理学療法士の仕事の年収・やりがい・本音

お金を稼ぐ方法ネット>>お金の悲喜>>理学療法士の仕事の年収・やりがい・本音

理学療法士の仕事の年収・やりがい・本音

rigaku

理学療法士 仕事の年収・月収

一般的に理学療法士というと医療系の仕事なので、収入が高いのではないか…というイメージを持たれますが、決してそうではないというのが現実です。
平均で月収23万~27万円、年収で350万円から500万円と言われており、勤務場所によってはそれを大きく下回る場合もあります。

スポンサードリンク

理学療法士 消える職業?消えない職業?

現在、理学療法士という職業は求人に対して供給が多いという状況があります。全体の求人自体から見ると供給が多いというわけではないのですが、
一部の魅力的な求人に人気が集中し、他の求人に人が回ってこないというのが現状です。

また、理学療法士は行政の影響をダイレクトに受ける職業です。加えて医療現場においてリハビリを司る理学療法士は病院にとってはあまり儲けの対象にはならず、理学療法士の採用にあまり積極的になれないという現状もあります。そのため、理学療法士の人数を減らし、余剰した分は介護・福祉の分野に回すという仕組みが出来上がっていくことも予想されています。

職業としての理学療法士は、今後高齢化社会を迎えるにあたって絶対に必要な職業です。職業としては無くならないでしょう。
ただし、現在置かれた状況は決して楽なものではなく、今後理学療法士への門は狭まってくるであろうことが予測されています。

理学療法士 将来性・安定性

理学療法士の特徴として、『給料が上がりにくい』という側面があります。そのため、初任給がそのまま将来の収入に大きく関わってくるようです。
理学療法士の仕事だけでは生活出来ないほどの低水準ではありませんが、家庭を持つとなると、共働きを余儀なくされる場合が多いようです。
また、勤める職場によって収入が大きく変わるという点もあるようです。そういう意味では、将来性という点ではあまり期待は出来ないというのが、率直なところではないでしょうか。安定という点でも、職場を変えれば収入が劇的に変化する可能性があるため、決して安定しているとは言えない職業のようです。

理学療法士 仕事のやりがい・本音

理学療法士という仕事は、基本的に患者さんのリハビリの手助けを行う職業です。患者さんと接し、動作の一つ一つに意味を見出し、患者さんにリハビリの提案を行い、必要に応じて様々な職業の人たちを巻き込み、患者さんの社会復帰を応援するのが仕事です。

そのため、担当した患者さんが長いリハビリを乗り越えて社会復帰を果たした時の喜びは、何よりもやりがいを感じるでしょう。患者さんから『ありがとう』と言われる喜びは、何よりも勝るといえます。

理学療法士 仕事の良い点

基本的には患者さんとの一対一のやりとりとなるため、患者さんに優しく接することで信頼を勝ち取れば、『あの先生はいい先生だ』という評価をもらえる点があります。
また、一対一のやりとりが多いということは、自分一人で仕事を進める部分が多いということです。周囲の状況に流されることなく、自分と患者さんのペースに併せて仕事を進めることが出来ます。
さらに、理学療法士は資格のいる職業です。仮に職を失うような自体になったとしても、次の職場を探すこと自体は容易です。ただし昨今では、理学療法士の資格を持った人材が増えているため、人気度の高い、魅力的な職場に就職できるかどうかは分かりません。あくまで、職場を選ばなければ…という話になります。

スポンサードリンク

理学療法士 仕事の悪い点

やはり多くの理学療法士の方が、『忙しい割に収入が低い』という点をあげています。また昇給し辛いという点も、悪い点としてあげています。
加えて、同様に多くの理学療法士の方が挙げている点として、『職場の人間関係に理不尽な点が多い』という不満が多いのが特徴です。こちらに関しては理由が今一ハッキリとはしません。
『将来はさらなる収入減の可能性がある』という点も見過ごせません。場所を選ばなければ理学療法士の仕事は随所にあるとはいっても、現在理学療法士は供給過多になりつつあります。
このままでは、収入が減っていく可能性が高いという点は死活問題であると言えるでしょう。

理学療法士 仕事の内容

基本的に、担当医師の指示の元、マッサージや電気刺激、温熱療法等の物理的な手段を用いて患者さんの運動機能を改善していくことが、理学療法士の仕事となります。
また運動機能の回復だけでなく、実際の動作を円滑に行えるように何度も繰り返しその動作を行う訓練や、場合によっては杖や車椅子といった器具に関する助言を行うのも、理学療法士の仕事です。
仕事相手は様々です。怪我や病気をした患者さんはもちろんのこと、高齢者の方やプロスポーツ選手の方などを相手にする場合もあります。
近年では理学療法士が増加傾向にあるためか、介護・福祉の分野にも理学療法士の人材が進出しつつあります。

理学療法士 仕事に必要な資格

理学療法士になるには、国家試験である『理学療法士国家試験』に合格する必要があります。試験を受けるためには、『理学療法学科』のある大学、短大、専門学校に通うか、指定の養成施設で3年以上学び、卒業することが条件になります。
試験の合格率は常に80%以上をキープしており、キチンと勉強さえしていればそこまで難しい試験ではないようです。

理学療法士 仕事に必要なスキル

なによりも大切なのは、コミュニケーション能力と、相手を思いやる気持ちです。怪我や病気などにより、治療やリハビリが必要になってしまった患者さんのメンタルは大変弱り、不安になっていることがほとんどです。そんな状態においても、患者さんに寄り添って励まし、相手を思いやって二人三脚で頑張れる気持ちが、何より重要となってきます。
また、千差万別の症状を抱える患者さん一人ひとりに、最適な治療を行う事ができる応用力も重要です。そのためには、人体に対する深い知識、日々進化していく技術の習得が不可欠です。そのため、深い知識欲や探究心を必要なスキルの一つとして挙げる理学療法士の方も、決して少なくありません。

理学療法士の仕事のまとめ

現在、理学療法士の置かれた境遇は決して輝かしいものではありません。
国家試験の高い合格率からくる供給過多に近い状況、それに伴う収入低下の懸念、魅力的な職場とそうでない職場の落差、介護・福祉業界への人材の流入等…近年、理学療法士を取り巻く環境は非常に苦しいものです。
しかしながら、病に倒れて苦しんでいる患者さんを、医師とは別の側面から手助けするという、とてもやりがいのある職業であるという点は大変魅力的です。一人の患者さんの復帰を手助けし、身体機能を取り戻し、笑顔で病院を送り出す…人の生活に直結した部分を支える仕事なため、やりがいは非常に大きいといえます。

スポンサードリンク

理学療法士の仕事の年収・やりがい・本音に関連する記事

人気記事ランキング