無線通信士の仕事の年収・やりがい・本音

お金を稼ぐ方法ネット>>仕事・資格の年収>>無線通信士の仕事の年収・やりがい・本音

無線通信士の仕事の年収・やりがい・本音

無線通信士 仕事の年収・月収

無線通信士の収入は全体の平均とほぼ同じぐらいというデータが出ています。勤務先によっても変わりますが、年収でいうと400~600万円、月収でいうと約30万~40万円前後となっています。中には800万円程度という高待遇となる場合もありますが、ほとんどは400万~500万円程度の年収のようです。企業によっては資格手当が支給されるケースもあるため、平均クラスの年収が期待できるようです。
就職先が官公庁、民間の無線機メーカー、船舶関係企業という感じで幅広い部分をカバーしているところも理由の一つかもしれません。

スポンサードリンク

無線通信士の仕事は、消える職業?消えない職業?

現代社会にとって無線通信技術は必要不可欠となっており、必然的にその無線通信を扱うことが仕事となる無線通信士の仕事はなくならないといえます。
また、無線通信士はその資格が国際的にも評価の高い資格となっています。たとえ国内での仕事がなくなったとしても、まだ国外にて活躍する場が残っている可能性が高いといえます。
そのため、無線通信士という職業は消えない職業といえます。これからも消える職業となることはないでしょう。

無線通信士 仕事の将来性・安定性

基本的に無線通信技術は現在、社会生活において必要不可欠です。また、無線通信士が必要となる場面は国内外、場所を問わず、いたるところにあり、仕事が途切れるということはないといえます。そのため、収入面においても職業としての安定性においても高いといえます。
将来性に関しても高いといえます。資格の一つであり無線従事者の資格としては最高峰の総合無線通信士の資格は国際的にも評価の高い資格で、どの業界においても非常に高評価を受けることが出来ます。資格手当てが支給される場合もあり、将来性においても期待が出来ます。

無線通信士 仕事のやりがい・本音

無線通信士の仕事を行うには資格試験に合格する必要があり、その試験は非常に難しいことで知られています。その難関を突破して仕事に従事することは、なによりも強いやりがいであるといいます。
また、無線通信を扱う仕事のため、災害が起こった際にその職能を活かしやすいという特徴があります。先の東日本大震災の折にも、たくさんの無線通信士の人がボランティアに従事しました。このように人の役に立つ仕事が行えるという点も大きなやりがいになる……という本音を持っている人も多いようです。

無線通信士 仕事の良い点

やはり、その安定性、将来性に魅力を感じる人が多いようです。無線通信士の仕事は今後けっして無くなることのない職業といえます。活躍の場も広がっており、その点は良い点であるといえます。
また、資格の一つである『総合無線通信士』は、無線通信資格の最高峰と言われています。そのため、業界内においては非常にステータスの高い資格として知られ、関連企業への就職に有利に働くと言われています。再就職しやすいという点も良い点といえるでしょう。

無線通信士 仕事の悪い点

無線通信士の資格に関してですが、業界内ではステータスの高い資格であっても、無線通信とはまったく関係ない一般企業や一般人の間では、知名度の低い資格です。そのため、いかに難易度とステータスの高い資格であったとしても中々そのスゴさが認知されなく、専門分野以外の場面ではまったく活用出来ないという点が悪い点であるといえます。
また、その難易度のため、独学での資格取得が難しいと言われています。専門学校に通うことが一番の近道とされており、独学で資格を取得したい人、または学校に通う時間のない人の場合、それは悪い点といえます。

スポンサードリンク

無線通信士 仕事の内容

無線通信士の仕事は非常に多岐にわたっており、一概にまとめることは出来ませんが、平べったく言うと、無線通信に関するあらゆることを扱うのが仕事です。
無線通信士には大きく分けて『海上』『航空』『総合』の三種類があり、『総合無線通信士』の資格を取得すると、、ありとあらゆる場面での無線通信を行うことが出来ます。
海運会社や航空会社、電気通信事業会社、官公庁などが主な就職先となります。『総合無線通信士1級』の資格を取得すれば、国内外問わず活躍することも可能です。

無線通信士 仕事に必要な資格

無線通信士として働くためには、『無線通信士』の資格が必要になります。『海上無線通信士』『航空無線通信士』『総合無線通信士』の三種類に別れており、自身の業務に関係する資格を取得することが求められます。『総合無線通信士』を取得すれば基本的に扱えない無線がなくなるため、重宝されるでしょう。
なり方ですが、学校を卒業した後、関連企業や官公庁などに就職するのが一般的なようです。その際には資格を取得しておく必要はなく、必要に応じて取得するケースがおおいとのことです。

無線通信士 仕事に必要なスキル

まず、第一に無線工学に関する知識が必要になってきます。併せて電波法という法律を熟知することも重要になります。
加えて、資格取得の際に必要になるのが、日本の地理に関する知識と、英語に関するスキルです。国際的にも評価が高い理由の一つでもあります。
あとは、所属する団体や会社によって必要なスキルは変わってくることでしょう。非情に幅広い分野で活躍出来る職業なため、資格取得に必要なモノ以外は、各々によって変わってくるというのが現状です。

無線通信士の仕事のまとめ

今日の日本社会を支える職業の一つといっても差し支え無いでしょう。いたる場所で無線通信技術は利用されており、それらを扱い、管理していくのが無線通信士の仕事です。
非情に難易度の高い資格が必要ではありますが、それを取得できれば確実な収入と将来性となって跳ね返ってきます。女性の無線通信士も増加しており、今後益々活躍の場が広がる職業といえるでしょう。国際的な活躍も不可能ではなく、非情に見通しの明るい職業といえます。
堅実性が高い職業とまとめることが出来ます。確かになるのは難しい職業ですが、その分、将来は安定といえます。

スポンサードリンク

無線通信士の仕事の年収・やりがい・本音に関連する記事

人気記事ランキング