スクールカウンセラーの仕事の年収・やりがい・本音

お金を稼ぐ方法ネット>>所詮この世は金と愛>>スクールカウンセラーの仕事の年収・やりがい・本音

スクールカウンセラーの仕事の年収・やりがい・本音

スクールカウンセラー 仕事の年収・月収

スクールカウンセラーは現在、正規雇用の人はあまりおらず、そのほとんどが非常勤の体制をとっているケースがほとんどです。そのため、収入は時給換算で計算され、安定した収入はあまり期待出来ないのが現状です。現在では、月収、年収共に平均して低いのが現状です。
人や地域によって異なりますが、現在のスクールカウンセラーの時給は5000円前後と言われています。額面だけで見ると決して悪く無い時給ではありますが、一週間のうちに働ける時間は約8~12時間前後……とかなり少ないのが現状です。そこから計算すると、スクールカウンセラーの平均年収は約140~210万円となります。

スポンサードリンク

スクールカウンセラーの仕事は、消える職業?消えない職業?

近年では、スクールカウンセラーの必要性がさらに上がっています。子どもたちの環境が以前に比べて変化してきており、いじめや不登校、発達障害の子どものサポートに加え、近年では教師や保護者の方たちの相談に乗るという役割も担いつつあります。
学校という環境において、今後益々スクールカウンセラーという存在の重要度が増しつつありますので、これからもスクールカウンセラーが消える職業となることはないでしょう。消えない職業として残り続けるものと思われます。

スクールカウンセラー 仕事の将来性・安定性

現状では、将来性、安定性共に低いと言わざるを得ません。
安定性に関してですが、現状ではそのほとんどが非常勤、つまり非正規雇用です。専門知識が必要な職業なので時給は比較的高い水準ですが、その分働ける時間が非情に短く、結果としてトータルの収入はとても低い水準となっています。その上非常勤ですので安定せず、契約が打ち切られれば収入はゼロになります。そういった意味で、安定性は低いといえます。
将来性に関しても同様で、スクールカウンセラーの仕事は新人でもベテランでも一律の時給換算で雇用、契約されるという特徴があります。そのため、長く仕事を続けていてもあまり収入アップなどはありません。その意味では、将来性も低いと言わざるを得ません。
現在はスクールカウンセラーの雇用環境の改善が叫ばれています。近年では特にスクールカウンセラーの人数が増加し、学校での重要度が増している事実があるため、環境の改善が今後なされる可能性もあります。

スクールカウンセラー 仕事のやりがい・本音

スクールカウンセラーは教師とはちょっと違った視点で子どもたちの成長を見守る職業です。そのため、教師たちと同様の、あるいはそれ以上の子どもたちからの信頼を得ることの出来る職業です。その点にやりがいを感じる人たちは多いようです。
大きな悩み事を抱えた子どもから相談を受け、その子どもが悩みを解決したことを報告に来てくれた時が、スクールカウンセラーにとって大きなやりがいを感じる……という本音を持っている方は多いようです。

スクールカウンセラー 仕事の良い点

まず単純に、その高い時給が挙げられます。これは生活を支える程度ではありませんが、パートタイムやアルバイト感覚で働く分にはとても魅力的です。短い時間で効率よくお金を稼ぐことが出来るという点では、副業として捉える分には良い点であるといえます。
また、スクールカウンセラーという仕事は、子どもだけでなく、そのご両親や教師たちからも信頼を勝ち取ることが出来る仕事です。人の役に立つ仕事がしたい……という人にとっては、これも良い点であるといえます。

スクールカウンセラー 仕事の悪い点

スクールカウンセラーは非情に重い責任を担っている仕事です。理由は様々ですが、近年では子どもたちの自殺や度を越えた暴力などが社会問題になっており、そういった問題から子どもたちを守るのが、スクールカウンセラーの重要な仕事となっています。大袈裟に言うと、スクールカウンセラーは子どもの命を守るのが仕事です。リラックスした環境の中で仕事をしたい人にとっては、この重圧は悪い点であるといえます。
また、その重厚の割に雇用環境が決して良好ではない点も悪い点といえます。時給は高い水準ですが、非正規雇用で保険や保障がなく、年収ベースで考えると低い収入など、まだまだ改善の余地があります。これもまた、悪い点といえるでしょう。

スポンサードリンク

スクールカウンセラー 仕事の内容

基本的には、学校に通う子どもたちの心のケアを行うのが、スクールカウンセラーの仕事です。
比較的新しい職業であり、子どもたちの相談を真摯に受け止め、その子どもが抱える悩みを解決するためのアドバイスをしたり、働きかけをします。悩みの内容は様々で、『グチを聞いて欲しい』という軽いものから『いじめで悩んでいて、自殺を考えている』という深刻なものまで様々です。それらを的確に把握し、話をきいてあげたりアドバイスをしたり、時には心のケアを行って本格的な治療を促したりします。
場合によっては、教師や保護者との連携も重要になります。また近年では、教師や保護者も自身では解決しきれない悩みを抱えているケースがあり、それらを解消することも、スクールカウンセラーの重要な仕事の一つとなりつつあります。

スクールカウンセラー 仕事に必要な資格

スクールカウンセラーになるのに必要な資格はありませんが、現場において圧倒的に重要視されるのが、『臨床心理士』の資格です。
臨床心理士の資格は「指定大学院」「専門職大学院」を卒業した後、試験に合格する必要があります。そのため、資格の取得はかなり大変です。
実際に資格を取得した後は、各都道府県の教育委員会のwebサイトを確認し、求人が出ているかを確認するのが1番の近道と言われています。特に秋から冬にかけての次期が、求人数が多いようです。

スクールカウンセラー 仕事に必要なスキル

まず、『臨床心理学』の知識が必要なスキルといえます。人間の心の問題を研究し、そのトラブルを解決するための有効な手段を学ぶという学問ですが、スクールカウンセラーにとっては必須の知識といえます。
また必要な資質として、スクールカウンセラー自身の人間性も挙げられます。相談をしに来る子どもたちの中には、傷ついた子どもや自暴自棄になっている子どもなど、様々です。そういった子どもたちの相談に真摯に取り組み、誠実に向き合っていく人間性はなにより重要と言われています。

スクールカウンセラーの仕事のまとめ

現在では非常に存在が重要視されている職業がスクールカウンセラーですが、その待遇は決して良いとはいえません。子どもたちを見守る大切な職業でありながら、非正規で安定しない収入、保障や保険が受けられない……といった、悪い点が浮き彫りになっています。
確かに専門性が高い職業なので時給面は高い水準ですが、この仕事だけで生活出来るかとなると、中々難しいところです。
ですが、環境改善の声が大きい点や、この職業自体が比較的新しい職業である点などから、ある程度の悪い待遇は仕方のない面もあります。今後益々重要度が増していく職業ですので、待遇が改善される可能性もあるでしょう。
まだまだ未発達な部分のある職業ですが、現代社会においては必要不可欠な職業とまとめることが出来ます。子どもたちや教師、保護者を守るスクールカウンセラーの仕事は、今後も重要度を増していくことでしょう。

スポンサードリンク

スクールカウンセラーの仕事の年収・やりがい・本音に関連する記事

人気記事ランキング