマー』がありますが、プログラマーはプログラムを書くのが仕事なのに対し、システムエンジニアはプログラミング以外にもデザインや設計など、ソフトウェア開発全般に携わるのが仕事です。
非常に多くのことをカバーする必要がある、定義が曖昧な職業ですので、近年では、システムエンジニアという呼称をやめ、仕事内容でさらに細分化させようという動きがあります。

システムエンジニア 仕事に必要な資格

システムエンジニアになるために必要な資格は特にありません。
なり方ですが、大学や専門学校で情報工学や専門知識を勉強した後、IT開発会社に就職。プログラマーやデザイナー、先輩システムエンジニアのアシスタントとして経験を積んだ後にシステムエンジニアとなるケースが一般的です。
また、場合によってはプログラマやデザイナ、もしくは一般企業内でパソコンに詳しいという特技を持っていた方が、知らないうちにシステムエンジニアになっているケースもあります。特に一般企業の場合、パソコンの管理を任され勉強を繰り返していたら、知らないうちにシステムエンジニアという役職についていたというケースが多いようです。

システムエンジニア 仕事に必要なスキル

まずは、ITに関する専門知識が必要不可欠です。特にIT関連の技術は日進月歩で進化しつづけ、半年や1年で新しい技術が生まれてきます。そのため、常に最新の技術を求め、勉強し続ける必要があります。
また、依頼主や仕事仲間など、人と接するケースが多い職業でもあるので、必要な情報を聞き取り、必要な情報を過不足なく伝えるコミュニケーション能力も必要不可欠です。
併せて、残業の連続や徹夜仕事に耐えられる体力も必要になってくるでしょう。非常に過酷な仕事なため、体力と精神力が重要なファクターとなってきます。

システムエンジニアの仕事のまとめ

仕事の定義が曖昧で、任される仕事の幅が非常に幅広く、それでいて深い知識と経験が要求されるのがシステムエンジニアです。
そのため経験と実績が重要視されており、中々なるのが難しい職業といえます。たとえシステムエンジニアとなれたとしても、期待された通りの活躍が出来ず、心身ともに疲弊して退職していく人も多い職種ではあります。
近年でもシステムエンジニアへの期待と需要は伸び続けています。今後も恐らく増えることはあっても、システムエンジニアの需要自体は減ることはないでしょう。
『心身共に高負担ながら、リターンも大きい』というのが、システムエンジニアという仕事のまとめといえるかもしれません。

スポンサードリンク

システムエンジニアの仕事の年収・やりがい・本音に関連する記事

人気記事ランキング