レーシングドライバーの仕事の年収・やりがい・本音

お金を稼ぐ方法ネット>>所詮この世は金と愛>>レーシングドライバーの仕事の年収・やりがい・本音

レーシングドライバーの仕事の年収・やりがい・本音

race

レーシングドライバー 仕事の年収・月収

レーシングドライバーの収入は、あまり年収、月収という考え方はせず、契約金や賞金で考えます。
収入源は大きく分けて、チームや企業、スポンサーと契約することで得る契約金と、大会に出場し、好成績を残すことによって得られる賞金の二種類があります。
契約金の方は、チームやスポンサーと契約することによって得られるお金です。チームと契約して専属ドライバーになることができれば、その分レースに集中することが出来るのですが、好成績を残せなければ契約解除で活動が出来なくなる可能性もあります。
賞金の方は、大会で優勝するなどの好成績を残した際にもらえるお金です。F-1やインディ500のような大きな大会の場合は賞金の額も跳ね上がり、有名なドライバーの場合は数十億円もの賞金を稼ぐ人もいます。ただし、コストパフォーマンスで考えると割にあわないため、スポンサーを獲得し、チームで活躍する方が収入面では安定します。

スポンサードリンク

レーシングドライバーの仕事は、消える職業?消えない職業?

レーシングドライバーが戦う戦場であるカーレースは、車を使ったスポーツです。最高クラスの技術を惜しみなく注ぎ込まれた車と研ぎ澄まされたドライバーの技術で、コンマ一秒でも早くコースを駆け抜けるスポーツです。それゆえに世界で人気があるのです。
そう考えると、この世からスポーツというものがなくならない限り、レーシングドライバーという職業も消える職業となることはないでしょう。消えない職業として残り続けていくものと思われます。

レーシングドライバー 仕事の将来性・安定性

共に低いと言わざるをえないのがレーシングドライバーです。
安定性に関してですが、決して高くはありません。個人で戦うレーシングドライバーの場合は、賞金が収入源になります。レースで良い成績を残せなければ、収入はゼロになります。
また、チームやスポンサーと契約して、ある程度安定した収入が得られる状態になったとしても、やはり好成績を残せないと契約解除となる場合があります。そうなってしまうと収入はやはりゼロです。レーシングドライバーはその危険性を常にはらんでいる職業です。
将来性に関しても同様です。レーシングドライバーの中には、数億、数十億という年収を稼ぎだす人もいますが、そういった人たちは全体の本の一握り。大抵のレーシングドライバーの人たちは、それだけでは生活出来ない状況が続きます。
世界の景気に左右されやすい職業というのも、安定性や将来性の低さに拍車をかけています。着実に経験を積んでスキルを磨かなければ、生きていくことすらままならないでしょう。

レーシングドライバー 仕事のやりがい・本音

やはり多くのレーシングドライバーの人たちが、出場したレースで勝った時に、大きなやりがいを感じるといいます。レースというのは2台以上のマシンが同じコースを同時に走って速さを競うわけですから、そのレースで1番になることが最大の目標であり、かつ1番のやりがいに繋がります。
また、チーム単位でレースに望む場合、息の合ったチームプレイがレースの勝敗の鍵を握ります。エンジンの調整やタイヤ交換など、チームの戦略とチームワークがカッチリと合ってレースに勝てた場合、勝った喜びとは別のやりがいを感じる……という本音を語るレーシングドライバーの方もいらっしゃいます。

レーシングドライバー 仕事の良い点

やはり多くのレーシングドライバーの方が車やバイクが好きなようで、その車やバイクのレースで生計を立てていることを良い点として捉えている方が多いようです。
また、レーシングドライバーの世界は実力が物を言います。技術を磨き、実力を付けて実績を積んでいけば、それが名声と収入になって自身に跳ね返ります。有名なドライバーともなれば、この上ない収入が約束されます。自身の腕でのし上がっていきたい人にとっては、それもまた良い点といえるでしょう。

