ロボット設計技術者の仕事の年収は700万。IT、AIを活用し日本の産業界、医療、介護や教育などの未来を担う最先端の仕事

お金を稼ぐ方法ネット>>お金の悲喜>>ロボット設計技術者の仕事の年収は700万。IT、AIを活用し日本の産業界、医療、介護や教育などの未来を担う最先端の仕事

ロボット設計技術者の仕事の年収は700万。IT、AIを活用し日本の産業界、医療、介護や教育などの未来を担う最先端の仕事

ロボット設計技術者の仕事の年収・月収

ロボット設計技術者も仕事の年収や月収は、その所属している企業の規模によって違ってきますが、平均すると一般的なサラリーマンより少し高い感じになります。30代で月収30万円程度、年収450万円から700万円位ですが、画期的なロボットを設計開発し、たくさんの受注を受けることができると、臨時ボーナスが支払われることもあります。

ロボット設計技術者になるには、機械設計や電子設計などのメカトロニクスの知識が必要です。他にプログラミング、制御技術などIT分野の知識やデザインやモデリングに関する知識、技術まで求められます。まず、機械、電気、情報系の専門学校や大学で電気や電子系、機械工学、IT全般の専門知識、技術を学びましょう。機械や電気、制御系メーカーに就職することでロボット設計技術者への道は開かれます。

スポンサードリンク

ロボット設計技術者の仕事は、消える職業?消えない職業?

ロボットというと「人型ロボット」を思いがちですが、実はそれ以外の形のロボットがいろいろな場面で使われており、ロボットが導入される分野はますます広がってきています。自動車工場や機械工場などの生産ラインは今やオートメーションロボットの独壇場です。介護ロボットやお掃除ロボット、また、手術を確実なものにするロボットハンドもロボットですね。そのロボットを設計して開発するのがロボット設計技術者です。ロボット設計技術者の仕事は、これからも需要も供給も増え続けえる消えない職業と言えるでしょう。

ロボット設計技術者の仕事の将来性・安定性

これからの日本の社会では、少子高齢化がますます進み、いろいろな産業の分野での人で不足が予測されます。そこを補っていくのがロボットですので、ロボットの導入は製造業ばかりでなく、介護や教育などさまざまな分野で期待されています。また、昨今、起き続ける大災害(噴火、地震、火災、原発事故)など、人間だけの力だけでは対応が難しいことにロボットが活躍しています。危険な状態にある被災地で生存者を探し、重い瓦礫の中から救出する救済用ロボット、猛火で人が近づけない火災現場で消化活動をする消防用ロボット、紛争地域で地雷を探索するロボットなど。ロボットだから救える命が多いのです。それらのロボットを設計、開発する技術者の仕事はどんどん増えていきます。その将来性も安定性も確固たるものがあるのです。

ロボット設計技術者の仕事のやりがい・本音

ロボット設計技術者の仕事のやりがいは、自分が発案設計して出来上がったロボットが、自分の思い通りに動いた時に感じることができます。さらにそのロボットが、いろいろな人の役に立ち、感謝された時にも感じることができるでしょう。ただ、一度完成すればそれで終わりという訳でなく、次から次に要望に応じて微調整が必要となるので、大変だと言う本音もあります。

ロボット設計技術者の仕事の良い点

ロボット設計技術者の仕事の良い点は、自分が大好きな「物つくりの仕事」にずっと関わることができるという点です。完成することに比べて失敗することが断然多い仕事ですが、完璧なロボットが出来上がることを目指して 技術スタッフと討論を重ねながら、ひとつの物を作り出していくことに大きな喜びを見いだせる点も、この仕事の良い点としてあげられます。

ロボット設計技術者の仕事にはプログラミングや機械関係、電気関係など、様々な分野の専門的な知識と技術が必要です。高度な仕事を遂行する中で身につける実践的なスキルや資格はまさに一生ものです。

ロボット設計技術者の仕事の悪い点

ロボット設計技術者の仕事の悪い点は、どうしても予算の枠と納期の制限があるので、それらに縛られて思いっきり満足するまで試行錯誤や検証を重ねることができない場合もある、という点です。さらには、自分の意向とクライアントの要望がうまく折り合わないことがあっても、結局はクライアントに従わなけらばならないこともあるという点もあげられます。

