自動車セールスエンジニアの収入・平均年収は400万円から500万円。技術的な知識に基いて自動車を顧客に提案・販売し、アフターサポートまで手がける仕事

お金を稼ぐ方法ネット>>お金の悲喜>>自動車セールスエンジニアの収入・平均年収は400万円から500万円。技術的な知識に基いて自動車を顧客に提案・販売し、アフターサポートまで手がける仕事

自動車セールスエンジニアの収入・平均年収は400万円から500万円。技術的な知識に基いて自動車を顧客に提案・販売し、アフターサポートまで手がける仕事

どの業種でも営業担当者は自社製品に対する深い理解が欠かせませんが、扱う商品が自動車の場合は技術面の専門知識も求められます。

そんな技術職と営業職を兼ねた自動車セールスエンジニアの仕事について紹介します。

スポンサードリンク

1.自動車販売から技術的サポートまでを手がける仕事

一般にセールスエンジニアと言えば、技術的な知識に基いて自社製品を顧客に提案・販売し、アフターサポートまで手がける仕事を意味します。

そのようなセールスエンジニアは自動車業界だけでなくITや機械などさまざまな技術的分野で見られ、主に法人を対象とした営業で活躍しています。

自動車業界でもトラックやバスなどの大型車両を取り扱うメーカーには、物流業や運送業を営む法人を相手に営業を行うセールスエンジニアが在籍しているものです。

逆に自動車部品を製造している企業には、自動車メーカーを営業の対象としたセールスエンジニアが欠かせません。

このようなセールスエンジニアは個人向けの自動車を販売しているカーディーラーや独立系販売店にも勤務しており、車の販売から車検や整備・故障修理まで含めたトータルサポートを顧客に提供しています。

自動車整備士出身も多いセールスエンジニアだけに、一般の営業担当者より技術的な知識が豊富な点で営業面でも優位に立てるのです。

2.歩合給が適用されるため給与面で一般の営業職より有利に

セールスエンジニアに限らずカーディーラーの営業職には、基本給プラス歩合給という給与体系が適用されるのが一般的です。

カーディーラー営業職全体の平均年収は400万円から500万円の間と推定されており、会社員の平均的な年収をやや上回ります。

セールスエンジニアの場合は営業の仕事だけでなく顧客へのさまざまな技術的サポートの仕事も含まれてきますので、販売だけに専念できるわけではありません。

それでもエンジニアとしての技術的知識を武器に自動車の購入を提案できる強みを持つことから、給与水準も一般の営業職より高いと推定されます。

IT業界や機械産業なども含めたセールスエンジニア全体の平均年収も600万円を上回る高水準となっており、技術面の強みをインセンティブへと効果的に生かしている点が窺えます。

エンジニア職が扱う商品の中でも自動車は特に高額なだけに、営業成績に優れたセールスエンジニアが相当な高収入を稼いでいるのは間違いありません。

3.営業が苦手で厳しいノルマに悩まされる例も

このように自動車セールスエンジニアは歩合給で効率的に稼げる仕事の代表格ですが、すべての人が好成績を出して高収入を得ているわけではありません。

セールスエンジニアの中にはカーディーラーの整備士として経験を積み、希望して営業職を兼ねるようになった人も多く含まれます。

そのような人はエンジニアとして優秀な能力を持ちながらも、性格的な面で営業職には必ずしも向いていなかった人も少なくありません。

言うまでもなく整備士としての才能と営業職の才能には相反する部分があるため、得てして優れた腕を持つエンジニアほど接客のような仕事は苦手だという人が少なくないものです。

カーディーラーは営業ノルマが厳しい世界だけに、自身の持つ技術的な知識を営業成績に生かせない人は給料も伸び悩むという現実に直面します。

営業職と言ってもセールスエンジニアはメンテナンスの仕事も兼務しており、必要とあれば工具を持参して修理に駆けつけなければなりません。

スポンサードリンク

4.顧客と接する機会が多い仕事にやりがい

以上のような仕事の大変さがありながらも、カーディーラーで働く整備士の多くはセールスエンジニアになることをキャリアアップの方法と考えています。

この点では自動車部品を製造する企業で働くエンジニアなども同様で、セールスエンジニアに昇格することで仕事の幅が広がる点に大きな魅力を感じているのです。

製造現場におけるエンジニアもカーディーラーの整備士も、機械を相手にした仕事が中心だけに顧客と直接顔を合わせるような機会はそれほど多くありません。

その点に物足りなさを感じているエンジニアは、営業の仕事も兼務するようになると仕事に新たなモチベーションが得られるようになります。

セールスエンジニアになると1人1人の顧客と直接顔を合わせて商品の提案やメンテナンスを行う機会が増えるため、要望があれば整備や修理・設計といった仕事にも直ちに反映させることができます。

顧客のレスポンスが仕事のやりがいを生み、営業職とエンジニア職双方のスキルが向上していくのです。

5.自動車整備士からキャリアアップする方法

自動車業界のように技術的側面が重視される業種で多く採用されているセールスエンジニアは、未経験者が入社してすぐに務まるという仕事ではありません。

セールスエンジニアは営業面での能力以上にまずエンジニアとしての専門知識が求められる職業だけに、自動車の営業であれば整備士として一定の実務経験を持っている人は就職するにも大きなアピールポイントとなります。

カーディーラーでセールスエンジニアを担当している人の中にも整備士から転身した人が多く見られるのは、そうした理由によるのです。

カーディーラーに一般の営業職として採用されるには大卒以上の学歴が条件となっているケースが大半ですが、整備士から転身する場合はその限りではありません。

自動車関連の専門学校などで学んだ後でカーディーラーに就職して整備士として経験を積み、セールスエンジニアへのキャリアアップを果たして収入を増やしている人は少なくないものです。

成果次第で高収入を目指せる自動車セールスエンジニアの仕事

自動車販売のような仕事では、一般の営業担当者より技術面に詳しいセールスエンジニアは顧客の信頼も獲得しやすいものです。

自動車は高額商品だけに、販売後のアフターサポートが欠かせません。

メンテナンスも安心して任せられるほど信頼の厚いセールスエンジニアからの提案には、顧客も前向きな姿勢で耳を傾けてくれるのです。

スポンサードリンク

自動車セールスエンジニアの収入・平均年収は400万円から500万円。技術的な知識に基いて自動車を顧客に提案・販売し、アフターサポートまで手がける仕事に関連する記事

人気記事ランキング