消える職業?消えない職業?レコーディングエンジニアの仕事の年収・やりがい・本音

お金を稼ぐ方法ネット>>お金の悲喜>>消える職業?消えない職業?レコーディングエンジニアの仕事の年収・やりがい・本音

消える職業?消えない職業?レコーディングエンジニアの仕事の年収・やりがい・本音

record

消える職業?消えない職業?レコーディングエンジニアの仕事の月収・年収

レコーディングエンジニアは、録音スタジオや音楽制作会社などに社員として雇用される形態が多く、その場合の初任給の平均月収は、出来高や所属事務所によって、かなり差がありますが、だいたい一般のサラリーマンより少し低い15〜18万円、年収にして240万円~320万円が平均のようです。しかし、実力主義の世界なので、中にはフリーになって有名アーティストから指名されるようになれば、年収1000万越えも可能です。

スポンサードリンク

レコーディングエンジニア 消える職業?消えない職業?

この先、レコーディングの技術が進んでも、時代によって「求められる音」は変わるため、昔に比べて今は「技術とセンスを持ったレコーディングエンジニア」が、より求められるようになりました。したがって、レコーディングエンジニアが消える職業か消えない職業か考えた場合、消える職業になるとは考えられにくく、世の中から音楽がなくならない限り、この先も欠かすことのできない仕事として世の中から求められていくことでしょう。

消える職業?消えない職業?レコーディングエンジニア 将来性・安定性

レコーディングエンジニアは音響会社へ就職後、最初はアシスタントで入り、はじめは荷物運びなど雑用ばかりで苦労しますが、その後 チーフになるまでには10年、ひたすら「次の仕事」につながるように謙虚に頑張って、やがて自分の実力が認められるようになれば、有名アーティストからのオファーも沢山受けることができる、将来性のある仕事と言えます。また、以前は男性ばかりの職場でしたが、最近では女性のレコーディングエンジニアも増えているため、長い目で見れば、将来性・安定性ともに期待できる分野と言えるでしょう。

消える職業?消えない職業?レコーディングエンジニア 仕事のやりがい・本音

レコーディングエンジニアに仕事のやりがいや本音を聞いたところ、やはり一番多く聞けた本音とは、「好きな音楽の世界で、自分の関わった作品が商品として世の中に残ることにやりがいを感じる」とのことでした。また、ひとつのプロジェクトが終わったときの、アーティストとスタッフの一体感と充実感、さらに作品が出来上がった時の喜びは他のものには代え難いものだそうです。

消える職業?消えない職業?レコーディングエンジニア 仕事の良い点

レコーディングエンジニアは、決して表舞台に出るような華やかな仕事ではありませんが、もともと音楽が好きな人が携わっているので、仕事の通して好きな音楽と関われること、さらに、普段なら出会えないようなミュージシャンと仲良くなれるのが、この仕事の良い点だと思われます。また実力次第で有名アーティストと一緒に音を作り上げていく過程に、ワクワクするような感動が味わえるのも良い点でしょう。

消える職業?消えない職業?レコーディングエンジニア 仕事の悪い点

レコーディングエンジニアの仕事の悪い点とは、長時間の作業を何本も連続でこなすことも多い不規則な仕事であるため、ハードなスケジュールをこなす体力が必要であるという点です。また「音」を扱う繊細な仕事なので、集中力を持続させることも必要となり、予算が少なく、スピードが求められる現代では特に、いかに短い時間でベストな作品に仕上げるかなど、レコーディングエンジニアに課された要求は、どんどん高くなる傾向にあるのも、悪い点と言えるでしょう。

スポンサードリンク

消える職業?消えない職業?レコーディングエンジニア 仕事の内容

レコーディングエンジニアの仕事内容とは、レコーディングの現場で歌や演奏を的確により良い音で録音することです。具体的な仕事内容としては、チャンネルごとに収録した複数の音をミックスダウンし、バランスを考えながらひとつの楽曲にまとめ、ディレクターやミュージシャンがイメージする音色を、最終的に仕上げていきます。自分好みの音楽を作るというよりも、いかにクライエントの要望に応えられるかが重要とされています。

消える職業?消えない職業?レコーディングエンジニア 仕事に必要な資格

レコーディングエンジニアになるためには、特に必要な資格はありませんが、現場で経験とキャリアを積んで、何年もかけて技術を培っていく必要があります。資格よりむしろProTools技術認定試験や、サウンドレコーディング技術認定試験、MIDI検定試験などは、仕事をする上で役立つと思われるので、レコーディングエンジニアを目指すのであれば、これらの勉強をすることをオススメいたします。

消える職業?消えない職業?レコーディングエンジニア 仕事に必要なスキル

レコーディングエンジニアの仕事に必要なスキルとは、コミュニケーションスキル(礼節・気遣い・常識など)です。この仕事は技術職ですが、お客さん目線から多くの人々と気持よく円滑に作業が出来るようにする必要性があるからです。また、レコーディングしているセッションデータ、機材の管理、スケジュールなどを、すべて把握し、管理して進行できる管理術も必要です。さらに仕事の中で、レコーディングエンジニアが楽器のチューニングや調整をする場面も多くあります。そのため、最低限の楽器の演奏技術があると望ましいでしょう。

消える職業?消えない職業?レコーディングエンジニア 仕事のまとめ

レコーディングエンジニアの年収は、不規則で仕事の拘束時間が長い割には一般のサラリーマンよりも低いのが難点ですが、実力主義の世界のため、フリーになって有名アーティストから指名されるようになれば1000万円を超えることも可能な夢のある仕事と言えます。また、ミュージシャンのように決して表舞台に出るような華やかな職業ではありませんが、レコーディング現場では必要不可欠な「音の職人」であり、アーティストが作った楽曲をより良い音で録音する技術は、これからの時代も求められるであろうと考えられます。そのためには自分好みの音を優先させるのではなく、あくまでクライアントの要望を汲み取り、それに応えていくことが重要なため、作業を円滑にするためにもコミュニケーションスキルが必要なのは言うまでもありません。資格は必要ありませんが、何年もかけて技術を習得していく覚悟は必要です。

スポンサードリンク

消える職業?消えない職業?レコーディングエンジニアの仕事の年収・やりがい・本音に関連する記事

人気記事ランキング