圧延工の仕事の年収・やりがい・本音

お金を稼ぐ方法ネット>>所詮この世は金と愛>>圧延工の仕事の年収・やりがい・本音

圧延工の仕事の年収・やりがい・本音

Rolling factory

圧延工の仕事の年収・月収

圧延工の仕事の月収や年収は、どのような規模の大きさの工場に勤めているかで違ってきます。大規模工場に勤めている場合の平均的な40代の月収は、30万円から40万円程度、年収は500万円から700万円程度になります。中小企業の工場の場合の平均的な40代の月収は、25万円から35万円程度、年収は400万円から600万円程度です。

スポンサードリンク

圧延工の仕事は、消える職業?消えない職業?

鋼鉄の塊を、使う資材の用途に合わせていろいろな形に変えていき、ビルやマンションの鉄骨を作ったり、橋を支える支柱を作り出したりするなど、圧延工の仕事は、あらゆる分野で必要な仕事です。機械を使って操作するのが主な仕事ですが、プログラムされたロボットよりも人の手によるものの方が信頼を得ています。このような点からも、圧延工の仕事は今後も消えない職業として存在していくことでしょう。

圧延工の仕事の将来性・安定性

以前のバブル時代にあった、ビルやマンションの建築ラッシュのような、急激な需要の増加はありませんが、それでもコンスタントに需要は続いていますので、鋼板や鉄骨、鉄筋などを作製する圧延工の仕事をは途切れることなく、受注を請け負っています。このため、圧延工の仕事の将来性や安定性は、しっかりとしたものと言えるでしょう。

圧延工の仕事のやりがい・本音

圧延工の仕事は自分一人だけでできる仕事ではなく、周りのスタッフと協力して、クライアントからの希望通りの製品を作ることができた時に感じることができるでしょう。ただ、鋼材を高い温度で延ばす作業なので、ちょっとした油断やタイミングが合わないなどのミスによって、仕事に大きな差しさわりが出るので、そこが大変だという本音もあります。

圧延工の仕事の良い点

圧延工の仕事の良い点は、圧延工が製作している鋼材などは、超高層ビルなどの建築物から、橋や船、車などあらゆる鉄鋼製品に使われているので、自分の仕事が現代の生活に密着しているという実感を得ながら仕事ができるという点にあります。また、多くのスタッフと連係プレーで仕事をしていく楽しさも良い点としてあげられます。

圧延工の仕事の悪い点

圧延工の仕事は、重量の重たい鋼材を加熱しながら加工していく仕事なので、圧延工の仕事の悪い点は、常に危険と隣り合わせだということです。ですから、周りの人との連携もうまくしていかないと、製品がうまく出来上がらないこともあるという点も悪い点としてあげられます。さらには、機械を操作する際に正確性も求められる点もあげられます。

スポンサードリンク

圧延工の仕事の内容

圧延工の仕事の内容は、目的に応じた圧延機を使い分けて、さまざまな鋼材を圧延して伸ばしたり、希望の長さに切断したり、さらには溶接したり、メッキ加工を施して仕上げ処理を行ったりすることです。ほとんどの作業はコンピューター制御で行われていますが、 熟練した圧延工の手による鋼材は品質が良いので、そちらも需要が多いようです。

圧延工の仕事に必要な資格

圧延工の仕事に必要な公的な資格はありませんが、鋼材の製造業に関わる知識を持っていた方が仕事がしやすいので、工業系の高校や専門学校、大学を卒業しておくと良いでしょう。また、鋼材の溶接をする溶接技能の資格や、大きな鋼材を運ぶためのクレーン運転士などの資格を持っていると、就職の際に優遇されることもあります。

圧延工の仕事に必要なスキル

圧延工の仕事は高温の作業場での仕事になるので、少しの気の緩みも許されません。そのため、圧延工の仕事に必要なスキルは、常に緊張感を持って仕事ができる集中力が必須となります。また、圧延工の仕事にプラスになる他の職業の技能資格取得に進んでチャレンジするなど、向学心を持って仕事に当たることも必要となるでしょう。

圧延工の仕事のまとめ

大きな機械を駆使しながら、高温の鋼鉄のかたまりを用途ごとに鉄骨や鉄筋に作り分けていく仕事をする人のことを「圧延工」ということは、世間的にはあまり知られていません。私たちの知らない部分で一生懸命働いて、建築物の土台や背骨に当たる部分を作っている、いわば縁の下の力持ちのような仕事をしている圧延工にもっとスポットライトを当てるべきでしょう。

スポンサードリンク

圧延工の仕事の年収・やりがい・本音に関連する記事

人気記事ランキング