労働基準監督官の仕事の年収・やりがい・本音

お金を稼ぐ方法ネット>>仕事・資格の年収>>労働基準監督官の仕事の年収・やりがい・本音

労働基準監督官の仕事の年収・やりがい・本音

労働基準監督官 仕事の年収・月収

労働基準監督官は国家公務員にあたります。そのため、収入は法律によって定められていて、その水準は他の職業に比べてやや高い水準となっているようです。
具体的には、年収では約660万円、月収でも平均で約46万円と、全体の平均よりも高い水準となっているようです。
収入面だけでなく、福利厚生も充実しているのが、労働基準監督官の特徴です。土日祝日は原則休みで有給休暇もあり、育児休暇も取得しやすい環境となっています。また共済年金に加入出来るため、年金の受給額も、たの職業に比べると高いといえます。

スポンサードリンク

労働基準監督官の仕事は、消える職業?消えない職業?

近年においては公務員数の削減が叫ばれて久しいですが、その削減案の中には労働基準監督官も含まれています。一方では近年、労働者と事業者の間でのトラブルは増加傾向にあり、それらを解決するための存在である労働基準監督官のニーズは増加傾向にあります。
以上のことから考えると、労働基準監督官という職業は公務員ということもあり。消えない職業ということが出来ますが、その業務量は今後増加することでしょう。消える職業となることはないでしょうが、大変な職業になりつつあるというのが現状のようです。

労働基準監督官 仕事の将来性・安定性

安定性でいえば、労働基準監督官は国家公務員ですから、かなり安定した立場といえるでしょう。真面目に仕事をこなしていれば、仕事がなくなる、職に困るという事態には陥らないといえます。
将来性に関しても、現在日本では労働者と事業者の間のトラブルが増加傾向にあり、労働基準監督官のニーズは高まっています。そのため、安定したニーズの元で働くことは出来るといえ、その将来性も高いといえますが、その業務負荷などは年々増加傾向にあります。

労働基準監督官 仕事のやりがい・本音

労働基準監督官の仕事は、困っている労働者を助けることです。世の中には低賃金や埠頭な解雇要求など、過酷な労働環境を強いられている労働者の人が増えています。そういった人たちを助け出すという、社会的にも意義の大きい仕事を成し遂げることが労働基準監督官のやりがいといえます。
また、労働基準監督官は他の公務員とは違い、現場で様々な人と関わりながらいろいろな経験を積み、その結果多くのキャリアアップを臨むことが出来る職業です、その点に魅力を感じているという本音を持っている人も多くいるようです。

労働基準監督官 仕事の良い点

労働基準監督官の仕事は、比較的若手であっても業務を任せてもらえるという点が良い点であるといえます。多くの知識が必要になる労働基準監督官ですが、その分労働基準監督官となった後は、若いうちから重要な仕事を任されるケースが多く、その分数多くの経験を積むことが出来ます。これは、若いうちからしっかりと働きたい人にとっては、これは良い点といえます。
また、公務員という安定した立場もまた、労働基準監督官の良い点といえるでしょう。やはり安定した収入が得られ、仕事にこまるということがないという点は良い点といえます。

労働基準監督官 仕事の悪い点

労働基準監督官の仕事は、困っている労働者の助けるのが仕事なため、場合によっては非協力的な事業主と対峙する場合もあるでしょう。そのような事業主と対峙し、取り調べを行い、事実を認めさせることも労働基準監督官の大切な仕事ですが、それには多大な労力を使います。その大変な苦労は労働基準監督官独特の苦労ともいえ、それを悪い点として挙げるひとも多くいます。
また、労働基準監督官の仕事は、数年に一度の頻度で、大規模な転勤があります。もちろん、新たな経験を積み、場合によっては昇進もあるため一概に悪い点とはいえない部分もありますが、生活拠点が大きく変わるねというのは、人によっては悪い点といえます。

スポンサードリンク

労働基準監督官 仕事の内容

自分の管轄内の事業所が労働に関する法律を守り、適切な労働環境の運営を行っているかをチェックすることが、労働基準監督官の仕事です。
『給料をもらっていない』『不当な理由で解雇された』といった問題が起こらないよう、自身の管轄内の事業者を監督し、適切な運営が行われるよう、場合によっては指導する立場です。
また、労働基準監督官は司法警察官としての職務も行います。そのため、労働違反者を逮捕して、送検する権限もあります。

労働基準監督官 仕事に必要な資格

労働基準監督官になるには、労働基準監督官採用試験に業赤くしなければなりません。それには受験するめための条件はありますが、特に必要な資格などはありません。
受験するための条件ですが、21.歳以上30歳未満であることを筆頭に、基本的には年齢制限が主で、学部などの制限は特にありません。
また、試験では法律分野の知識を問う問題が多く出題される傾向があり、法学部生などは有利と言われています。また試験内容は文系、理系と種類が2つあるため、幅広い分野からのチャレンジが可能となっています。

労働基準監督官 仕事に必要なスキル

特に近年では経済状況の悪化から、労働基準監督官の仕事が増えている傾向があります。そんなたくさんの仕事をこなし、一つ一つを適切に処理していくたろにも、事務処理能力のスキルの高さが求められる傾向があり、それが必要なスキルといえます。
また必要な素養としては、正義感の強さが挙げられます。特に近年では、労働基準監督官の事実確認を強硬な姿勢で否定してくる事業者も多く、そういった事業者に毅然とした態度で臨むには、正義感の強さが必要不可欠といえます。

労働基準監督官の仕事のまとめ

近年では特に、その活躍ぶりに注目が集まる仕事であるといえます。長引く不況から劣悪な環境での労働を強いられる労働者が近年増加傾向にあり、労働基準監督官への期待やニーズは、年々高まっています。
そのような状況下ですから、近年では労働基準監督官の業務量は増加傾向にあり、そこへ来て人員削減の嵐が吹きすさんでいます。労働基準監督官の労働環境もまた、厳しいといえます。
そのような労働基準監督官ですが、今後の日本の労働者のためにも、非常に重要な存在です。『今後の活躍がもっとも期待される職業』とまとめることが出来るでしょう。

スポンサードリンク

労働基準監督官の仕事の年収・やりがい・本音に関連する記事

人気記事ランキング