理容師の仕事の年収・やりがい・本音

お金を稼ぐ方法ネット>>所詮この世は金と愛>>理容師の仕事の年収・やりがい・本音

理容師の仕事の年収・やりがい・本音

riyousi

理容師 仕事の年収・月収

理容師の仕事の月収は、およそ20万円から25万円、年収はおよそ300万円から350万円となります。
理容師はお店の評価基準や勤続年数によって月収が変化するため、就職する会社によっては平均よりも低い年収になる場合もあります。自分で独立開業した場合はこの限りではありませんが、収入はさほど多くならないでしょう。

スポンサードリンク

理容師は、消える職業?消えない職業?

理容師は今後も消えない職業です。
髪を切ることは生活を行う上でも衛生面でも必ず必要なことであり、髪を整えることで印象も大きく変えることができます。
理容師が活躍できる場所は日本全国どこにでもあり、生活にかかせない職業としても認知されています。
理容師は大きな収入を得ることが難しい職業ですが、必ず必要とされている職業なので今後も消えない職業です。

理容師 仕事の将来性・安定性

理容師の仕事の将来性は高く、理容師の資格を取ることで日本全国どこでも働くことが可能です。
理容師の仕事をするには国家資格が必要となり、誰でも就ける職業ではありません。理容師として働き、高い技術を学んでいくことで将来性にも期待できます。
理容師は安定性のある収入を得ることも可能ですが、年収はあまり高くなりません。独立開業して店舗をたくさん持つことができれば、多くの収入を得ることも可能です。

理容師 仕事のやりがい・本音

理容師の仕事のやりがいは、自分の技術を最大限に使って仕事を行い、レベルアップしていけることにやりがいを感じます。
人によって異なる散髪の注文に答えて綺麗にカットすることができれば、お客にも満足してもらえます。
理容師は技術を磨く仕事でもあり、自分の実力を十分に発揮できますが、その時の流行にも敏感になっておかなければ注文に答えられないのが本音です。

理容師 仕事の良い点

理容師の仕事の良い点は、日本全国どこでも働ける点で、しっかりとした技術があれば就職に関しても有利になります。
理容師は自分の働き方を選ぶことができるので、家業の理髪店を継いだり、独立開業して独自の技術や髪型を発信していくことも可能です。また、ヘアサロンで修行をつみ、最新のモードを学ぶこともできることが良い点です。

理容師 仕事の悪い点

理容師の仕事の悪い点は、技術が無ければ仕事にならず、美しく髪をカットできない点です。散髪は失敗すると元に戻せないため、求められる結果が得られなかった場合はクレームの対象となります。また、新人の頃はアシスタントをこなして経験を積み、何度もカットの練習をして技術を自分のものにしていきます。
理容師は時代に合わせて技術を学ばなければならず、常に勉強し続けなければならないのも悪い点です。

スポンサードリンク

理容師 仕事の内容

理容師の仕事の内容は、散髪にきたお客の髪を切り整える仕事です。また、サービス業としての接客やコミュニケーションを行います。
理容師は単純に髪を切るだけではなく、頭皮の状態を確認してケアを行ったり、傷んだ髪のダメージケアも行います。
他には髪の色を染めたりパーマをあてるなど、髪に関するあらゆる施術を行う仕事です。

理容師 仕事に必要な資格

理容師の仕事に必要な資格は理容師資格です。理容師国家試験を受験して理容師の資格を取得すると仕事として働くことが可能です。資格を持たずに理容の仕事を行うことはできません。
理容師は国家資格取得者だけがなれる職業で、主に理容師の専門学校に通い基本を学びます。
試験では筆記と実技が行われ、合格ラインに達した人に資格が与えられます。

理容師 仕事に必要なスキル

理容師の仕事に必要なスキルは、美しく髪を切る技術と接客を行うコミュニケーションスキルです。
理容師はお客の求める髪型を正確に聞き取る必要があり、そのためにはしっかりとしたコミュニケーションスキルが必要です。技術だけを学んでも仕事ができるわけではなく、来店したお客との会話が重要となり、失敗しないように注文を理解する必要があります。

理容師 仕事のまとめ

理容師の仕事は、理容の技術を使ってお客の髪を切り整えることです。
どんな髪型にするか、長さはどのくらいにすれば良いかを聞き、失敗のないように注意しなければなりません。
また、切る以外にも髪の色を染めたり、パーマをあてるなど髪に関する様々な施術を行います。
理容師は国家資格を取得して就職し、時代によって変化する流行を常に学びながら仕事を行っていきます。

スポンサードリンク

理容師の仕事の年収・やりがい・本音に関連する記事

人気記事ランキング