理容師の仕事の年収は350万円。やりがいは仲良くなったお客様との会話や、カット技術を認めてもらえた時。

お金を稼ぐ方法ネット>>お金の悲喜>>理容師の仕事の年収は350万円。やりがいは仲良くなったお客様との会話や、カット技術を認めてもらえた時。

理容師の仕事の年収は350万円。やりがいは仲良くなったお客様との会話や、カット技術を認めてもらえた時。

理容師の仕事の年収・月収

理容師の仕事の月収は、およそ20万円から25万円、年収はおよそ300万円から350万円となります。
理容師はお店の評価基準や勤続年数によって月収が変化するため、就職する会社によっては平均よりも低い年収になる場合もあります。自分で独立開業した場合はこの限りではありませんが、収入はさほど多くならないでしょう。

スポンサードリンク

理容師は、消える職業?消えない職業?

理容師は今後も消えない職業です。
髪を切ることは生活を行う上でも衛生面でも必ず必要なことであり、髪を整えることで印象も大きく変えることができます。
理容師が活躍できる場所は日本全国どこにでもあり、生活にかかせない職業としても認知されています。
理容師は大きな収入を得ることが難しい職業ですが、必ず必要とされている職業なので今後も消えない職業です。

理容師の仕事の将来性・安定性

理容師の仕事の将来性は高く、理容師の資格を取ることで日本全国どこでも働くことが可能です。理容師の仕事をするには国家資格が必要となり、誰でも就ける職業ではありません。理容師として働き、高い技術を学んでいくことで将来性にも期待できます。理容師は安定性のある収入を得ることも可能ですが、年収はあまり高くなりません。独立開業して店舗をたくさん持つことができれば、多くの収入を得ることも可能です。

ただ、実家がある程度儲かっている利用室や床屋でない限りは、理容師を目指すべきではない、という意見もあります。理美容室の出店が過剰で低価格の店の出店も増えているため、生き残るのが非常に厳しい時代に成っている。将来は店を出す目標を持つ人が多いが、出店費用を修行中に稼ぐのは厳しい。大会で優勝するなどの実績を得れば、誰か出資者が現れてくれるかもしれないが、よほどの実力が必要となる。返すあてもなくお金を借りて理容室を出店しても、計画返済できないと、気が付いたら歳を取っていて、貧乏なまま閉店する憂き目にあっている人も多い。

理容師の仕事のやりがい・本音

理容師の仕事のやりがいは、自分の技術を最大限に使って仕事を行い、レベルアップしていけることにやりがいを感じます。
人によって異なる散髪の注文に答えて綺麗にカットすることができれば、お客にも満足してもらえます。
理容師は技術を磨く仕事でもあり、自分の実力を十分に発揮できますが、その時の流行にも敏感になっておかなければ注文に答えられないのが本音です。

理容師の仕事の良い点

理容師の仕事の良い点は、日本全国どこでも働ける点で、しっかりとした技術があれば就職に関しても有利になります。手に職がつき、独立できます。また、もし一般職だったら話すらできない人たちと話ができ、色々な職種の人と出会えるため、世の中の真実を垣間見れます。喋りながらする仕事なため、楽しいし、仕事時間がすぐ過ぎる点。お客様をどう笑顔にさせるか考えることが出来、実際に喜ばすことが出来る点。気を遣うことが多い職業なので、様々な困難に対応できる精神が自然と養えます。
理容師は自分の働き方を選ぶことができるので、家業の理髪店を継いだり、独立開業して独自の技術や髪型を発信していくことも可能です。また、ヘアサロンで修行をつみ、最新のモードを学ぶこともできることが良い点です。

理容師の仕事の悪い点

理容師の仕事の悪い点は、技術が無ければ仕事にならず、美しく髪をカットできない点です。散髪は失敗すると元に戻せないため、求められる結果が得られなかった場合はクレームの対象となります。また、新人の頃はアシスタントをこなして経験を積み、何度もカットの練習をして技術を自分のものにしていきます。
理容師は時代に合わせて技術を学ばなければならず、常に勉強し続けなければならないのも悪い点です。労働時間が長く、修行中は、時給が安いです。勤務する店によっては、替刃も自腹なこともあります。店の中で若手の頃は、土日は、シャンプー100回、顔そり50人をこなしたこともあります。剃刀を持ち、肌に直接刃物を当てるのは非常に怖いですが、耐えねばなりません。毎日、深夜まで仕事なので、友達と遊びにいく暇さえありません。そのため、友達がいなくなります。休日も、自腹で強制的に講習に参加させられることもあります。またお客様の若い男子は、中学生になると、美容室に行きだすのでお客が減ってしまうのが厳しい点です。福利厚生が皆無で、自分で保険などに加入しなくてはならない点。拘束時間が長いため、子供の行事や町内会に参加出来ない。手が荒れたり腰痛になることが多い。

スポンサードリンク

理容師の仕事の内容

理容師の仕事の内容は、散髪にきたお客の髪を切り整える仕事です。また、サービス業としての接客やコミュニケーションを行います。
理容師は単純に髪を切るだけではなく、頭皮の状態を確認してケアを行ったり、傷んだ髪のダメージケアも行います。
他には髪の色を染めたりパーマをあてるなど、髪に関するあらゆる施術を行う仕事です。

具体的な仕事内容は、カット、カラー、シャンプー、顔そり、パーマなど。

理容師の仕事に必要な資格

理容師の仕事に必要な資格は理容師資格です。理容師国家試験を受験して理容師の資格を取得すると仕事として働くことが可能です。資格を持たずに理容の仕事を行うことはできません。
理容師は国家資格取得者だけがなれる職業で、主に理容師の専門学校に通い基本を学びます。
試験では筆記と実技が行われ、合格ラインに達した人に資格が与えられます。

理容師の仕事に必要なスキル

理容師の仕事に必要なスキルは、美しく髪を切る技術と接客を行うコミュニケーションスキルです。
理容師はお客の求める髪型を正確に聞き取る必要があり、そのためにはしっかりとしたコミュニケーションスキルが必要です。技術だけを学んでも仕事ができるわけではなく、来店したお客との会話が重要となり、失敗しないように注文を理解する必要があります。

理容師の仕事のまとめ

理容師の仕事は、理容の技術を使ってお客の髪を切り整えることです。
どんな髪型にするか、長さはどのくらいにすれば良いかを聞き、失敗のないように注意しなければなりません。
また、切る以外にも髪の色を染めたり、パーマをあてるなど髪に関する様々な施術を行います。
理容師は国家資格を取得して就職し、時代によって変化する流行を常に学びながら仕事を行っていきます。

スポンサードリンク

理容師の仕事の年収は350万円。やりがいは仲良くなったお客様との会話や、カット技術を認めてもらえた時。に関連する記事

人気記事ランキング