レーシングドライバー 仕事の悪い点

実力本位というところが、よくも悪くも特徴です。いくら車やバイクが好きでレースの経験を何度も積んだとしても、本人に実力がなく実績を残すことが出来なければ、収入は決して上がらず、日々の生活すらままならない状況に陥ってしまいます。安定した収入を望む人にとっては悪い点といえます。
またレースというものは、常に死の危険と隣り合わせです。ほんの少しの操作のミスが大惨事に繋がり、大怪我を負ったり、最悪命を失う結果になることもあります。そういった危険な環境下で仕事を行うことも、悪い点といえるでしょう。
かつて『音速の貴公子』という異名で名を馳せたF-1ドライバーのアイルトン・セナさんですが、彼はレース中の事故が原因で命を失っています。

スポンサードリンク

レーシングドライバー 仕事の内容

レーシングドライバーの仕事は、国内外で開かれる車やバイクのレースに出場して、マシンを操作することです。
レース中はコースの中でも一番効率的なコースラインを読み、そのラインのためのシフトやアクセル、ブレーキの操作を行わなければなりません。また、それらの操作を的確に行いながら、マシンのタイヤの状態、燃料の減り具合を把握しながら対応します。マシンのスピードは、時に時速300キロを超える場合もあります。そのような極限の状態の中、冷静かつ的確にマシンを操作しなければなりません。
そうしてレースを走り、好成績を残したり優勝をしたりすれば、それが実績となって、さらなる収入のアップに繋がります。

レーシングドライバー 仕事に必要な資格

レーシングドライバーになるためには、『レーサーライセンス』を取得しなければなりません。ライセンスは入門用の『国内Bライセンス』から、F-1のレースに出場出来る『スーパーライセンス』まで、計6種類あります。
取得方法ですが、1番下のクラスである『国内Bライセンス』は講習だけで取得できます。ただし出場出来るレースは限られています。
実際にレーシングドライバーとして生計を立てられるほどの収入を得るには、『国際ライセンス』を取得し、世界中の大会に出場出来るようになってからと言われています。そして、ライセンスのステップアップのためには、大会出場と完走が必須です。
ライセンスの取得自体には年齢制限がなく、誰でも取得が出来ます。日本人F-1レーサーの佐藤琢磨さんは、10歳の頃に憧れたF-1レーサーの夢を捨てきれず、自転車競技の選手から転身をし、五年という短い期間でF-1レーサーにまでのし上がっています。本人の資質とやる気によって、こういったことも出来るのです。

レーシングドライバー 仕事に必要なスキル

まずなにより大切なのは、時速300キロで走っても平気だという並外れた感覚です。通常人間は時速300キロものスピードになると、視界が狭まり、恐怖を感じるといいます。この状況では的確な判断を行う事が出来ません。レーシングドライバーになるには、この時速300キロ以上の世界で平気でいられる感覚が必要になります。
また、運転技術も必要でしょう。そして、極限の状況で冷静に運転技術を発揮できるためにも、体力が必要です。F-1ドライバーとし比較的遅いデビューとなった中嶋悟さんですが、ドライバーとして現役の頃は常に体力不足に悩まされていたそうです。
以外なところでは、チームメイトやスポンサーの人たちと円滑にコミュニケーションを行えるコミュニケーション能力も必要です。

レーシングドライバーの仕事のまとめ

世界には、巨万の富を得ることが出来るスター性を持った職業がいくつかありますが、このレーシングドライバーという職業は、その代表的な例といえます。
自身の実力と実績によっては、それこそ巨額の収入を得ることが出来る世界ではあります。ですがそれが出来るのは、確実な実力を実績を積んだ、ほんの一握りの人たちのみです。夢のある職業ではありますが、成功するためには並外れた努力と才能が必要不可欠です。
そういう意味では、『勝負師』とまとめることが出来るかもしれません。極限の状況の中で勇気を出して攻めていくその姿勢は、まさにレーシングドライバーと勝負師に重なる部分といえるでしょう。

スポンサードリンク

レーシングドライバーの仕事の年収・やりがい・本音に関連する記事

人気記事ランキング