【笹井芳樹の家族、高校、給料、年収は?「STAPは本物の現象」会見!】

お金を稼ぐ方法ネット>>お金の悲喜>>【笹井芳樹の家族、高校、給料、年収は?「STAPは本物の現象」会見!】

【笹井芳樹の家族、高校、給料、年収は?「STAPは本物の現象」会見!】

笹井芳樹の家族、高校、給料、年収は?「STAPは本物の現象」会見!

笹井芳樹氏は理研で小保方氏と一緒にSTAP細胞の論文を書いています。
一説では、論文の9割は笹井芳樹氏が書いたとか・・・。

スポンサードリンク

小保方氏は9日の会見で「200回以上STAP細胞の作製に成功した」と力説しました。

でも、具体的な証拠は、

何一つ出すことはしませんでした。

これを受ける形で、
笹井芳樹氏が、記者会見を行います。

笹井芳樹氏は、超エリートです。
次期ノーベル賞の最有力の一人と目されています。

笹井芳樹氏プロフィール

1962年兵庫県生まれ、愛知県立旭丘高等学校を卒業。
親族の多くは医学方面に進んでおり、1980年には笹井も京都大学医学部へ進学した。

大学では理学部教授であった岡田節人の講義を聞き、発生学にも興味を持った。
1982年から1986年にかけて、京都大学医化学第一講座で実験や研究の基礎を学ぶ。

医化学第一講座と第二講座の交流の良さを指摘し、生化学や分子生物学の第一線を感じ取れたこと、
「基礎医学の研究は自分の個性をそれぞれ生かしてやってゆくことができるんだ」
「一度医療を通して人間・生命の本質を感じる中で研究を選びたい」と思っていたことを述懐している。

早石修の最終講義では、笹井が在校生代表として謝辞を述べた。
1986年3月には京都大学医学部を卒業し、
同年6月から神戸市立中央病院で2年間の研修を受ける。

研修を通して神経系に興味を持ち、
1988年に京都大学大学院医学研究科へ入学した際には、
中西重忠の元で研究に取り組んだ。1993年、京都大学博士(医学)を取得。

笹井芳樹氏と小保方氏に、

何やら

怪しい関係があるのではないかと言われています。
この記者会見は、

興味津々ですね。

小保方氏を寵愛していたといわれている笹井芳樹氏・・・。

週刊文春によると、
笹井氏は、小保方氏を強くユニットリーダーに推薦!
年収1000万円を与えています。
しかも、
「僕のシンデレラ」と呼んでいたそうです。

また、小保方氏の捏造問題が勃発してからは、
映画「ボディ・ガード」の女性主人公を守る役をやった俳優になぞらえて「僕はケビン・コスナーになる!」
と断言していたそうです。

笹井芳樹氏と小保方氏は、かなり深い関係のようですね。

こんな怪しいうわさが流れる中、

笹井芳樹氏の家族が、今、どんな思いをしているのか、
気になります。

スポンサードリンク

笹井芳樹氏は、万能細胞でノーベル賞に最も近い人と、呼ばれたほどの人です。
IPS細胞の山中教授に先を越され、焦ってはいたでしょうが・・・。
地位も名誉も最高の部類です。

それほどの人ですから、
笹井芳樹氏には、降るように縁談があり、
当然、結婚されて、
お子さんもいるでしょう。

ただ、
色々は筋から探ってみましたが、
笹井芳樹氏のプライベートな情報は、
全く、わかりませんでした。

理研も、小保方氏に全責任を負わせながら、
笹井氏を守っているのでしょうから、
そのガードは厚いです。

笹井氏のご家族の方たちの心労も重いでしょうから、
そっとしておきましょう。

笹井芳樹氏の記者会見は4月半ばには開かれそうです。
笹井氏は、
「STAPはreal phenomenon(本物の現象)だと考えている」
と主張しています。
小保方氏の捏造問題については、
「こうした事態を迎えた責任は私の指導不足にあり、大変心を痛めた」と
話しています。

笹井芳樹氏が記者会見で、
何を話すのか、
STAP細胞は、本当にあるのか無いのかが
注目されます!

関連記事

【小保方晴子・盗用の魔女・年収1000万円超!普通の博士研究員(ポスドク)はワーキングプア?健康保険・退職金無し?のブラックな実態】の記事はこちら

【小保方晴子・盗用の魔女の万能細胞(STAP細胞)若返り効果で再生医療マーケットは1.6兆円、寿命が300歳を超える全くのウソ!】の記事はこちら

【小保方晴子・STAP細胞に若山教授が駄目だし!割烹着のリケジョまさか女・佐村河内!?捏造暴露!?】の記事はこちら

スポンサードリンク

【笹井芳樹の家族、高校、給料、年収は?「STAPは本物の現象」会見!】に関連する記事

人気記事ランキング