プロ野球選手は少年の憧れの職業!仕事の年収・やりがい・本音について

お金を稼ぐ方法ネット>>お金の悲喜>>プロ野球選手は少年の憧れの職業!仕事の年収・やりがい・本音について

プロ野球選手は少年の憧れの職業!仕事の年収・やりがい・本音について

proyakilyunenpou

プロ野球選手 仕事の年収・月収

プロ野球選手の仕事の年収・月収は年俸契約製で、
トップ選手になると仕事の年収は数億円にも及びます。

契約は年俸制ですが、給料は一括ではなく毎月支払われるのが一般的です。
一流プレーヤーの目安とされるのが年収一億円なので、

月収に直すと毎月約800万円程度ということになる超高級取りになります。
スポーツ界の中でもトップクラスの仕事の年収・月収ですから、
成功すればまさにビッグドリームをつかめる職業です。

プロ野球選手 消える職業?消えない職業?

日本ではトップの人気スポーツであるプロ野球選手ですが、
最近は消える職業?消えない職業?
という話題が出ることもあるほど人気は低迷しています。

一昔前まではドル箱だったテレビのナイター中継もなくなり、
こども達の興味は他のスポーツに移り始めています。

しかし高年齢層を中心に根強い人気がありますから、
当分の間はプロ野球選手は消える職業?消えない職業?
という心配をする必要はないでしょう。

プロ野球選手 将来性・安定性

普通の仕事に比べるとはるかに高い収入が望めるプロ野球選手ですが、
将来性・安定性に関しては完全な実力主義なのでほとんど望めません。

プロ野球選手としてスタープレーヤーになれば指導者や解説者などの道も開けますが、
いつクビを斬られるかわからない安定性の低い仕事であり、
結果を残さなければ将来の道は閉ざされてしまいます。

実力さえあればチャンスがつかめる代わりに、
将来性・安定性は期待できません。

プロ野球選手 仕事のやりがい・本音

プロ野球選手に仕事のやりがい・本音を尋ねれば、
皆口を揃えて「野球が好きだから」と答えてくれるでしょう。

高い年俸や人気が出るというのは確かに魅力的ですが、
プロ野球選手を目指して夢を実現した人たちの仕事のやりがい・本音に関して言えば、
最終的には「好きな野球を仕事にできること」その事こそが最大の喜びになっています。

プロ野球選手 仕事の良い点

プロ野球選手という仕事の良い点は、
好きな野球を仕事にできることです。

野球にひたむきに打ち込んできた少年が好きな野球を仕事にできる。
これに勝る喜びはありません。

プロ野球選手は完全実力主義の世界ですから、
実力があって結果さえ残せば出身や学歴等に関係なく、
正しい評価を受けられるのも仕事の良い点といえるでしょう。

プロ野球選手 仕事の悪い点

プロ野球選手という仕事の悪い点は、
不安定で何の保証もない点です。

成績が悪ければ突然クビになってしまう可能性もありますし、
引退後の年金や補償などの制度も不十分です。

プロ野球選手は実力の世界であり結果さえ出せば評価されますが、
逆に言うと実力が無い人にはとても冷たい世界であるということがこの仕事の悪い点です。

スポンサードリンク

プロ野球選手 仕事の内容

プロ野球選手の仕事の内容は非常にシンプルです。
ペナントレースに出場して結果を残すこと、
これ以外に求められる仕事の内容はほとんどありません。

ファンサービスやオフシーズンの活動、
選手会としての活動などもありますが、

プロ野球選手として求められているのは試合に出場して活躍することのみです。
試合で結果を残してさえいれば、一流プロ野球選手と呼ばれます。

プロ野球選手 仕事に必要な資格

プロ野球選手という仕事に必要な資格はありません。
ただし誰でもなれるというものではなく、
入団するためにはドラフトで球団から指名を受ける必要があります。

学生がプロ野球選手の入口としてドラフト候補になるためにはプロ志望届を出す必要があり、
強いて言えばこの届けが仕事に必要な資格ということになりますが、
届け自体は誰でも提出できますから仕事に必要なものは実力のみといえるでしょう。

プロ野球選手 仕事に必要なスキル

プロ野球選手の仕事に必要なスキルは、
野球の実力のみです。

それ以外のスキルは全く必要なく、
試合で活躍できる実力さえあれば一流なることができます。

より高い人気を獲得するにはトークスキルなどファンサービスに役立つスキルも必要なスキルではありますが、
プロ野球選手として考えるべきは試合での活躍のみであり、
野球のスキルこそが唯一の仕事に必要なスキルになります。

スポンサードリンク

プロ野球選手は少年の憧れの職業!仕事の年収・やりがい・本音についてに関連する記事

人気記事ランキング