株式会社りそな銀行の社員の平均年収は600万円台後半。仕事内容は法人事業や国際業務・経営管理業務と窓口業務や資産運用相談、遺言信託などの個人取引を担当

お金を稼ぐ方法ネット>>お金の悲喜>>株式会社りそな銀行の社員の平均年収は600万円台後半。仕事内容は法人事業や国際業務・経営管理業務と窓口業務や資産運用相談、遺言信託などの個人取引を担当

株式会社りそな銀行の社員の平均年収は600万円台後半。仕事内容は法人事業や国際業務・経営管理業務と窓口業務や資産運用相談、遺言信託などの個人取引を担当

大手都市銀行同士の合併によって誕生したメガバンクは、安定した収入が得られることから就活生に根強い人気があります。

メガバンクの中でも業界4位の株式会社りそな銀行について、社員の年収や仕事内容を紹介します。

スポンサードリンク

1.銀行業務と信託業務を併営する唯一の銀行

1990年代後半以降の金融ビッグバンに伴って金融業界が再編され、巨大な経営規模を持つメガバンクが次々と誕生しました。

りそな銀行は三菱UFJ銀行・みずほ銀行・三井住友銀行と並ぶ4大メガバンクの1つで、他に埼玉りそな銀行と近畿大阪銀行を傘下に持つりそなホールディングスの子会社でもあります。

2001年に大和銀行と近畿大阪銀行・奈良銀行の共同持株会社として誕生した大和銀ホールディングスがりそなホールディングスの前身で、翌年にはあさひ銀行を経営統合し現在の商号に変更されました。

旧あさひ銀行が埼玉県内に多数の店舗を持っていた関係で、2002年には埼玉りそな銀行が分割されています。

りそな銀行は銀行業務と信託業務を併営するという旧大和銀行の事業を引き継いだため、都市銀行の中ではフルラインの信託部門を持つ唯一の銀行という点が大きな特徴です。

2.2つのフィールドが担当する仕事内容

りそな銀行では新卒採用にソリューション・フィールドとカスタマーサービス・フィールドという2つのコースを設けています。

企業を顧客として法人事業や国際業務・経営管理業務を担当するのが、ソリューション・フィールドの主な仕事です。

このうち法人業務を担当する社員は信託機能や不動産機能を活用しながら企業の経営課題に切り込み、資金提供や経営コンサルティング・与信審査などの業務を行います。

海外拠点と連携しながら企業の海外進出をサポートする国際部門や、企画立案・リスク管理・内部統制を担当する経営管理部門の社員もソリューション・フィールドの一員です。

カスタマーサービス・フィールドには各支店の窓口業務を担当する社員だけでなく、資産運用相談や遺言信託などの個人取引を担当する社員も含まれます。

両方のフィールドで役割分担しながら富裕層の生活設計サポートを担当している他、社内にはアナリスト・アクチュアリー・ファンドマネージャーといった専門職の社員も働いています。

3.社員の平均年収は600万円台後半で推移

ソリューション・フィールドとカスタマーサービス・フィールドでは前者が四年制大学卒以上、後者は短大・専門学校卒も含まれる点で異なります。

初任給はコースに関わらず2017年採用の実績で大卒が205000円、短大・専門学校卒が175000円でした。

初任給では他社と比べてそれほど高水準とは言えませんが、りそな銀行のようなメガバンクは長く勤務している社員ほど給与水準が高く高額の年収を稼いでいるものです。

りそな銀行の有価証券報告書に記載された従業員の平均年収は2017年3月31日現在で約658万円となっており、ここ数年も600万円台後半で推移しています。

社員の平均年収がいずれも700万円を上回る三井住友銀行・三菱東京UJ銀行・みずほ銀行のメガバンク3社と比較すれば、りそな銀行社員の平均年収は低めの水準です。

地方銀行の中には平均年収が400万円台の例も見られるだけに、大手都市銀行のりそな銀行社員は給与面で恵まれていると言えます。

スポンサードリンク

4.過去には公的資金注入を受け実質国営化されたことも

かつては銀行が潰れることなどあり得ないと言われていましたが、バブル崩壊後の1990年代後半には経営破綻に陥る銀行が相次ぎ、従来の常識が覆されました。

大手都市銀行でも大量の不良債権を抱えるようになったことから、2000年前後の金融業界再編へとつながっていったのです。

大和銀行とあさひ銀行の合併で誕生したりそな銀行も経営破綻の恐れが指摘されたため、2003年には2兆円近い公的資金が注入されて実質国有化された経緯があります。

この場合は自己資本比率が国の基準を下回ると判断され、日本経済への大きなダメージを避ける目的で予防的措置として多額の税金が使われたのです。

メガバンクが実質国有化されて大きな金融不安を招いたこの出来事は、「りそなショック」とも呼ばれて語り草とされてきました。

就職先として大手銀行を選ぶ人は現在でも少なくありませんが、りそな銀行ほどのメガバンクでも経営破綻の危機に直面することがあり得るという点は知っておく必要があります。

5.スマート社員やダイバーシティ制度など独自の試み

りそな銀行では当初の予定を前倒しして2015年には公的資金を完済し、実質国有化を脱した後も経営を安定軌道に乗せています。

結果的には巨額の公的資金注入が功を奏した形で日本を代表する大銀行の1つが守られ、懸念された金融恐慌が回避されたのです。

2008年に世界的な金融恐慌を引き起こしたリーマンショックの際にはメガバンクの多くが赤字に転落しましたが、国内の大手銀行でもりそな銀行だけは黒字を維持しました。

りそな銀行が現在に至るまで10期以上も黒字を続けている背景には、銀行の常識を変える午後5時までの営業や窓口での待ち時間ゼロ運動に代表される革新的な取り組みがあります。

スマート社員や社内FA制度の導入など、社員の働き方に関するりそな銀行のユニークな取り組みも見逃せません。

スマート社員には業務範囲限定型と勤務時間限定型の2種類があり、後者は賞与を7割程度とする代わりに残業を想定しない働き方です。

妊娠・出産・育児休業から復職までを含め、仕事と育児の両立を支援するダイバーシティ制度にもりそな銀行は取り組んでいます。

独自の取り組みで注目を集める株式会社りそな銀行

個人預金口座管理から法人への貸出に至るまでを手がける銀行業務に加え、資産運用や年金信託・不動産信託などさまざまな信託業務を行うりそな銀行の事業には安定感があります。

勤務時間限定型のスマート社員以外はある程度の残業も想定されますが、将来性や社会的信用という点でもりそな銀行は長く働くのに相応しい企業です。

スポンサードリンク

株式会社りそな銀行の社員の平均年収は600万円台後半。仕事内容は法人事業や国際業務・経営管理業務と窓口業務や資産運用相談、遺言信託などの個人取引を担当に関連する記事

人気記事ランキング