スポンサードリンク

ロボット設計技術者の仕事の内容

ロボット設計技術者の仕事の内容は、主に産業用ロボットや工業用ロボットを作り出す際の、設計から完成までを全般的に担当することです。そのロボットを使う産業によって重要視される機能が全く違ってくるので、同じようなロボットであっても、クライアントの要望に沿って微調整を行いながら、さらに要求以上の物を作り出すことを目指すことのできる仕事です。

株式会社不二越(東証1部上場。精密工具分野で、国内シェア約50%でトップ。世界シェアは約10%。コア事業は自動車関連分野)のロボット設計技術者)の募集内容は、アプリケーションを成り立たせるためのロボット本体、周辺機 器、装置の設計・開発。3D・CADを活用したロボット適用技術の研究 。ロボットシステムの設計 。生産性を画期的に向上させる産業用ロボットの機械設計など。 株式会社不二越ではロボットアームの軽量化、最新の制御システムの採用により、世界最 速の動作性能を持つ軽量コンパクトロボット開発をしています。視覚 仕様、追加軸仕様、力覚センサ仕様など生産現場のニーズに対応する製品を作っていますね。NACHiブランドを持つメーカーです。

川崎重工業株式会社(上場企業)では産業用ロボットの本体機構設計をできるロボット設計技術者を求めています。具体的な仕事内容は、半導体ウエハー搬送、溶接、塗装、ハンドリングに使用されるマニュピレータ機構部の設計、医療系マニュピレータの機構設計。機械要素(減速機、サーボモータ等)の選定、評価、取引先との技術折衝、開発製品の性能・耐久性などの評価業務、取扱説明書、仕様書などの技術文書作成などです。

ローツェ株式会社(東証一部上場企業)では産業用ロボットの設計開発者を求めています。仕事内容は、産業用ロボットやロボットを含んだ装置の設計開発、3次元CADによる解析、MATLAB等による運動分析、材料知識・化学知識等を活用した理想的なメカ機構の開発などです。

ヤマハ発動機株式会社(東証一部上場企業)では、産業用ロボットの新商品開発者を求めています。仕事内容は、ロボット制御に関する電子回路(FPGA含む)の設計、ロボットの動作制御、操作、ネットワーク(IoT)に関するソフトウェアの開発、ロボット資格認識技術(画像処理)の研究開発、ロボット知能化技術の応用研究などですね。

ロボット設計技術者の仕事に必要な資格

ロボット設計技術者の仕事に必要な公的な資格はありません。ただ、非常にプロフェッショナルな仕事ですので、大学や専門学校で、電気工学や情報系の知識を習得していたとしても、それですぐにロボット作製に関われるものではありません。あらゆる方面からロボットの機能を見極め設計していくためには、どうしてもある程度の経験が必須になってくるでしょう。また有用な資格としては基本情報技術者やCAD利用技術者、機械設計技術者などがあります。

株式会社不二越ではCATIAなどCAD経験者、産業ロボット設計経験者、強度解析などの知見を持つ人を要望していますね。学歴は、やはり大学院 卒業レベルが求められています。

ロボット設計技術者の仕事に必要なスキル

ロボット設計技術者の仕事に必要なスキルは、ただロボットの図面が書けるというだけではなく、そのロボットに求められている機能やクライアントの要望を的確に見抜く観察眼です。また、クライアントや他の技術者とのコミュニケーション能力も求められます。さらには、何度失敗してもあきらめない忍耐力と、徹底して作業に当たる集中力も必要なスキルと言えるでしょう。

ロボット設計技術者の仕事のまとめ

ロボットというとAIBOなどの人型ロボットを思い浮かべて、「ロボットなんて私たちの生活にはまだまだ無関係だ」と思いがちですが、実はお掃除ロボット、介護ロボット、農業用ロボットなど、もうすでにさまざまな分野で活躍し始めています。少子高齢化を突き進む日本では、ロボットによる手助けが絶対に必要となってきますので、ロボット設計技術者の仕事はますます重要な位置を占めるでしょう。

スポンサードリンク

ロボット設計技術者の仕事の年収は700万。IT、AIを活用し日本の産業界、医療、介護や教育などの未来を担う最先端の仕事に関連する記事

人気記事ランキング