防水工 の仕事の年収は500万円位。日給月給制や、出来高制による請負方式もある。独立すれば高収入も!

お金を稼ぐ方法ネット>>お金の悲喜>>防水工 の仕事の年収は500万円位。日給月給制や、出来高制による請負方式もある。独立すれば高収入も!

防水工 の仕事の年収は500万円位。日給月給制や、出来高制による請負方式もある。独立すれば高収入も!

防水工の仕事の年収・月収

防水工の収入は、全国平均に近い傾向があります。具体的には年収で約500万円、月収では約35万円となっています。平均年齢が高く、平均勤続年数も他の職業に比べて比較的長い傾向があることも関係しているようです。
職場によって給与形態が異なる場合が多いのも特徴で、日給月給制や、出来高制による請負方式を取るケースもあるのも特徴です。請負方式の場合、平方メートルあたりやメートルあたりの単価での契約を取る場合がほとんどです。

スポンサードリンク

防水工の仕事は、消える職業?消えない職業?

防水工の仕事は、ビルなどや建造物の建築や保全において、無くてはならない防水加工を司る仕事です。そのため、これから先もこの職業が無くなることは考えにくく、防水工という職業が消える職業となることはないと思われます。消えない職業として、今後もとも活躍していくことでしょう。
建造物の新築はもちろん、保全の際にも防水加工の仕事は必要です。仕事が今後無くなることはなく、今後防水工が消えることはありません。

防水工の仕事の将来性・安定性。

オリンピック開催に伴い、外国人観光客も激増し、全国各地で大規模商業施設の建設や駅の再開発が進んでいます。また老朽したマンションの大規模修繕に伴う防止工事の需要も高まっています。こういった建設工事で絶対に必要なのが防水工事です。どんなに立派な建設物でも浸水や水漏れがあっては事故が起きます。また、いつ再び起こるかわからない大地震による津波に対する恐れからも防水工事には期待が寄せられています。防水工事への理解や関心も大きくなっています。防水工の仕事やスキルは、この先も何十年と必要とされます。将来性や安定性は抜群です。

防水工の仕事のやりがい・本音

防水工の仕事は非常に覚えることが多く、様々な工種、工法を覚えることが大切です。ですがそのことを覚え、少しずつ自身の腕が上がっていくことを実感出来るのが、とても大きなやりがいに繋がります。
また、人々の建造物を雨や水から守る防水加工は、建築物にとってとても大切なものです。そのような大切な作業に携わることが誇りに繋がる……という本音を持っている方もいるようです。

防水工の仕事の良い点。独立もできる!

近い職業として塗装工がありますが、塗装工に比べて、作業内容が特殊です。そのため、塗装工に比べて比較的単価が安定している点が良い点といえます。需要はやや少ないようですが、その分業者も少なく、安定した単価で仕事が受注できるため、不況の煽りを受けても傷が浅く済むようです。

また、防水工事は特殊で一種の職人のような職業になりますので、技術を磨いて確かな実績を身に付ければ、独立も夢ではありません。これもまた、独立を目指す人にとっては良い点であるといえます。独立を目指すならば、まずは防水会社に入社して懸命に働くことです。休日出勤も厭わず、いますぐお金になるとかならないとかは考えす、将来の大事な人脈を作るつもりで働きまくることです。その会社に勤めている内に、二級技能士免許や一級技能士免許など、関係する関係はすべて取り尽くすことです。そこまでやって独立することを伝えて退職すれば、その退職した会社から防水の仕事を回してもらえるのは間違いありません。

防水工の仕事の悪い点

仕事の安定性にも関わってくることですが、防水工の仕事は天候に左右されるケースがあります。雨天のため施工作業を行う事が出来ない場合があり、その時は状況により、休日の施工作業を余儀なくされるケースが発生することがあります。スケジュールが天候に左右されることは悪い点といえるでしょう。
また、防水工の施工方法は多岐に渡ります。そのため、防水工が覚えるべき知識は非常に多岐に渡っています。この点も、勉強が苦手な人にとっては悪い点といえるかもしれません。

スポンサードリンク

防水工の仕事内容

ビルなどの建造物において、防水層を作ることが防水工の仕事内容になります。建物において防水工事を必要とする部分はかなり多く、そのすべてに防水加工を施します。具体的には建物の壁にシーリング(隙間などに合成樹脂・合成ゴム製のペーストを埋めること)処理を施したり、屋上に塗膜防水をしていきます。

作る防水層の種類によって工法が異なっており、それぞれに専門的な知識が必要になります。そのため防水工はそれぞれの施工方法を熟知している必要があり、防水工にとって必要な知識は多岐にわたります。
防水層の種類は年を追う毎に新しい物が増えてきており、その度に新しい知識を吸収する必要があります。

防水工の仕事に必要な資格

防水工になるのに必要な資格は特にありません。ただし関連する資格として『1・2級防水施工技能士』という資格があります。他にも1・2級建築施工管理技士など。防水工として就職した後、これらの資格を取得すると昇進の可能性が高まります。
防水工になるには、高校や大学などの学校を卒業した後、施工業者などに就職するのが一般的なようです。必要な知識は現場で働きながら身に着けていくのが一般的なため、誰にでもなるチャンスがあります。年齢や学歴による制限も特に無いケースがほとんどです。

防水工  仕事に必要なスキル

まずは複数ある防水層の種類と、それぞれの工法に関する深い知識です。この知識がなければ防水工として活躍することは不可能ですが、この知識は基本的にこの職についた後に身に着けることが可能です。
また、今現在も新しい工法技術が生まれています。それら新しい知識を貪欲に吸収していく勤勉さも必要なスキルといえます。日々新しい工法が生まれているこの業界では、必須ともいえるスキルでしょう。
その他、もし『防水施工技能士』の資格取得を目指すのであれば、製図や関係法規の勉強も必要になってくるでしょう。

防水工 の仕事のまとめ

まずは複数ある防水層の種類と、それぞれの工法に関する深い知識です。この知識がなければ防水工として活躍することは不可能ですが、この知識は基本的にこの職についた後に身に着けることが可能です。
また、今現在も新しい工法技術が生まれています。それら新しい知識を貪欲に吸収していく勤勉さも必要なスキルといえます。日々新しい工法が生まれているこの業界では、必須ともいえるスキルでしょう。
その他、もし『防水施工技能士』の資格取得を目指すのであれば、製図や関係法規の勉強も必要になってくるでしょう。

スポンサードリンク

防水工 の仕事の年収は500万円位。日給月給制や、出来高制による請負方式もある。独立すれば高収入も!に関連する記事

人気記事ランキング