チューニングエンジニアの仕事の年収・やりがい・本音

お金を稼ぐ方法ネット>>所詮この世は金と愛>>チューニングエンジニアの仕事の年収・やりがい・本音

チューニングエンジニアの仕事の年収・やりがい・本音

チューニングエンジニア 仕事の年収・月収

チューニングエンジニアの収入は全体の平均に比べてやや低い傾向があります。
具体的なデータでは、年収では平均で400万円ほど、月収では28万円程度となっています。
特に基本的にはチューニングエンジニアは自動車整備士の範疇となりますので、そのデータがそのままチューニングエンジニアのデータと見て間違いないようです。若い人がとても多いのも特徴の職業で、その分全体平均が低い傾向があるのかもしれません。
また所属する会社の規模によって大きく収入額が変わるのも特徴です。大手自動車メーカー勤務などの場合は収入は高く賞与も年2回ありますが、中小企業勤務の場合ですとボーナスもなく、月収も低い……ということもあるようです。

スポンサードリンク

チューニングエンジニアの仕事は、消える職業?消えない職業?

チューニングエンジニアが扱う自動車という乗り物は、人々の生活においてなくてはならないものとなっています。そして、技術革新が進んでいる業界ではありますが、その分特殊な技術が求められる業界でもあります。
そのため、今後もチューニングエンジニアという職業は消えない職業といえます。とりわけ環境問題が叫ばれる昨今において、近い将来、チューニングエンジニアがあつかうエンジンの技術はどんどん変わってくるかもしれませんが、チューニングエンジニアという職業自体が消える職業となることはないといえます。

チューニングエンジニア 仕事の将来性・安定性

安定性に関しては高いといえます。自動車がここまで人々の生活に密着している昨今ですから、チューニングエンジニアの仕事も安定して存在するといえます。自動車が存在し続ける限り、チューニングエンジニアの仕事も安定しているといえるでしょう。
安定性に関しては、個人の資質によるかもしれません。近年では自動車のエンジンの技術革新もすさまじいものがあり、新しい技術、新しいエンジンが続々生まれています。その変化に柔軟に対応でき、確かな経験を積んでいれば、将来性も高いといえるでしょう。

チューニングエンジニア 仕事のやりがい・本音

チューニングエンジニアは、エンジンに調整を施してパワーを最大限に引き出すのが仕事です。そのため、自身のチューニングでエンジンのパワーが引き出された時、大きなやりがいを感じるといいます。とりわけ、調整というのはある種職人芸のようなところもあるので、想像以上の結果が得られた時などは、自身の腕の良さを実感できるでしょう。
また、腕があれば所属する会社が変わっても認められるケースが多く、その点もうれしいという本音を持っている人もいるようです。

チューニングエンジニア 仕事の良い点

チューニングエンジニアの人は基本的に自動車が好きでこの業界に入った人が多く、車の調整と称して四六時中車をいじることが出来ます。その点を良い点として考えている人は多いようです。車好きな人にとっては天職といえるでしょう。
また、仕事で培われたチューニングの腕を自分の車に発揮することも可能です。そういう点もまた、良い点といえるでしょう。自身の車を自身の手で最高の状態に仕上げていくことは、とてもうれしいことのようです。

チューニングエンジニア 仕事の悪い点

基本的には技術職なのですが、その技術に収入が見合ってない場合が多く、多くのチューニングエンジニアの方が収入の低さに不満を持っているようです。自身の腕を磨いてしっかりと稼ぎたい人にとっては、これは悪い点であるといえます。
また、職場環境が基本的に体育会系なケースがほとんどなようです。これは、体育会系な環境が苦手な人にとっては悪い点といえるでしょう。女性が少ない職場なので、よくも悪くも体育会系な雰囲気に拍車がかかるようです。

スポンサードリンク

チューニングエンジニア 仕事の内容

チューニングエンジニアり仕事は、自動車のエンジンをチューニングすることです。エンジンには各機種毎に特徴があり、それら良い部分を100%引き出すためには、チューニングが必要不可欠です。それを行うのが、チューニングエンジニアの仕事です。
お客さんからの要望を聞き、エンジンパワーを上げ加速をスムーズにしたり、シリンダーを削ったり吸気排気のタイミングの変更を行ったりと、主にエンジンまわりを担当します。
また、エンジン以外にもマフラーの交換やサスペンション、ブレーキの調整等もチューニングエンジニアの仕事となります。

チューニングエンジニア 仕事に必要な資格

チューニングエンジニアになるのに必要な資格は特にありません。
ただし自動車の知識が必要になるため、自動車整備士の資格を取得しておくと役に立つようです。自動車整備士の資格を取得しておくと大きな強みとなるでしょう。
なり方ですが、自動車関連の大学や専門学校で技術を学び、メーカーや自動車整備工場などに就職するのが一般的なようです。特に自動車整備士の養成施設の全工程しを修了しておくと自動車整備士試験の実技試験が免除になるため、うまく活用するとよいでしょう。

チューニングエンジニア 仕事に必要なスキル

まずはエンジンに関する知識が必要なスキルといえます。やはり自動車の心臓部ともいえるエンジンを司る職業なので、そのエンジンに関する豊富な知識は必須といえるでしょう。
また、コミュニケーションスキルも必要になるでしょう。特にお客さんである車の持ち主の要望を形にするために、必須といえます。
他にも、調整は実に地味な作業といえます。そのため、地味な作業を地道に続けられる忍耐力なども、必要なスキルといえるでしょう。

チューニングエンジニアの仕事のまとめ

自動車が必須ともいえるこの日本社会においては、世の中に必須の職業といえます。技術革新が著しい業界ですが、その進歩のスピートに確実に追いついて、実績や経験を地道に積んでいけば、決して仕事に困るということはないでしょう。
ですがその半面、自身の腕が収入に反映されにくいという点もあります。中々難しい側面を抱えた職業であることも事実です。
必要不可欠ながら、中々厳しい職業とまとめざるを得ないところが、チューニングエンジニアという職業のまとめといえます。

スポンサードリンク

チューニングエンジニアの仕事の年収・やりがい・本音に関連する記事

人気記事ランキング