印刷営業マンの仕事は消える職業・無くなる仕事?年収・やりがい・本音とは?

お金を稼ぐ方法ネット>>お金の悲喜>>印刷営業マンの仕事は消える職業・無くなる仕事?年収・やりがい・本音とは?

印刷営業マンの仕事は消える職業・無くなる仕事?年収・やりがい・本音とは?

印刷営業マン 仕事の年収・月収

印刷営業マンの仕事の月収は、およそ20万円から30万円、年収はおよそ300万円から400万円となります。
印刷営業マンは働く会社によっても年収は異なり、残業代やボーナスの額にも差があります。印刷会社は夜遅くまで仕事をすることも多く、インターネット広告の需要が増えているため印刷業界の業績も落ち込んでおり、あまり年収は高くありません。

スポンサードリンク

印刷営業マンは、消える職業?消えない職業?

印刷営業マンは今後も消えない職業ですが、印刷業界はインターネット広告の台頭により業績が伸び悩んできています。
印刷営業マンは得意先への営業がほとんどで、定期的に営業を行って仕事を受注します。しかし、残業時間が長く大手印刷会社以外は受注もどんどん減少してきており、離職率が高くなっています。
印刷営業マンの職業は消えませんが、働く場所は減少傾向にあります。

印刷営業マン 仕事の将来性・安定性

印刷営業マンの仕事の将来性は、大手の印刷会社以外だと非常に業績も厳しく、受注単価も安くなっているためあまり期待できません。しかし、就職した会社の営業をしっかりと行い、実績を積んでいけば重要な役職につける可能性もあります。
印刷営業マンは、安定性のある収入を得ることは可能ですが、高い収入を得ることは難しく残業時間も多いため、生活のリズムが崩れやすいのが難点です。

印刷営業マン 仕事のやりがい・本音

印刷営業マンの仕事のやりがいは、クライアントからの受注を受け、その要望をしっかりと確認して求められる水準の成果物を届けることができた時にやりがいを感じます。
印刷営業マンは、受注した仕事を単純にこなすだけではなく、クライアントと顔を合わせる機会も多いため、潜在的な問題を掘り起こして相談にのることもあり、大きなやりがいがあります。
しかし、作業時間に対して収入が少なく、離職率が高くなりがちなのが本音です。

印刷営業マン 仕事の良い点

印刷営業マンの仕事の良い点は、未経験からでも仕事ができる点で、基本的な営業マナーや社会人経験があれば仕事が始められる点です。
印刷営業マンは何度も打ち合わせに行ったり、受注後の校正をしたり、クライアントとの信頼関係を作ることができます。そうすることで継続して仕事を受注できるようになれば業績も安定することが良い点です。

印刷営業マン 仕事の悪い点

印刷営業マンの仕事の悪い点は、残業時間が長くなりやすい点です。月に100時間を超えることもあり、深夜作業も多くなりがちです。
さらに印刷データの入稿直前に修正があった場合、完成するまで立ち会わなければならないなど、業務時間が長くなります。
印刷営業マンは新規受注のための営業、クライアントとの打ち合わせ、入稿データの確認と校正など作業が多くなります。受け持つ仕事が増えるほど仕事量が増えることも悪い点です。

スポンサードリンク

印刷営業マン 仕事の内容

印刷営業マンの仕事の内容は、既存のクライアントへのルート営業と、新規クライアント獲得のための営業活動です。営業は電話で行うこともあれば、直接会社へ出向いて説明をすることがあります。
印刷営業マンは受注した印刷の仕事について、クライアントとしっかり打ち合わせをして、受け取ったデータの確認、校正を行って印刷を開始します。
クライアントが満足する印刷を行い、信頼関係を作ることで継続的に仕事へ繋げていきます。

印刷営業マン 仕事に必要な資格

印刷営業マンの仕事に必要な資格はありません。会社に就職する際に求められる資格としては自動車の運転免許です。
印刷営業マンはクライアントの元に直接出向いて打ち合わせや営業をすることがほとんどで、時間に関係なく移動しなければならないこともあります。公共の交通機関では移動の時間がかかりすぎるため、車での移動が必要となります。

印刷営業マン 仕事に必要なスキル

印刷営業マンの仕事に必要なスキルは、コミュニケーションスキルと、なにより体力が一番必要です。
印刷営業マンは毎日様々なクライアントの元へ出向いて営業を行い、打ち合わせを行います。クライアントの求めるものが何かを聞き出すコミュニケーションスキルが必要となります。
印刷データを入稿するまでは残業時間も多くなりがちなので、体調管理も重要なスキルとなっています。

印刷営業マン 仕事のまとめ

印刷営業マンの仕事は、既存のクライアントへのルート営業、新規顧客を獲得するための新規営業を行います。クライアントに直接会ってどんなものを作るかを打ち合わせして確認し、それを実現するためのプランを提示します、場合によっては企画書などを作成して持ち込むこともあります。
印刷営業マンは残業も多く体力が必要な仕事でもあります。クライアントとデザイナーを繋ぐ橋渡し役が印刷営業マンです。

スポンサードリンク

印刷営業マンの仕事は消える職業・無くなる仕事?年収・やりがい・本音とは?に関連する記事

人気記事ランキング