鉄道パーサーの年収・やりがい・本音

お金を稼ぐ方法ネット>>お金の悲喜>>鉄道パーサーの年収・やりがい・本音

鉄道パーサーの年収・やりがい・本音

鉄道パーサー 仕事の年収・月収

鉄道パーサーの仕事の月収は、およそ20万円から30万円、年収は300万円から400万円となります。就職する地域や会社によっても年収は異なり、手当の有無も異なります。
JRの場合基本給は、高卒は約15万円、短大卒が約17万円、大卒で約18万円となり基本給はあまり高くなりません。

スポンサードリンク

鉄道パーサーは、消える職業?消えない職業?

鉄道パーサーは今後も消えない職業です。
各鉄道会社では日々数多くの車両を運行しており、それに携わる人の数も多く様々な仕事があります。その中でも鉄道パーサーは接客サービスを主としており、大量採用も実施されています。
鉄道パーサーは毎日の列車運行で必要とされており、今後も需要があるため消えない職業となります。

鉄道パーサー 仕事の将来性・安定性

鉄道パーサーの仕事の将来性は、JRの場合は何年か鉄道パーサーとして働いたのちに運転士になることが奨励されており、キャリアアップできるため将来性があります。
また、鉄道パーサーは女性も多く活躍しており、接客も学ぶことができるため活躍の場も多くなります。安定性のある収入を得ることもでき、将来性にも期待ができます。

鉄道パーサー 仕事のやりがい・本音

鉄道パーサーの仕事のやりがいは、乗客を安全に目的地まで送り届け、乗車時間を楽しんでもらえた時にやりがいを感じます。
鉄道パーサーは発車時と停車時の安全を確保したり、ワゴンを用いた車内販売などのサービスも行います。
車内では様々な人と接する機会が多くなるためトラブルも発生します。そうしたトラブルを解決しなければならず接客力が求められるのが本音です。

鉄道パーサー 仕事の良い点

鉄道パーサーの仕事の良い点は、会社によって勤務形態は異なりますが、多くの場合仕事はシフト制になっており、1ヶ月のシフトが事前にわかるため予定が立てやすい点です。また、JRではグリーン車への車掌業務に携わる試験を受けてキャリアアップが可能な点です。
鉄道パーサーは女性が活躍できるのも良い点で、サービス業でもあるため接客マナーやトラブルの対処を学べることも良い点です。

鉄道パーサー 仕事の悪い点

鉄道パーサーの仕事の悪い点は、業務を行う場所が鉄道や新幹線なので時間に正確でなければならない点です。また、海外の旅行者への対応を行う場合もあり、英語の習得が求められる場合もあります。
鉄道パーサーは体調管理にも気をつけなければならず、時間に遅れることのないよう仕事を行わなければならないことも悪い点です。

スポンサードリンク

鉄道パーサー 仕事の内容

鉄道パーサーの仕事の内容は、乗客に安全な旅を提供できるよう様々なサービスを行うことです。車内販売のワゴンサービスや、雑誌や新聞のサービス、緊急時の避難誘導、安全確認と仕事の内容は多岐に渡ります。
鉄道パーサーは乗客とのやりとりも多くなり、車掌業務も行うため乗客の要望を聞くサービス業としての役割もあるのが仕事の内容です。

鉄道パーサー 仕事に必要な資格

鉄道パーサーの仕事に必要な資格はありませんが、就職する会社によっては車内規定の資格を取得する必要があります。JRの場合、新幹線のグリーン車で車掌業務を行う場合は選抜試験を受け、合格者は研修を受けることで就業が可能となります。
鉄道パーサーは各社規定が必要な場合を除き、基本的には資格は必要ない場合がほとんどです。

鉄道パーサー 仕事に必要なスキル

鉄道パーサーの仕事に必要なスキルは、時間に遅れないための時間管理スキルと、多くの人と接するためのコミュニケーションスキルです。
鉄道パーサーは乗客へのサービスが主な仕事となっており、顧客の要望に対応できるスキルが求められています。さらに、クレームに対処するスキルも求められます。
高速で移動する車両で移動することが多いため、飲み物をこぼしたり乗客にぶつかるなど危険もあり、長時間立ち仕事をするための体力も必要です。

鉄道パーサー 仕事のまとめ

鉄道パーサーの仕事は、鉄道や新幹線に乗車し、乗客の要望に対応したり、ワゴンを押して車内販売を行います。他にも車掌業務を行う場合もあり、仕事内容は会社によって変わります。
鉄道パーサーはシフト制で働く場合が多く、1ヶ月のシフトを組むためスケジュール管理がしやすくなります。時間管理も重要で、鉄道の発着に影響がでないよう仕事を行う必要があります。

スポンサードリンク

鉄道パーサーの年収・やりがい・本音に関連する記事

人気記事ランキング