セールスエンジニアの仕事の年収・やりがい・本音

お金を稼ぐ方法ネット>>お金の悲喜>>セールスエンジニアの仕事の年収・やりがい・本音

セールスエンジニアの仕事の年収・やりがい・本音

salesengin

セールスエンジニア 仕事の年収・月収

セールスエンジニアの所得は通常の営業職に比べ、やや水準が高い傾向があります。平均で見た場合、年収では約300万円、月収では約20万円となっています。通常の営業と比べ、知識と技術が高い水準で求められる立場のため、このような所得額になっているものと思われます。
また特徴として、どのような企業に属していても年収や月収にバラつきがないのも特徴です。月収で見た場合、大半のセールスエンジニアの方が20万円~25万円程度の収入を得ているようです。

スポンサードリンク

セールスエンジニアの仕事は、消える職業?消えない職業?

セールスエンジニアは営業職と技術職の両方の要素を併せ持っており、依頼主と交渉して自社サービスの契約を取り付けたり、逆に依頼主の要望を技術スタッフに伝えたりという風な仕事内容になります。
そのため、仕事としてのセールスエンジニアは消えない職業といえます。営業という職業自体が消えることがないので、その延長線上ともいえるセールスエンジニアの仕事は消えることはないでしょう。
ただし、今後営業スタッフに高い水準の技術や知識が当たり前のように求められる時代になった場合、セールスエンジニアという職業は消え、『営業』という大きなくくりに入ってしまう可能性はあります。

セールスエンジニア 仕事の将来性・安定性

安定性に関して言えば、やはりセールスエンジニアは会社に雇われる社員という立場なので、それなりに安定した職業といえます。また、通常の営業とは異なり、高い水準の技術を持っているため、仮に職を失うような事態になったとしても、その技術や経験を活かして次の職場は比較的スムーズに見つかると思われます。
将来性に関しては中々難しく、もともとエンジニアとして経験を積み重ねてきた方がセールスエンジニアになるのが一般的です。また、所得のデータを見るに、あまり経験や年齢による所得の差というものがない傾向があります。そのため、将来性で見た場合、セールスエンジニアという職業にはあまり魅力はないのかもしれません。

セールスエンジニア 仕事のやりがい・本音

セールスエンジニアは会社の営業戦略を技術的な立場から支える事ができることに、大きなやりがいを感じている方が多くいらっしゃいます。
また、セールスエンジニアに求められるスキルはかなり広範囲に渡っています。そのため、この仕事を通して習得できるスキルも非常に幅広く、その分、一つの仕事をやり終えた時の達成感は強いようです。
また、やはり営業職の一つですので、外出する機会が非常に多く、『お気に入りの靴がすぐダメになる……』と悲しい本音を漏らす方もいらっしゃいます。

セールスエンジニア 仕事の良い点

セールスエンジニアが担当する仕事内容は非常に幅広く、その分求められる知識やスキルも幅広いものになっています。そのため、セールスエンジニアで培われた技術やスキル、テクニックは、その後コンサルタントなどのさらなるステッップアップに確実に活きてくるケースが非常に多いようです。多種多様なスキルを身につけられるということは、非常に良い点です。
また現在、セールスエンジニアという職業の需要の多さに反し、セールスエンジニアは人手不足と言われています。そのため、セールスエンジニアとなれば会社にとって貴重な人材となることが出来るでしょう。それもまた、良い点です。

セールスエンジニア 仕事の悪い点

やはり技術スキルを持つ営業なので、セールスエンジニアに求められるスキルは幅広く、営業職としてのスキルと技術職としてのスキルの両方を兼ね備えてなければなりません。その割に所得があまり高くなく、その点を悪い点として挙げる方が多くいらっしゃいます。
また、セールスエンジニアはよく現場に狩り出される職種ですが、求められる役割は現場ごとに違います。ある現場では講習会の講師、ある現場では技術サポート、また違う現場では依頼主との交渉……という様に、あらゆる現場でセールスエンジニアが求められます。その点に苦労をする人も多く、一つの仕事に集中して取り組みたい人にとっては悪い点といえます。

スポンサードリンク

セールスエンジニア 仕事の内容

営業職と技術職の両方の要素を持つのが、セールスエンジニアという仕事です。主にIT業界で活躍する職種で、営業スタッフと共に依頼主の元に向かい、技術的なサポートを行いながら相手との契約に向けて折衝を行います。場合によっては、自ら交渉をする必要が出てくる場合もあります。
自社サービスを相手に導入してもらった後も、依頼主への研修やトラブル時のサポート、営業が作るプレゼンテーション資料作成の技術的な補佐など、仕事内容がかなり広範囲に渡っているのが特徴です。
また、営業職の意味合いも強い職業ですので、外出や出張が非常に多い職種でもあります。

セールスエンジニア 仕事に必要な資格

セールスエンジニアになるのに必要な資格は特にありません。
なり方ですが、まず最初に技術職の現場に入り、知識と経験を積みます。充分に知識と経験を積んだ後に、セールスエンジニアとなるのが一般的です。未経験者や新卒の人がいきなりセールスエンジニアとなるには、よほどの知識と才能がなければ難しいでしょう。
企業がセールスエンジニアに求める技術や経験に水準はかなり高い傾向があり、そのためにセールスエンジニアとなるのはかなりの難しさのようです。ただし、セールスエンジニア自体はどこの企業でも腕利きを欲しがっていますので、経験者の場合は即戦力として期待される傾向があります。

セールスエンジニア 仕事に必要なスキル

まず求められるのは、その業界での、高いレベルの知識と経験です。IT業界であれはITに関する知識、機械であれば機械に関する知識という具合に、会社の業界によって違いはありますが、求められる水準は共通して高いものです。そのため、セールスエンジニアになるには、まず技術職の現場でみっちり技術と知識を叩き込まれる必要があります。
同時に、営業職として必要な対人スキルや交渉能力、ビジネス感覚も必要になってくるでしょう。
コミュニケーションスキルは特に必要なスキルと言われています。依頼主の要望を聞き、的確な提案を行ったり、逆に技術的な説明を分かりやすく的確に伝えることも大切な仕事です。そのためには、コミュニケーションスキルが必要になってきます。

セールスエンジニアの仕事のまとめ

ある意味では、企業の華形ともいえる職業かもしれないのが、セールスエンジニアです。依頼主に自社サービスのことを分かりやすく説明し、相手の技術者とは技術的な話で盛り上がり、自社では技術者たちに依頼主の要望を技術的に伝えます。現場では技術者としての経験が求められ、逆に自社では営業としての立場で立ち回る、まさに多忙な職業です。
技術的な仕事に携わりながら、なおかつ人と接する仕事がしたい人にとっては天職といえます。また、携わる仕事が非常に多岐にわたるため、色々なことにチャレンジしてみたい人にとっても楽しい仕事といえるでしょう。
『会社一のゼネラリスト』というのが、セールスエンジニアという仕事のまとめといえます。スペシャリストではなく万能選手ゆえの強みを活かす事が、セールスエンジニアとして重要なことなのです。

スポンサードリンク

セールスエンジニアの仕事の年収・やりがい・本音に関連する記事

人気記事ランキング