ルポライターの仕事の年収・やりがい・本音

お金を稼ぐ方法ネット>>仕事・資格の年収>>ルポライターの仕事の年収・やりがい・本音

ルポライターの仕事の年収・やりがい・本音

rupo

ルポライター 仕事の年収・月収

ルポライターの収入は、現在はデータとしては残されていません。収入の元は雑誌や新聞に記事を出した際の原稿料と、出版した本の印税になります。そのため、月収や年収という考え方はあまりしないようです。
企業に所属するルポライターの方もいらっしゃいますが、大半はフリーでーの方が多く、経験と実績があれば、仕事一件あたりの単価も高くなって収入も安定しますが、そうなるにはかなりの年月が必要と言われています。

スポンサードリンク

ルポライターの仕事は、消える職業?消えない職業?

日本の著名なルポライター、鎌田慧さんによると、ある時期、日本のルポライターのほとんどが、自身の肩書を『ノンフィクション作家』に変えたそうです。そのため、現在日本ではルポライターという職業は絶滅危惧種なりつつあるそうです。
そのため日本に限って言えば、ルポライターという職業は消える職業といえそうです。ノンフィクション作家などに形を変えて生き続けると考えると消えない職業ともいえますが、元来ノンフィクション作家とルポライターが執筆するものは別物となりますので、やはり消える職業と考えたほうがよいでしょう。

ルポライター 仕事の将来性・安定性

現状ですと、安定性将来性共に低いと言わざるを得ません。安定性にに関して言えば、ルポライターの収入源は原稿料と印税です。それらは自身が手がけた分だけ入ってくるもので、仕事がなければ当然収入はゼロです。その意味では、他の仕事に比べて安定性は低いといえます。
同様に、将来性についても低いといえます。ルポライターの中には、手がけた書籍が大ヒットとなって莫大な印税収入を得る人もいますが、そうなれるルポライターは本の一握りです。その意味では、将来性もあまり高くないというのが現実です。

ルポライター 仕事のやりがい・本音

ルポライターの仕事は、自身の取材によって得た情報を雑誌や新聞、テレビ等のメディアを通して報告することです。そのため、自身の報告を通して、一般に知られてなかった問題や事実が広く知られるキッカケになる場合もあります。こういった時、ルポライターとして大きなやりがいを感じるようです。
また本音の部分では、大ヒットの書籍や作品を出せばそれが収入となって跳ね返ります。また、それが実績としてさらなる収入を呼び込みます。そういった、認められれば認められただけ収入になって跳ね返る世界がルポライターです。そういった点にやりがいを感じる人も、多くいるようです。

ルポライター 仕事の良い点

ルポライターの仕事は、実績とスキルがあれば、仕事をこなせばこなした分だけ収入が増えるという特徴があります。実績が増えればそれがまた新たな仕事を呼び、さらに実績が積み重ねられていき、収入もアップしていくという好循環にのれば、仕事の安定度も増すことでしょう。これは、ルポライターの良い点と言えます。
また、ルポライターは世間を動かすことの出来る職業です。自身が手がけた記事や書籍で、時に世の中の風潮や考え方すら変えるキッカケになる場合もあります。こういった職業は中々ありません。これもまた、良い点といえます。

スポンサードリンク

ルポライター 仕事の悪い点

ルポライターが書き上げる記事や書籍の元となる情報は、現地での綿密な取材によって入手します。満足の行く情報がそろうまで何度も何度も取材を繰り返し、時に取材費用だけで数十万、数百万といったお金が必要になる場合があります。これらはすべて自腹で用立てなければならず、これは悪い点と言わざるを得ません。
また、ルポライターは実力本位の世界です。実績とスキルがなければ、誰も仕事をくれず、また自身が書いた記事を雑誌や新聞に載せてもくれません。実力が伴わなければ、月数万円といった不安定な定収入から抜け出すことが出来ず、不安定な生活を余儀なくされます。これもまた、悪い点といえます

ルポライター 仕事の内容

ルポライターは、事件や社会問題などを題材に、自身の綿密な取材を通して得た事実を客観的に叙述する文学ジャンル『ルポルタージュ』を執筆する人のことをいいます。
ルポライターは通称『報告者』とも言われます。実際に現地で得た情報を、客観的にありのまま生々しくレポートをすることが重要で、自身の考え方を織り交ぜながら時事問題を解説していくジャーナリストとは若干異なります。
本来は現地報告の意味合いの強いルポルタージュなのですが、その客観的で生々しい内容は、時にクオリティが文学の粋にまで高められ、読む人に感動を与えることがあります。そういった作品を作り上げることが、ルポライターの仕事といえます。

ルポライター 仕事に必要な資格

ルポライターになるのに必要な資格は、特にありません。
なり方ですが、まずは出版社や編集プロダクション、新聞社などで取材や文章作成の知識とスキルを身に着けた後、ルポライターとして独立するのが一般的なようです。文章作成や取材のスキルは一朝一夕では身につかないと言われています。そのため、ルポライターとして今後成功するかは、ここでいかにスキルを身につけられたかによるでしょう。
もちろん、何もせずにいきなりルポライターとなることも可能ではありますが、何のスキルもない状態でルポライターを名乗ったとしても、成功は出来ないことでしょう。

ルポライター 仕事に必要なスキル

やはり文章を書くのがルポライターの仕事ですから、日本語のスキルは必要なスキルといえます。特に、文章作成スキルは絶対に必要なスキルといえます。
また、取材のスキルも必要です。ルポライターにとって何より大切なのは、取材を通して情報を得ることです。そのため、取材を通して必要な情報を得るスキルも必要なスキルといえます。これは一朝一夕で身につくものではないようです。
加えて、何にでも興味を持ち、探求する力が必要と言われています。時代の流れを感じつつ、今後問題になりそうなものを見つけ出し、取材を通して追求していこうという姿勢は大切な素養といえます。

ルポライターの仕事のまとめ

多くは『ノンフィクション作家』という肩書に変更し、ルポライターという職業は現在は絶滅危惧種と言われています。
ですが、ルポライターが執筆するルポルタージュは、ノンフィクション作品とはまた違った感動や衝撃を、世間に与えることがあります。淡々と事実を客観的に伝えていくルポルタージュは、ノンフィクション作品にはない迫力があり、見る人の心に何かを訴えてくることも珍しくありません。
現在は、漫画のルポルタージュを発表しているあきばさやかさんのように、新たな形のルポルタージュも出てきています。今は生き残りの道を模索している職業とまとめることが出来るかもしれません。

スポンサードリンク

ルポライターの仕事の年収・やりがい・本音に関連する記事

人気記事ランキング