学校職員の収入・年収は550万円前後。学校の運営にまつわる業務を一手に引き受ける職業

お金を稼ぐ方法ネット>>お金の悲喜>>学校職員の収入・年収は550万円前後。学校の運営にまつわる業務を一手に引き受ける職業

学校職員の収入・年収は550万円前後。学校の運営にまつわる業務を一手に引き受ける職業

学校の運営に携わる仕事の中には、学校職員と呼ばれる影のサポート役ともいえる職業が存在します。

学校の運営を支え、教師と協力して生徒を守っている学校職員とは、どのような仕事を行っているのでしょうか。

年収や仕事内容等について詳しく見ていきましょう。

1.学校職員とは?教師とは違う仕事?

学校職員とは、全国の小中高校、大学、専門学校などに勤務している事務やその他業務を行う職業の人々を指します。

学校職員という名称は状況により、教師などを含めた学校に所属している全ての職員を表すこともありますが、一般的には教師以外の事務職員や管理・技術関係の職員を指していることが多くなります。

ちなみにその場合、授業やクラスを受け持つ職員のことは教職員・教育職員等と呼ぶことで区別されています。

学校職員は授業を持たないため生徒と触れ合うことは少なくなりますが、その分学校の運営や管理を支える、影の立役者的な職業です。

2.学校職員の仕事内容について

学校職員は、学校の運営にまつわる業務を一手に引き受ける職業です。

例えば施設や備品の管理、職員の給与計算や福利厚生の手配、証明書や奨学金の手続きなど日常的な学校運営に関わるものはもちろん学校職員の仕事です。

さらに、入学・転入手続きや受験や説明会の準備といった季節行事まで、教職員と連携しながら学校が円滑に運営されるように仕事を進めているのです。

学校職員の仕事内容は上記のように非常に多岐にわたる為、通常の場合は一つの学校に対し複数の学校職員が在籍し、それぞれが仕事を分担して受け持っています。

大きな学校になると学校職員の数も増えるため、まるで一般会社のように人事担当、経理担当、備品・施設担当といったように業務内容が分かれている場合もあります。

3.学校職員の給与・平均年収

学校職員の平均年収や給与は、在籍している学校の規模や雇用形態、経験年数によって違いが大きくなります。

とはいえ、公立の小中高校に勤めている学校職員の場合は平均給与が約30万円程度、年収は550万円前後と言われており、そこまで激しい差は無いようです。

一方で、私立学校の職員はその学校の運営状況や規模によって同じ年齢で同じ勤務年数の学校職員の給与にも大きく差が出てしまうことがあります。

生徒数が多く人気が高い学校の学校職員として働いている場合、ベテランになると年収1000万円以上になる人もいるほどで、勤める学校選びは給与面に強く影響すると言えるでしょう。

4.学校職員になる為に必要な資格とは

学校職員として働くには、勤務希望の学校が私立か公立かによって必要な資格が異なります。

まず、私立の場合は学校が独自の求人募集を立てているので、その要件に合った学歴や資格があるかが重要となります。

公立学校の学校職員になりたい場合は、各自治体が行っている「地方公務員採用試験」において学校職員の該当する項目の試験に合格しなければなりません。

自治体によって、名称は様々ですが学校職員・学校事務といった名前で表記されていることが多くなります。

最後に、国立大学などで学校職員を目指す場合には「国立大学法人等職員統一採用試験」に合格し、その後の二次試験も合格しなければならず難易度が高い選択肢となっています。

5.学校職員に向いている人の特徴

学校職員という仕事は、仕事に対する正確さと生徒が親しみやすい人間性を兼ね備えた人が向いている職業です。

仕事の内容的に、細かな数字を扱う事務作業や金銭の管理に携わる業務が発生することが多く、仕事に対する正確で堅実な姿勢が求められます。

また、仕事上で生徒や教師のプライベート情報を目にすることも多いので、人に安易に仕事内容を話さないような真面目な性格の人も学校事務に向いていると言えます。

それに加え学校内では生徒と触れ合う機会が多い仕事でもある為、生徒から敬遠されにくく親しみやすい気質を持ち合わせていれば、より一層学校職員に向いていると言えるでしょう。

6.学校職員として働くメリット

学校職員という仕事は、長く学校に在籍し運営や生徒の生活をサポートする仕事です。

そのため、経験を積んでいくと学校事務・管理のスペシャリストとして活躍することも不可能では無く、教員や生徒からも信頼できる専門スタッフとして頼られる存在になれるでしょう。

さらに、学校職員として働いていると授業などでは直接子供たちに関わらなくても、校内で生徒の成長に触れる喜びを感じることができます。

他の学校職員や教職員と一緒に、生徒にかけがえのない学校生活や青春を提供でき、その感受性を間近で見守れるというのは非常に大きなメリットではないでしょうか。

7.学校職員の悪い点やデメリット

学校職員が受け持つ広い業務範囲は、やりがいを感じる一方で仕事が重なると手一杯になりやすく、上手くスケジュールしないと仕事が溜まり、忙しい毎日を送らなければならないこともあります。

そういったデメリットを回避するには、日々どのように動けばスムーズに仕事が行えるのか、業務の割り振りはどうすれば効率的になるのか等を考え事務や管理スキルを高めていくことが重要です。

また、学校内では外部との窓口役として学校職員が駆り出されることも多く、結果的に保護者と教師のパイプ役を担わなければならない場面も出てきます。

現代ではモンスターペアレントと呼ばれるような横暴な保護者も話題になるように、時には難しい場面の調整を行わなければならないというデメリットもあります。

そういった仕事は人間関係特有の気苦労も多く、ストレスが溜まってしまうこともあります。

しかし学校職員の影の努力があるからこそ職員が教育を充実される場を作り、子供たちの学校生活を守っていく礎となります。

子供の青春を守る影のサポート役、学校職員

学校職員というのは、子供のころは「先生じゃないのに学校に入る人」というイメージがあったかもしれません。

しかし、大人になってから学校職員について学んでみると、この仕事が如何に重要で、学校を守る為の大切な役目なのかが分かってきますよね。

子供の健やかな成長の場を守る、そんな仕事に興味が湧いたら、学校職員という道を自分の進む道に定めてみるのもいいのではないでしょうか。

スポンサードリンク

学校職員の収入・年収は550万円前後。学校の運営にまつわる業務を一手に引き受ける職業に関連する記事

人気記事ランキング